地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年6月11日

生育は順調に推移
1日作況・大豆の一部に降ひょう被害

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所では、1日現在の農作物生育状況をまとめた。5月20日前後の高温に伴い、は種や植え付けの農作業の遅れを取り戻し、生育もやや進み、順調に推移している。
 水稲(もち)は、平年より2日早く移植作業が終了。生育では活着期に入り、平年比1日早く、草丈と葉数は平年をやや上回っている。
 秋まき小麦は、止葉期に入り、生育は平年比5日早い。草丈は長く、茎数はやや多く推移している。
 大豆は、平年並みには種作業が終了している。ただ、5月31日の降ひょうで、芽が出始めた一部ほ場に被害が出ている。
 てんさいは、平年より1日早く移植作業が終了。生育では平年2日早く、草丈と葉数は平年を上回っている。
 牧草(1番草)は、生育は平年比1日早く、草丈は平年並みに推移している。
 トウモロコシ(サイレージ用)は、は種作業が平年より2日早く進んでいる。
 同支所では「5月20日前後に4日連続で急激に気温が高くなり、21日は真夏日となった。5月上旬は断続的な降雨で農作業が遅れ気味だったが、この好天で遅れを取り戻した」と振り返る。ただ「雨が少なく間伐だったが、局地的に急激な降雨で土壌が流出したほ場もある」と話している。

[ 2016-06-11-19:00 ]


地産池消を呼び掛ける
名寄市が農産物直売所案内

 【名寄】名寄市は、「名寄市内『農産物直売所』案内」=写真=を作製して、市内全戸に配布した。裏面には直売所の位置を示すマップも掲載して、地場産の新鮮野菜などの購入へ活用を呼び掛けている。
 「『地産地消』で体も地域に元気に!」と、市では毎年、マップを付けた農産物直売所案内を作製し配布している。地場で生産した新鮮野菜などを安全、安心して消費してもらうことなどが狙いだ。今回作製したのは28年度版の案内で、A4版の大きさ。掲載しているのは市内で直売を行っている生産者や、グループ。昨年よりも1カ所減り、8カ所を紹介している。
 掲載されているのは「畑のめぐみ会」「おいしっく」「北の野菜クラブ」「ちえぶん旬菜」「いさおちゃんの直売所」「五大農園ふうれん直売所」「泊り農場直売所」「道の駅もち米の里☆なよろ農産物直売所」。
 例えば、「おいしっく」では、場所が大通南6丁目(JR名寄駅前)、開催日が通年(定休日・土、日曜日、祭日)、時間帯が午後2時〜午後5時半、取扱品が名寄産野菜全般、冬期間も雪中貯蔵が可能な野菜など―と、各直売所の詳細情報を伝える内容としている。また、裏面には各直売所の位置を伝えるマップも載せて、利用を呼び掛けるものとしている。

[ 2016-06-11-19:00 ]


18日に開原寺でコンサート
美深・「ティプシプーカ+」のアイルランド音楽演奏

 【美深】アイルランド音楽を中心としたケルト音楽やオリジナル曲を奏でる「tipsipuca(ティプシプーカ)+」のアイリッシュ音楽コンサートが、18日午後3時から町内美深の開原寺本堂で開かれる。
 「tipsipuca」は、英語で「ほろ酔いの」という意味の言葉tipsyと、アイルランドの妖精pucaを合わせたもの。
 「tipsipuca+」メンバーは、ホイッスル&コンサーティーナ奏者の高梨菖子さん、フィドル奏者の酒井絵美さん、ギター&アコーディオン奏者の中村大史さん、パーカッション奏者の熊谷太輔さん。
 平成25年の暮れに東京都で結成。翌年に中村さん、熊谷さんの出身地である北海道で初演奏しており、開原寺でのコンサートは3回目となる。
 当日は午後2時半開場、同3時開演で入場無料。切なく美しいメロディーの曲や心躍るダンス曲といった魅力いっぱいのアイルランド音楽に加え、北海道の名産品をテーマに作曲したオリジナル曲も演奏する。
 問い合わせ先は、開原寺(01656-2-1243)。

(写真=アイリッシュ音楽コンサートをPRするチラシ)

[2016-06-11-19:00 ]


四季折々の風景描く
名寄・北国博物館で「風花」作品展

 【名寄】北国風景画同好会「風花」(菊地利明会長、会員20人)の第24回作品展が、26日まで北国博物館ギャラリーホールで開かれており、名寄を中心に四季折々の風景が描かれ、訪れる人の目を楽しませている。
 同会は、身近な風景を描く水彩画サークルとして平成14年12月に創立。市内在住の三宅章さんが講師となり、同館で月2回、活動している。
 恒例の作品展で5月28日から開催。今回は66点を展示し、名寄市内を中心に浅江島公園や名寄駅、北国博物館周辺、郊外の廃屋をはじめ、松山湿原や函館市内の坂道、イタリア・ベネチアの運河などを題材とし、模写している。また、四季折々の風景を描いており、春夏秋冬の移り変わりを表現。作者独自の感性を生かしながら、水彩らしい優しいタッチで描いている。
 講師の三宅さんが3月にNHK旭川放送局のハートプラザギャラリーで開催した個展の作品も展示。「旭川の風景」から「旭橋の情景」「錦秋に映える 常磐公園」など13点が並んでいる。
 開館時間は午前9時から午後5時まで。毎週月曜日は休館。

(写真=名寄を中心に描いた水彩画が並ぶ作品展)

[2016-06-11-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.