地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2016年1月1日

母親がリフレッシュする場に
名寄の子育てクラブ「たららん」

 【名寄】母親たちでつくる名寄の子育てクラブ「たららん」では、子どもたちを遊ばせるとともに、母親が子育てなどについて情報交換しながら活動している。主宰を務める多門理恵さんは「お母さん自身が楽しんだり、リフレッシュする場にしていきたい」と意欲を語る。
 多門さんは一昨年10月、夫の転勤により札幌から名寄に転入。4歳の長男と1歳9カ月の長女がいるが、名寄に子育てクラブがなかったことに気づいた。
 下川では子育てクラブ「カナカナ」が活動しており、イベントに参加した母親が楽しさを感じ、名寄でも同様のクラブができれば―と今年10月21日に子育てクラブ「たららん」が発足した。
 多門さんは「子どもを遊ばせる場所は、子育て支援センター『ひまわりらんど』や道立サンピラーパーク交流館などに限られていました。お母さんたちが興味あることに取り組み、他のお母さんの話を聞きながらリフレッシュする機会もありませんでした」と以前を振り返る。
 活動は週1回で場所は内容によって変わり、「お母さんも一歩抜け出すことができ、自身が楽しんだり、リフレッシュする場としてプログラムをつくり、交流しています。子どもにはおもちゃを用意して遊べる場とし、お母さんが主体で活動できればと思っています」と話し、身の丈に合った活動やプログラムに努めている。
 現在は市民文化センターの社会教育団体、市総合福祉センターの福祉団体としても登録しており、地域住民と童歌や昔遊びを楽しんだこともあり、地域との交流を深めつつ活動している。

(写真=子育てなどについて語り合いながら交流する母親たち)

[ 2016-01-01-00:00 ]


「音楽で心を耕す」
北海道農民管弦楽団・31日に名寄で定期演奏会

 【名寄】北海道農民管弦楽団の第22回定期演奏会が、来年1月31日午後2時(開場同1時半)から市民文化センターEN―RAYホールで開かれる。
 同楽団は、平成6年に発足。農家や農業に関わる人たちがメンバーで、農閑期を利用して定期演奏会を毎年、全道各地で開催しており、第16回は士別、第20回は札幌コンサートホールKitaraが会場となった。今年は2度目となる「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞」を受賞した。
 名寄での定期演奏会は初めて。同楽団名寄演奏会実行委員会(佐藤勝委員長)が主催し、名寄市教育委員会、なよろ舞台芸術劇場実行委員会との共催。
 当日は70人ほどが出演し、本紙管内からは下川町の農業・佐藤導謙さん(トランペット)、美深町の農業振興センター職員・森田重樹さん(トロンボーン)、応援で名寄市の吉田素子さん(バイオリン)が出演する。
 指揮は同楽団代表で後志管内余市町の果樹農家・牧野時夫さん(バイオリン)が務める。ソリストは開催地とゆかりのある奏者を招いており、他のコンサートでEN―RAYホールを訪れている中村幸さん(ピアノ、旭川市生まれ)が出演する。
 入場料は一般前売り1200円、一般当日1500円、中・高・大学生500円(当日・前売り共通)、小学生以下は無料。EN―RAYホールチケットセンター、TSUTAYA名寄店、なよろ観光まちづくり協会(よろーな内)、道の駅「もち米の里☆なよろ」、社会福祉法人陽だまり、ふうれん地域交流センター、下川町公民館、美深町文化会館でチケットを取り扱っている。

(写真=農閑期に開催する定期演奏会のPRポスター)

[ 2016-01-01-00:00 ]


登梯や分列行進など
9日に名寄消防出初め式

 【名寄】平成28年名寄消防出初め式が、9日午後2時から西3条本通り(南5丁目〜6丁目)で行われる。
 出初め式では、人員報告、分列行進。さらに各分団の代表団員による「はしご乗り(登梯・とてい)」が披露される。
 式典は午後3時からホテル藤花で行われることとなっており、勤続表彰に続き、加藤剛士上川北部消防事務組合管理者の告辞、大野元博同組合消防長の訓示、来賓祝辞、吉川明男名寄消防団長の挨拶が予定されている。

[2016-01-01-00:00 ]


5日に美深消防団出初め式
10日に下川消防出初式

 美深消防団(大塚一博団長)の出初め式は、5日午後0時半から町文化会館COM100前広場などで行う。
 消防訓練では、人員報告に続き、上川北部消防事務組合の山口信夫副管理者らから機械器具などの点検を受けた後、統率のとれた分列行進を披露。
 文化ホールでの式典は、午後1時15分から開催。山口副管理者の式辞、各種表彰状贈呈・伝達などが行う。 
                        ◇
 下川消防出初式は、10日午前2時から町バスターミナル合同センターで行う。
 現在、下川消防署(堀北修司署長)の署員は14人、下川消防団(苅谷勝利団長)の団員は62人。
 午後0時半に下川神社で神事を行った後、出初式会場のバスターミナルへ向かう。
 出初式では団員の勤続表彰や消防長、消防団長の訓示、副管理者(町長)他来賓の挨拶後、懇親会を開き、親睦を深める。

[2016-01-01-00:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.