地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年1月4日

料金改定はやむを得ず
名寄市上下水道経営審議会・収支状況の厳しさ理由

 【名寄】名寄市上下水道事業経営審議会(池昇一会長、委員10人)は、水道料金のうち上水道について「料金改定(引き上げ)はやむを得ない」とする方針を打ち出した。今後、老朽化した配水管など設備や施設の更新が増えるとともに、節水機器の普及によって水道使用量と同時に料金収入も減少し、収支状況が厳しくなっていることを理由に挙げている。
 市は、水道事業の中期経営計画で上水道料金を現状維持とした場合、平成28年度から32年度までの見込みで、収益的収支は年平均で4008万円の赤字が生じ、資金残高も36年度で底を付くことを見込んでいる。5%引き上げの料金改定の場合、収益的収支は年平均1505万円の赤字、10%の場合は年平均996万円の黒字と試算している。
 今後、設備や施設の更新も増加し、配水管は年平均4816メートルのペースで敷設後40年を経過する管が現れていくが、収支状況の厳しさが影響し、近年は3000メートル強しか更新できておらず、老朽化した管が増え、更新が追い付いていないのが現状。施設整備費用は18年度から27年度までは年平均で2億7292万円だが、28年度から32年度までの見込みで年平均3億7212万円と1億円ほど増加する。
 人口減もあるが、節水機器が普及していることで水道使用量が減少するとともに、料金収入も減っている。運営は、本年度までが30%返済で70%交付税措置の合併特例債と全額返済の企業債を充当しているが、28年度以降は企業債のみとなるため、財政状況は厳しくなる。それらを踏まえ、同審議会の会議で委員からは「料金改定はやむを得ない」という意見が大半を占めた。

[ 2016-01-04-19:00 ]


キャスターの伊藤聡子さん招く
名寄商工会議所・22日に新春特別講演会

 【名寄】名寄商工会議所主催の「2016年新春特別講演会」が、1月22日午後5時からホテル藤花で開かれる。「地域から日本を変える!〜これからの企業のあり方とは〜」をテーマに、フリーキャスターの伊藤聡子さんが講演する。
 講演会は北星信用金庫名信会、日本電信電話ユーザ協会名寄地区協会、名寄地方法人会、中小企業相談所の共催。新春のスタートとなる同会議所の新年交礼会に合わせ、毎年、著名人を招き講演会を開催している。
 講師の伊藤さんは、東京女子大学在学中に「関口宏のサンデーモーニング」でデビュー。その後、さまざまな報道情報番組のキャスターを務め、2002年ニューヨークへ留学し、アメリカ社会学を学び、MBA(経営管理修士)を取得。現在はキャスターやコメンテーターとして報道情報番組にも出演。地域に根差した独自の取り組みで活躍する事例を取材し、地域を輝かせるヒントをメディアや講演を通じて伝えている。
 入場は無料だが、座席に限りがあるので入場整理券が必要(同会議所、北星信金本店・市内各支店で取り扱っている)。問い合わせは、同会議所(01654-3-3155)まで。

(写真=新春特別講演会の開催をPRするチラシ)

[ 2016-01-04-19:00 ]


初詣参拝者を喜ばす
美深LCが神社境内でカフェ

 【美深】美深ライオンズクラブ(楽山洋行会長)は、本年度も大みそかから元旦にかけて美深神社境内でライオンズカフェを開店し、初詣に訪れた参拝者に温かい甘酒などを提供した。
 ライオンズカフェは、社会福祉・環境・献眼委員会(和田健委員長)が担当。にぎやかな雰囲気を作り、参拝者に楽しんでもらいたい─との思いで始め、3年目。本年度は、温かい甘酒とコーヒーの無料配布に加え、初めて焼き鳥とコロッケを販売した。
 昨年12月31日(大晦日)午後11時半ごろから参拝者が神社に集まり出し、友人との再会などを喜び合う毎年恒例の光景。
 参拝を終えた人たちは、カフェの前で足を止めて焼き鳥やコロッケに舌鼓を打ったり、甘酒やコーヒーを飲みながら冷えた体を温めていた。
 同クラブでは、来年度も大みそかから元旦にかけてライオンズカフェを開店する計画だ。

(写真=多くの参拝者が訪れたライオンズカフェ)

[2016-01-04-19:00 ]


9日に名寄で新春もちつき大会

 【名寄】「2016 輝け!なよろもちつき大会」が、9日午前11時から駅前交流プラザ「よろーな」で開かれる。
 作付面積日本一の名寄産もち米を全国にPRする「名寄もっともち米プロジェクト」の主催、市、道北なよろ農協の共催。
 当日は、餅つき大会や雑煮提供(先着200人)、名寄のもち米を使用した酒などの試飲コーナーが設けられる他、「なよろあすぱ恋(ラブ)2015」が「おもちのきもち」を披露する。

[2016-01-04-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.