地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年5月22日

アスパラ使ったグルメを堪能
29日に「なよろアスパラまつり」・多くの来場呼び掛け

 【名寄】「かみかわ『まるごと食べに』よろーなフェスタ〜なよろアスパラまつり」(同実行委主催)が、29日午前10時から駅前交流プラザ「よろーな」駐車場などを会場開催されるが、当日の内容が固まった。イベント開催10周年を迎える今年は、アスパラにこだわったグルメを堪能してもらう他、餅まき、音楽演奏、ジャグリング、アスパラ大食い世界選手権、スペシャルお笑いライブなど多彩なステージで盛り上がる。
 当日のタイムスケジュールをみると、午前10時からの開会式終了後、もちまきイベントも行う。ステージイベントは午前10時半開幕。「名寄太鼓保存会 源響」「Drunken Dogs」「名寄ユニサイクルクラブ」「名寄市立大学ジャグリングサークル sabotage」「名寄吹奏楽団」「ひまわりちびっこ隊」「あすぱらぶwithからふりてぃ」など、音楽演奏やジャグリング、ダンスといった多彩な内容。
 ステージイベントのうち、午後2時からの「アスパラ大食い世界選手権」は、当日参加を受け付け、大人の部、子どもの部に分かれ、制限時間内に食べたアスパラの量を競う。同3時半からは「スペシャルお笑いライブ」。お笑いタレントのAMEMIYA(あめみや)、TAIGA(たいが)、ヨッシー&しんちゃん、畑中しんじろうの4組が出演を予定。
 上川管内各市町村のグルメが並ぶ「きた北海道グルメ屋台」では、アスパラジンギスぱん、アスパラおやき、アスパラーメン、ヨーグルトアスパラ、アスパラ牛丼など、アスパラにこだわったメニューがずらり。恒例の名寄産グリーンアスパラの直売も行われる。
 当日は、よろーな南駐車場を、来場者用の駐車スペースとするが、収容台数は限られる。そのため、南広場を特設駐車場とし、会場までのピストン輸送も行う計画。また、同まつり開催に当たり、会場となるよろーな駐車場は、28日午前9時から29日午後6時までの間、利用できなくなる。

[ 2016-05-22-19:00 ]


多くの町民でにぎわう
美深高養園芸科が花苗販売会

 【美深】美深高等養護学校(山下秀樹校長)生活園芸科販売会が19、20の両日、町内大通北1のカリヨン駐車場で開かれ、丹精込めて育て上げた花、野菜苗が売れていく様子に、生徒たちは笑顔を見せた。
 生活園芸科3年生8人による花、野菜の苗即売会でサルビア、ガーベラ、インパチェンス、ヒマワリ、ケイトウ、マリーゴールド、トマト(アイコ、桃太郎)などがずらり。ポットの色で花色が分かるよう工夫も凝らした。
 生徒たちの呼び込みの声、苗の説明をする声が響く活気にあふれた販売会となり、自分たちが育てた苗が各家庭で咲き誇る様子を思い浮かべながら接客に当たった。
 また、数多くのポットを買う町民の姿も多く、にぎわいを見せていた。

(写真=多く町民が足を運び、苗を買い求めた販売会)

[ 2016-05-22-19:00 ]


自転車の安全利用学ぶ
美深・仁宇布小中学校で青空教室

 【美深】仁宇布小中学校(吉田晋校長・児童生徒20人)の交通安全青空教室が19日に同校周辺で開かれ、正しい自転車の乗り方などの指導を受けた。
 安全な歩行や自転車の乗り方を身に付けてもらい、交通安全に対する意識向上を図ることを目的に毎年実施。山一興業鰍ェ大型トラックを用意し、死角体験やダミー人形を用いた内輪差による巻き込みを実際に見ることのできる貴重な時間となっている。美深町交通安全指導員会、美深町、美深警察署も協力。
 全校児童生徒が校舎前に集合。小笠原基芳同署交通係長は、中学3年生と小学6年生を交通安全リーダーに委嘱し、「これからの時期、観光客など通行車両が多くなるため、十分に気を付けてほしい」などと呼び掛けた。
 実際に大型トラックの運転席に座って見る死角体験、ダミー人形を用いた左折時の巻き込みの実演を通し、大型車両の特性と近付く危険性を学んだ。
 その後、実際の歩道を走行する自転車訓練。信号機など要所に立つ交通安全指導員の指導を受けながら信号機の見方や横断歩道の正しい渡り方などを学習し、交通安全意識を高めていた。

(写真=自転車を押して横断歩道を渡る児童生徒)

[2016-05-22-19:00 ]


ラベンダー花壇草取り
名寄・東小児童とコミカレ生が協力

 【名寄】名寄東小学校(福田孝夫校長、児童149人)は19日に同校周辺のラベンダー花壇で草取り作業を実施。開花を前にきれいな花壇づくりに励んだ。
 「名寄東小ラベンダー活動」の一環として取り組んだもので、同校敷地内や同校西側の神社通りにはラベンダー花壇が造成されており、7月の開花期には道行く人たちの目を楽しませている。
 草取り作業には全校児童と名寄東小コミュニティカレッジ(コミカレ)生20人が参加。学年混合の縦割り班とコミカレ生で8グループを編成し、作業に当たった。
 児童たちは互いに協力し、コミカレ生の手も借りながら草を次々と抜き取り、花壇づくりに努力。開花期に美しい花を咲かせ、きれいな花壇を披露できるように―と作業に汗を流していた。

(写真=きれいな花壇づくりへ草取りに励む児童たち)

[2016-05-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.