地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年5月16日

起伏路で150人健脚競う
下川・万里長城クロカン大会

 【下川】下川町教育委員会主催の第28回しもかわ万里長城クロスカントリー大会が15日に開かれ、起伏に富んだ万里長城コースで健脚を競った。
 今年は数年ぶりに好天に恵まれ、コース周辺の桜も見ごろに。町内をはじめ名寄、美深、士別、旭川など道内各地から150人以上が参加した。またリレハンメル五輪ノルディックスキー複合金メダリストの阿部雅司さんが、ゲスト出場し、参加者たちと一緒に走って応援した。
 下川町内の立花博幸さんと、孫の日茉梨ちゃん、晃士君が選手宣誓後、競技がスタート。ペアで参加した親子の中には、ゴールの瞬間、ハイタッチで喜び合う姿も見られた。

(写真=万里長城コースを走る参加者たち)

[ 2016-05-16-19:00 ]


障がい者就労支援へ
名寄・ジョブコーチ養成研修

 【名寄】ジョブコーチ養成研修が、14日から19日まで名寄市立大学などで開かれており、多くの分野の講義を通して障がい者の就労支援に向け知識を深めている。
 NPO法人なよろ地方職親会(藤田健慈理事長)が主催し、今年で6回目。ジョブコーチは、障がいのある人が普通の職場で就労することを実現させるため、障がい者と企業の間に入り、双方を支援するパイプ役。具体的には仕事へのアドバイスや指示などを行うが、職場定着に向け、特に就職前や直後はその役割が重要となっている。
 同研修は厚生労働大臣の認定講習で、現在、全国で7カ所、道内では名寄だけ開講ということもあり、今回は全道各地と青森から24人が受講している。
 講師は大学教員、障がい者福祉施設・団体職員、障がい者雇用企業担当者など27人が務めている。就労支援のプロセスやジョブコーチの役割、職場での雇用管理、障がい特性と職業的課題、ケアマネジメントと職場定着のための生活・家族支援、企業へのアプローチと事業所との調整、事業所での支援方法、職務分析と作業指導などをテーマとした講義が盛り込まれており、最終日の19日は旭川市内の事業所で職場実習を行う。
 受講者たちは幅広い分野について学びながら、障がい者雇用や就労を目指して技量を習得している。

(写真=6日間の講義で知識を深めている受講者たち)

[ 2016-05-16-19:00 ]


焼肉、音楽、白熱競技
下川・桜咲く万里長城祭にぎわう

 【下川】築城30年万里長城祭が同実行委員会(石谷英人実行委員長)主催で、15日に下川町西町、万里長城特設会場で開かれた。
 この日は晴れ間も見え、好天に恵まれたことに加え、桜ヶ丘公園の桜が満開に咲き、約1500人が来場。並べられた大型コンロを囲みながら、焼き肉を楽しむ人などでにぎわいを見せた。
 下川町出身の大平啓朗さん、田上圭太さんのユニット「∞UP∞(アップ)」のライブでは、田上さんがボーカルとギター、全盲写心家・大平さんが手話を担当。カバー2曲の後には女性ボーカルや来場した子どもたちを加え、さまざまな楽器でオリジナル2曲「さぁーいこう!やれるさ」「夢の星たち」を披露。また、大平さんが絶妙な指揮で、即席メンバーを一つにまとめ、その音色を来場者の心に響かせた。
 石を乗せたモッコを2人1組でかつぎ競走する「もっこレース」も白熱。下川渓流太鼓演奏、下川中学校と下川商業高校の吹奏楽演奏、長城の壁を手と足で横ばいする競技「城壁横ばいレース」などもあり、終始盛り上がっていた。

(写真上=地元の子どもとオリジナル曲を披露した∞UP∞ライブ)
(写真下=白熱した「もっこレース」)

[2016-05-16-19:00 ]


ウオールランプを寄贈
名寄ステンドグラス愛好会・エンレイホール玄関に設置

 【名寄】名寄ステンドグラス愛好会(鈴木裕会長、会員7人)は、市民文化センターエンレイホールの開館1周年を記念して、ウオールランプ用のステンドグラス2枚を寄贈した。
 同愛好会は平成12年に発足。現在は毎月第2、4金曜日の午後1時から5時まで同センターで活動している。また、10年前の平成18年には、道立サンピラー交流館オープンに合わせて依頼を受け、エンレイソウとサンピラーのステンドグラスを制作し、現在も同交流館に作品が飾られている。
 今回寄贈したウオールランプは、同ホールの開館1周年を記念して旧会員も含めた全会員で協力して制作したもの。モクレンの花をデザインした作品で、白とピンクの2枚。大きさは縦、横ともに30センチから40センチ程度。4月に入ってから約3週間かけて制作し、会員たちは「作業中、作品にひびが入り、作り直した」などと苦労話も。
 設置場所は、同ホールがある東館の南側出入り口の風除室。同室両側の壁に備え付けられたランプを覆うように飾られており、電気を点灯させると、ステンドグラスを通して淡くきれいで、幻想的な雰囲気の光が玄関内を照らしている。

(写真上=開館1周年を記念して寄贈したウオールランプ)
(写真下=設置場所で行われた目録の贈呈式)

[2016-05-16-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.