地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年7月29日

美深と下川が連携し海外展開へ
台湾マーケット進出可能性検討会

 【美深】台湾マーケット進出可能性検討会が28日に町文化会館COM100で開かれた。基調講演を通じて台湾貿易についての基礎知識を深めた上で、台湾バイヤーとのマッチングに先立ったターゲット品目選定に向け、意見や情報を交換し合った。
 北・北海道は、高品質な農産物や豊かな森林資源を生かした木材・木製品、アクティビティ施設、未開発観光資源を有し、インバウンドや輸出に大きなポテンシャルを持つが、受け入れ、売り込みの体制が不十分であり、豊富な観光資源を生かし切れていない現状から、美深町と下川町が連携。東アジア諸国、特に台湾をターゲットに、インバウンド促進事業と農林産物などの海外展開事業を実施し、観光産業と農林業生産の拡大を図り、地域経済の活性化と安定的な仕事の創出を目指している。
 第1回検討会には、両町の関係者ら24人が出席。台湾貿易の基本知識について、新分野進出支援事業コーディネーターの坂本昌彦さんが基調講演。有限会社松山農場の柳生佳樹代表らによる「台湾進出の経緯・現状の情報提供」に続いて、ターゲット品目の選定に向けたディスカッションも行われ、活発な意見が出された。今後、10月25日から4泊5日の日程で台湾視察、バイヤーとのマッチング。その結果を受け、11月中旬に第2回検討会を開催して具体的な展開方策を検討。次年度以降、本格的な事業展開に動き出す計画だ。

(写真=ターゲット品目選定へディスカッションする出席者)

[ 2016-07-29-19:00 ]


経読み、講話、肝試し
下川・名願寺で子ども泊り会

 【下川】上名寄の名願寺(名畑格住職)の夏休み子どもお泊り会が27日に名願寺に1泊2日で開かれた。
 名願寺では50年以上前から週に一度、日曜学校を開いていたが、子どもの遊びの多様化、少子化などから、最近は毎夏に1度、泊まり会として開催。上名寄地区の子どもを中心に行われてきたが、近年、母親同士の口コミで町中の子どもが来るようになり、参加人数は増加傾向にある。
 今回は小学1年から高校1年までの小中高生32人が参加。初日は本堂でお勤め。数珠を持って正座しながら経を読んだ後、名畑住職の講話「地獄と極楽」を聞き、夕食、室内ゲーム、肝試しを楽しんだ。
 肝試しではグループに分かれ、境内の納骨堂やトイレ、鐘つきなどを歩きながら、文字を記した紙を集め、それを組み合わせて言葉を完成させた。言葉を完成させるヒントは、講話に隠されているという仕掛けだ。
 参加した山本一騎君(小学6年)は「寺の本格的な肝試し、みんなとの寝泊まりが毎年楽しみ」。名畑住職は「子どもに寺は楽しい場所というのを知ってほしい。自由に遊べる広い畳の部屋もある」と話す。

(写真=室内ゲームなどを楽しんだ子どもたち)

[ 2016-07-29-19:00 ]


実際に粉に触って体験
美深・児童が小麦とそばを学ぶ

 【美深】町内清水の北海道豊正産業梶i黒岩皇俊代表取締役社長)主催の「夏休み!小麦とそばについて学ぼう!」が26日に町農業振興センターで開かれた。
 農業後継者でもある黒岩さんが、多くの子供たちにそば粉や小麦粉に関心を持ってもらい─との強い思いで企画した食育教室。小学校中高学年を対象とした。
 児童8人が参加。美深産の強力粉と薄力粉を水で丸めた後に、ぬるま湯に浸してグルテンを取り出す実験に加え、石臼での製粉体験、触って強力粉と薄力粉の違いを調べるなど、実際に触って体験するメニューが多く、子どもたちは貴重な体験を楽しんでいる様子。
 黒岩さんは、小麦とそばの種類や製粉工程などを説明した上で、「そばの作付面積1位が北海道。そばには、美容と健康に良いルチンが多く含まれている。自分たちの住んでいる町は、ハルユタカという小麦が有名だということを覚えてほしい」と話した。

(写真=石臼での製粉を体験する子どもたち)

[2016-07-29-19:00 ]


ライブやトークなど
名寄・きょう、天文台で「星まつり」

 【名寄】なよろ市立天文台の星まつり「きたすばる 星と音楽の集い2016」が、30日正午から同天文台で開かれる。当日は、民間最大の気象予報会社「ウェザーニュース」のお天気キャスター、山岸愛梨さんのトークショーや、当たりくじ付きパンまき大会、「うにピアニスト」をはじめ各バンドによる音楽ライブなど、多彩なプログラムが繰り広げられる。
 「星と音楽の融合」をテーマとした同天文台での恒例イベント。多くの地域住民に星空のすばらしさを知ってもらい、地域の活性化につなげよう―と、有志が実行委員会を組織し企画。
 イベントは2部形式で、屋外、レクチャールーム、プラネタリウム、屋上天体の4エリアで開催。屋外エリアでは、正午のオープニングセレモニーに続き、当たりくじ付きのパンまきイベント。名寄にゆかりのあるアーティストによる音楽ライブの他、午後3時半からはウェザーニュース、山岸愛梨さんのトークショーなどを予定。また、プラネタリウムは、通常の投影を行わず、同天文台と提携している石垣島の星空解説や、全天CG作品、全天写真などの投影を行う計画。この他、ドリンク、焼き鳥、カレーなどの出店も予定している。
 入館料は終日無料。当日は道立サンピラー交流館と天文台を結ぶ無料シャトルバス(午前11時半〜午後3時)も運行する。

(写真=「星まつり」開催をPRするポスター)

[2016-07-29-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.