地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年5月23日

人招く満開の富士桜
下川町一の橋・小田原宅庭宅開放でにぎわう

 【下川】町内一の橋地区の神社通り沿い、小田原喜代吉さん(88)宅庭園で、多くのフジザクラが満開を迎えた。21日からは桜を楽しんでもらおうと開放され、町内外から多くの人が訪れ、にぎわいを見せた。同園庭ではさまざまな盆栽も並び、9月末までの間、毎週土・日曜と祝日の午前9時から午後4時まで開放される。
 フジザクラは富士山麓に自生する希少な桜で、開花後に花びらが白色から桃色に変化する。小田原さんは一の橋を桜の名所にしようと、静岡から取り寄せたフジザクラを親木に苗木を増やし、自宅庭や道路沿いに数多く植栽してきた。
 開放当日、神社通りのエゾヤマザクラは、連日の暑さで満開期を過ぎたが、小田原宅庭では多くのフジザクラが、満開の花で来場者を歓迎した。開始時刻から途切れることなく、次々と人が訪れて大盛況。町内在住で、全国各地の桜巡りを楽しむ佐藤一恵さん(72)は「桜は人を呼ぶ。よくこれだけの桜を育てたと思う。花の色がとてもきれい」と語る。
 会場では、小田原さんの育てたフジザクラの苗木を無料でプレゼント。「りっぱな花を咲かせたい」とうれしそうに持ち帰った。
 小田原さんは高齢に伴い、桜の普及活動を今回で閉じる考えだったが、多くの来場者と触れて元気をもらった様子。「やってよかった。できる範囲で続けたい」と話す。

(写真=満開のフジザクラと多くの人でにぎわう小田原宅庭)

[ 2016-05-23-19:00 ]


初夏の陽気感じる
名寄公園まつりが盛況

 【名寄】社会福祉法人「道北センター福祉会」(ロバート・ネイル・ウイットマー理事長)主催の「名寄公園まつり」が21日に同公園で開かれた。訪れた人たちは初夏の陽気を感じながら焼き肉を味わうなど、イベントを楽しんだ。
 同福祉会は、名寄市から同公園の管理委託を受けており、市民の憩いの場として親しまれている同公園の利用拡大を図ろう―とニチロ畜産名寄工場と共催し、同まつりを企画。今年で7回目を迎えるとともに、同工場提供の牛肉も毎年、好評を得ている。
 今年も大勢の市民が来場。開会でウイットマー理事長は「多くの団体、ボランティア、参加の市民一人一人に支えられ、まつりを開くことができたことに感謝したい」。加藤剛士市長も挨拶した。
 桜のシーズンが過ぎ、新緑が美しい公園内で、晴天が広がって気温も上がり、初夏の陽気となる中、焼き肉を味わいながら和やかに歓談。市内の大正琴サークル「ハッピードリームズ」の演奏などのプログラムでムードを盛り上げた。
 さらに市内の就労支援事業所の利用者たちが作っているパン、はちみつなどを販売。ヨーヨーやフランクフルト、綿あめなどの出店もあり、人気を集めていた。

(写真=新緑の公園内で焼き肉を味わい歓談する市民たち)

[ 2016-05-23-19:00 ]


まちを知る良い1日
美深町・町内施設見学会に55人参加

 【美深】美深町主催の平成28年度町内施設見学会が21日に町役場を発着点に開かれ、転入者たちが施設見学を通じ、美深町の魅力を知る1日となった。
 今春、美深町へ転入してきた町民を対象とした恒例の見学会。
 本年度も役場3階議場からスタート。参加者(55人)は議員席、執行部席に座り、議会傍聴以外は入ることが出来ない場所に喜びの表情。
 参加者全員での記念撮影を行った後、山口信夫町長が「年々参加者が多くなっている。きょうは暖かく、天気に恵まれている。良い1日になってくれたらうれしい」などと挨拶。
 その後、山口町長のガイド、各施設の担当職員らの説明を受けながら給食センター、リサイクルセンター、SAF恩根内、道の駅びふかなどを興味津々な表情で見学。美深町を良く知ることのできる1日としていた。

(写真=興味津々な様子で町内各施設を見学した参加者)

[2016-05-23-19:00 ]


昼下がりに音楽満喫
名寄吹奏楽団ティータイムコン

 【名寄】日曜の昼下がり、お茶とスイーツとともに音楽を楽しむ「名寄吹奏楽団ティータイムコンサート」が22日に市民文化センター西側ホワイエで開かれた。
 名寄吹奏楽団は、昭和61年5月に結成した社会人吹奏楽団。平成19年に名寄市文化奨励賞、同27年に北海道吹奏楽コンクール金賞(6度目)を受賞。
 毎年の活動では定期演奏会、吹奏楽コンクール、小中高校生の音楽指導、小学校への訪問演奏、名寄市立総合病院クリスマスコンサートなど、地域に根差した活動を展開。今年5月に創立30周年を迎えた。
 ティータイムコンサートでは、多くの来場者がお菓子と飲み物を味わいながらクラリネットやサックス、金管などのアンサンブル演奏を満喫。
 クラリネットアンサンブルでは、「津軽海峡冬景色」や「蘇州夜曲〜映画『支那の夜』より」などが奏でられ、大きな拍手を受けていた。

(写真=楽しい音楽の時間が流れたコンサート)

[2016-05-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.