地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年12月6日

来年度に対象農産物を認定
名寄市・原産地呼称管理制度立ち上げ

 【名寄】名寄産の農産物と、それを活用した加工品のブランンド化に加え、将来は海外への輸出を視野にした、「名寄市原産地呼称管理制度」がスタートした。制度運営に向けて基本的事項を決定する管理委員会、制度に基づき具体的な認定に向けて基準などを検討する品目別委員会、さらには認定の合否や審査方法を検討する官能審査委員会も立ち上げた。より具体的な内容を詰めて、認定対象品目の募集は来年度から行う計画で、名寄市の先進的な取り組みが動き出した。
 原産地呼称制度は既にフランスや、国内では和歌山県有田市、長野県などで実施されているが、道内では名寄市が先進地となる取り組みだ。名寄市管理制度委員会の官能審査委長も務めてもらう名寄市あぐりブランンド活性化アドバイザーでもあり、マスターソムリエの高野豊さんの協力も得てのスタート。高野さんは、名寄産のもち米を使った「美凛」の製造、販売にも協力を得ている。
 名寄市が定めた制度要綱によると、目的には「生産情報が消費者へ開示された高い品質の農産物及び農産物加工品を提供していくことで、消費者の信頼を得て地域の振興を図る」としており、名寄の独自ブランドと位置づけて、農産物や加工品を他の地域との差別化を図り、付加価値を高めていくもの。将来的な海外への輸出も視野に入れている。

[ 2015-12-06-19:00 ]


新商品マドレーヌ試作
下川町商工会青年部・地元産小麦使用

 【下川】下川町商工会(西村和樹部長、部員16人)は本年度、地元産新品種春小麦「はるきらり」を使った商品の開発に取り組んでいる。試行錯誤を繰り返した結果、マドレーヌ3種類「しもりんの森さんぽ」を試作。町内外で試食してもらいながらアンケートを取り、完成度を高めた上で、来年以降の販売を目指している。
 町内では春まき小麦の初冬まき栽培が盛んで、主要品種「ハルユタカ」の他に、穂発芽など雨害に強く収量の多い新品種「はるきらり」も生産している。
 「ハルユタカ」は知名度が高く、手延べうどんなど特産品に加工されているが、「はるきらり」は地産地消へ向けた取り組みが進められているところ。
 商工会青年部でも地元産小麦の普及促進とブランド向上を目指し、北海道商工会連合会の「若手後継者等育成事業・地域振興パイロット事業」(補助上限60万円)を使って、「はるきらり」の新商品開発に乗り出した。
 6月から毎月会議を開催し、はるきらりの特徴を生かした菓子の試作を重ねた。「はるきらり」の開発者で、町内上名寄の小麦生産者、佐藤導謙さんから講習も受け、その性質に理解を深めた。
 結果、マドレーヌにたどり着き、「町のイメージキャラクター・しもりんが、町内の森で材料を集めて作った」という物語で「しもりんの森さんぽ」と名付けた。味はクマザサ、クルミ、オレンジピールの3種類。青年部員事業所の矢内菓子舗で製造。11月に札幌で開かれた道商工会連主催の商談会に出展した。試食した人から味で高評価を得た一方で、健康や地元産に一層こだわった原材料を求める声が多かった。

(写真=下川産小麦を使ったマドレーヌ)

[ 2015-12-06-19:00 ]


自営予定者激励会で祝う
道北農業担い手育成対策協

 【名寄】道北農業担い手育成対策協議会(会長・加藤剛士名寄市長)の自営予定者激励会・中間総会が4日に名寄産業高校名農キャンパスで開かれ、酪農科学科3年生5人の進学や就農を祝った。
 同協議会は、同校生徒が居住する市町村や農協、同校で構成。本年度の自営予定者は阿部耀平君(浜頓別町出身)、森川亮太君(中頓別町出身)、大原沙羽子さん(旭川市出身)、南葉月君(北広島市出身)、山崎成昭君(名寄市風連町出身)の5人で、卒業後は大学や農業大学校、専門学校への進学、実家での就農を予定している。
 激励会では、加藤市長が「志を持って進んでいくことは地域にとって大きな喜び。勉強と研修、発表で大きな成果を挙げられており、今までに学んだことをしっかりと生かしてほしい。必ず未来が開けると確信している。地域にとって大きな宝であり、目標を持って頑張ってほしい」と挨拶した。
 5人がそれぞれ自己紹介や目標を語った後、代表して阿部君が「農業情勢は厳しさを増しているが、先輩からの技術や伝統を大切にしながら、生産から販売まで6次産業化も模索し、新たな時代に対応したい。地域農業に貢献し、地域を支える人材として頑張りたい」と決意を述べた。
 中間総会では、加藤市長に続いて、事務局の増田雅彦名寄産業高校長が「来年1月に台湾への農業研修派遣があり、このような機会をいただきありがたく思う。海外に目を向けられる経営者を目指したい。今後も道北農業の要となる人材育成に努めたい」と挨拶。今後の事業計画では、来年1月12日から16日まで「名寄産業高校酪農科学科台湾派遣事業」を実施。同校生徒を台湾の虎尾高級農工職業学校に6人を派遣する予定でいる。

(写真=加藤市長から激励を受ける産業高校酪農科学科生徒たち)

[2015-12-06-19:00 ]


お菓子の家作りなど多彩
名寄・20日に「よろーなでクリスマス」

 【名寄】なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の「よろーなでクリスマス」が、20日午前10時から駅前交流プラザ「よろーな」で開かれる。
 恒例のクリスマスイベントで、同協会では「大きなサンタさんのおうちをお菓子やパンで飾ったり、バルーンでクリスマスツリーを作ったり、巨大ツリーを飾ったり、サンタさんとお話したり、写真を撮ったりするなど、クリスマスを楽しみましょう」と話し、多くの参加を呼び掛けている。
 日程は、午前10時からバルーンアートによるクリスマス飾り作りで、ツリーや雪だるまなどを制作。定員10人。子どものみの参加は小学3年生以上とし、2年生以下は保護者同伴。
 午後1時からは巨大お菓子の家作りで、リース型のパンやリボンなどで装飾。定員50人。子どものみの参加は小学1年生以上とし、幼児は保護者同伴。お菓子の家は20日から25日までエントランスで飾られる。
 午後1時半からは「クラウンかんぱにープルート」のショーとバルーンアートプレゼントが行われる。また、大きなクリスマスツリーが飾られるとともに、サンタクロースも登場し、子どもたちを楽しませることにしている。
 参加は無料だが、事前申し込みが必要で先着順となっており、同協会事務局(電話01654-9-6711)まで問い合わせを。

(写真=イベントをPRしているポスター)

[2015-12-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.