地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年11月14日

販売コーナーなど大盛況
地産地消フェアinなよろ

 【名寄】「2015地産地消フェアinなよろ」(実行委員会主催)が14日に市民文化センターで開催。恒例となっている牛肉や牛乳、新鮮野菜、各種グルメなどの販売コーナーをはじめ、地場産品を使った料理の試食コーナーや、新企画の名寄市立大学生が考案した名寄産食材を使ったメニュー発表やこのメニューを期間限定で提供する協力店舗の食事券が当たる抽選会など多彩な内容で、多くの来場者でにぎわいをみせた。
 基幹産業の農業への理解を深めるとともに、地元食材の高度利用や付加価値向上による食品、特産品づくりを目指すことなどを目的としたイベント。
 今回は、これまで目玉企画として行われてきた「アイデア料理コンテスト」に替え、名寄市立大学栄養学科2年生が考案した名寄産食材を使ったメニュー発表が行われた。
 この他、会場では、約20団体が出店した販売コーナーも大盛況。開場の合図とともに、野菜や農産加工品などの販売ブース前には、商品を買い求める来場者が列を作った。このうち、1パック(1リットル)100円で販売された牛乳コーナーでは、用意された250パック(1人1本限定)が、わずか10分たらずで完売するなど、販売員も慌ただしく対応に当る姿が見られた。
 また、屋外会場では、地場産野菜や餅などが入った煮込みジンギスカンを、美味しそうに味わう光景も。「山菜おこわ」「いもだんご汁」「きなこもち」の試食コーナー、そば打ち実演の他、バルーンアートやミルクしぼりゲーム、子ども体験餅つきといったキッズイベントも行われ、親子で休日のひとときを楽しむ様子が見られた。

(写真=多くの来場者でにぎわった地産地消フェアinなよろ)

[ 2015-11-14-19:00 ]


渡邊、千葉さんに贈呈
美深町体育協会・スポーツ奨励賞授賞式、祝う会

 【美深】美深町体育協会(田中義則会長)の平成27年度スポーツ奨励賞授賞式並びに祝う会が13日に町文化会館COM100で開かれた。
 スポーツ普及・発展への貢献者に贈る体育協会表彰で、本年度は、スポーツ功労賞の該当者はいなかったが、スポーツ奨励賞には、美深剣道連盟所属の渡邊恵美さん(35)と、エアリアルチーム「BIFUKA AIR FORCE」所属の千葉隆人さん(17)に授与することを決定。
 渡邊さんは、平成25年4月に美深高等養護学校に赴任し、美深剣道連盟入会。以来、積極的に剣道少年団の練習指導に当たるとともに、自ら地方道場に出向いて稽古を重ね、昨年6段位に昇段。今年は、北海道女子剣道段別選手権大会(6段以上)で優勝。2年連続で国体北海道代表選手(成年女子)として活躍。
 一方の千葉さんは、「BIFUKA AIR FORCE」に入会以来、国内外の大会に出場し、優秀な成績を収めている。さらに、全日本スキー連盟強化指定選手となり、日々精力的に練習に励んでいる他、美深チーム主将として後輩指導も熱心に行っている。
 授賞式には、スポーツ関係者72人が出席。田中会長が「渡邊さんは6段位を取得し、多くの道内大会で好成績を残している北海道を代表する女性剣士の一人。千葉さんは、全日本スキー選手権大会で6位入賞。全日本スキー連盟の強化指定選手となり、ノースアメリカンカップに出場するなど、将来オリンピック出場に期待している」と式辞を述べ、受賞者2人に賞状賞牌を授与した。
 その後、祝う会を開催。美深町スポーツの振興・発展に貢献した受賞者を囲んで祝福するとともに、今後の一層の活躍に期待していた。

(写真=スポーツ奨励賞を受けた渡邊さん=左=、千葉さん)

[ 2015-11-14-19:00 ]


競技の普及や活躍たたえ
下川町体育協会が4個人を表彰

 【下川】下川町体育協会(武藤登会長)の平成27年度表彰式と祝賀会スポーツ愛好者の集いが13日、バスターミナル合同センターで開かれた。
 今年はスポーツ功労賞に下川町パークゴルフ協会の役員を15年以上務めている蓑谷常夫さん(78)=緑町=、川崎忠雄さん(76)=幸町=、スポーツ賞にスキージャンプで世界を舞台に活躍している下川商業高校スキー部(ジャンプ)の伊藤将充君(17)=西町=、五十嵐彩佳さん(16)=南町=が選ばれた。
 表彰式では加盟団体関係者、来賓など160人が参加。伊藤君は遠征中のために代理出席だったが、受賞者4人が武藤会長から賞状を手渡されると、会場から拍手が送られた。 
 武藤会長は「かつて下川はスポーツと音楽のまちで元気にすることを打ち出した。町外で下川から来た―と言うと『オリンピック(ジャンプ)の町』『パークゴルフの技術が高い町だね』と言われて誇りに思う。今後もわが町の発展のためにも頑張ってほしい」と挨拶した。
 受賞者を代表し、蓑谷さんが「身に余る賞をいただき、受賞者一同、これを励みにさらなるスポーツ進展に努力していきたい」と謝辞を述べた。祝賀会では。受賞者を囲んで交流を深めた。

(写真上=功労賞を受けた蓑谷さんと川崎さん)
(写真下=スポーツ賞を受けた五十嵐さん)

[2015-11-14-19:00 ]


結婚生活50年振り返る
美深町・金婚夫婦8組16人を祝福

 【美深】美深町主催の平成27年金婚祝賀会が13日に町文化会館COM100で開かれ、結婚50周年を迎えた8組の夫婦を祝福した。
 金婚の祝いは、昭和49年から開始。これまで725組(本年度の8組含む)の金婚夫婦を祝福している。
 8組16人に加え、主催者や来賓ら約30人が出席。金婚夫婦に金婚証記、記念品を贈呈した山口信夫町長は「互いに思い思われ、心を熱くして結婚された。苦労もあったと思いますが、立派な家庭を築き、美深町のために尽力されたことに敬意と感謝を申し上げます。暮らしを共にした50年間を振り返りながら、短い時間ですが楽しい時間を過ごしてほしい」。来賓の南和博町議会副議長が挨拶。
 金婚者を代表し、石戸谷元彦さんが「金婚を迎えることができたのは、地域の皆さんの支えがあったからこそと感謝しています。高齢化社会と言われる昨今ですが、地域の一員として住み慣れた美深町で健康に留意しながら暮らしていきたい」と謝辞と述べた。
 祝宴では、寄り添い合いながら歩んできた結婚生活50年を振り返りながら食事や余興(踊り)を楽しみ、今後も支え合いながら歩んでいくことを誓っていた。

(写真=山口町長から金婚証記、記念品を受け取る金婚夫婦)

[2015-11-14-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.