地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年11月7日

名寄産食材使い4品
名大栄養科2年生4人・考案メニュー報告会

 【名寄】名寄市立大学栄養学科2年生4人による名寄産食材を活用した考案メニュー報告会が7日に同大学恵陵館で開かれた。もち米やカボチャなど使ったラザニア、ケーキ、すいとん、団子の4品が出され、試食したホテル藤花、なよろ温泉サンピラー、創作キッチンたまさぶろうの料理担当者から高い評価を受けていた。また、このメニューは、14日午前10時から市民文化センターで開催する「地産地消フェアinなよろ」で発表するとともに、12月からの期間限定となるが、試食した3店舗で提供される。
 メニューを考案したのは小形史恵さん(山形県出身)、小田林彩奈さん(栃木県出身)、小原由衣さん(岩手県出身)、尾部明日香さん(函館市出身)。
 考案した料理は、名寄産のカボチャ、エビのすり身、はんぺんを混ぜ合わせた「カボチャのあられ揚げ」。炊いた後に焼いたもち米を入れた「もち団子のすいとん」。薄く切ったカボチャや餅、ホワイトソース、ミートソースを重ね、チーズを乗せて焼いた「カボチャのラザニア」。デザートの「ホワイトチョコ入りカボチャケーキ」の4品。
 報告会では、考案した学生たちが不安そうな表情を浮かべながら見守る中、招いた料理担当者が見た目も含め、じっくりと味わいながら試食した。
 担当者たちは、あられ揚げで「寒い時期に提供するので、あんかけにしてはどうか」。すいとんでは「もち米を完全につぶしたものと、荒くつぶしたものの2種類の食感があっても良いのでは」などとアドバイスする一方で、味については4品ともに「おいしい」と高評価で、学生たちは笑顔を見せていた。
 試食の結果、ホテル藤花は「カボチャのあられ揚げ」と「カボチャのラザニア」。なよろ温泉サンピラーが「ホワイトチョコ入りカボチャケーキ」。創作キッチンたまさぶろうは「もち団子のすいとん」を、12月から来年1月末までの期間限定でメニュー化して提供することに決まった。

(写真=地元産食材を活用し考案された4品)

[ 2015-11-07-19:00 ]


撮影の裏話など楽しむ
北星信金ひまわり会・あき竹城さんを招き講演会

 北星信用金庫レディースサークル「ひまわり会」主催の第31回講演会が6日に士別グランドホテルで開かれ、「キラキラ輝く、人生のために」をテーマに、女優のあき竹城さんの講演を聞いた。
 講演会は隔年ごとに開催されているもの。今年は、東北弁の人情味あふれる明るいキャラクターで、ドラマ、映画、CM、バラエティーなど多方面で活躍している、女優のあきさんを招いた。
 講演を前に、同金庫の岡本守理事長が「日ごろのご愛顧に感謝を込めての講演会。時間の許す限り楽しんでいただきたい」と挨拶。
 多くの拍手に包まれる中、あきさんは来場者に手を振ったり、握手を交わしながら入場。マイクを握ると、テレビで聞きなじんでいる東北弁をテンポ良く響かせながら、会場を笑いの渦に包んだ。
 ドラマ撮影の裏話で、ドラマ「家なき子」では、主演の安達祐実さんをいじめる役柄を演じたことに触れ、「何事も徹底してやるのが私。いじめ役で私が一番怖かった言われるほど。テレビ局側は祐実ちゃんファンからの報復を恐れ、外出する際は変装した方が良いと言われた」とエピソードを紹介。
 また、映画撮影に触れ、「何日にもわたってリハーサルを繰り返し行い、そのたびに同じ演技を繰り返した。本番を終えても、監督からOKが出るまで、セリフが頭から離れない」などと役者の苦労を語った。
 更年期の話では、「汗をかいたり、イライラだけではなく、さまざまな症状がある。何事もぐずぐず考えてはいけない。そのためには恋をすること。化粧をして、きれいな服を着ると、毎日が楽しく明るく過ごせる。更年期なんか吹っ飛ばせ」と呼び掛けるなど、あきさんのステージに、来場者からは惜しみない拍手が送られた。

(写真=会場を笑いの渦に包んだ女優のあき竹城さん)

[ 2015-11-07-19:00 ]


笑顔とピースサイン
杉並&名寄子ども交流写真展

 【名寄】「杉並区・名寄市子ども交流会写真展」が、11月末までふうれん地域交流センター2階で行われている。今年の名寄市会場と杉並区会場での様子を撮影した写真約200枚が展示されており、参加した子どもたちの笑顔とピースサインがいっぱいで、交流会の楽しさを伝えている。
 友好交流自治体の縁で、名寄市は東京都杉並区と夏休みを利用した小学生を対象にした子ども交流事業を続けている。
 今年も名寄市、杉並区から各25人の子どもが参加し、名寄市会場は7月28日から31日まで、杉並区会場は8月5日から8日までのいずれも3泊4日の日程で実施された。その様子を多くの市民に知ってもらおうと、写真展は3日の風連文化祭に合わせて開催。
 展示は、名寄編と杉並編、さらに初日から最終日まで日にちごとに分け、活動内容が分かりやすい形で行っている。名寄編では美深町のトロッコ王国やピヤシリシャンツェを訪れた時のものや、杉並編ではディズニーランンドや東京江戸博物館、スカイツリーなどを見学したときのものなど、約200枚の写真が展示されている。
 どの写真も、楽しく交流を深めて自然と笑顔があふれる子どもたち、カメラに向かってピースサインを送る子どもたちの姿がいっぱいで、写真を見る市民も笑顔になっている。

(写真=交流会での楽しさを伝える写真展)

[2015-11-07-19:00 ]


小学生が声掛けられる
下川・不審者発生で注意呼び掛ける

 【下川】3日午後3時半ごろ、町内で小学5年生の児童が自転車で帰宅途中、黒い軽乗用車に乗った20、30歳代の男性2人から声を掛けられ、連れていかれそうになる事件が発生した。
 名寄警察署によると、男性らは児童に対し「お父さんが仕事をクビになった。家に帰っても誰もいない。お父さんのところに連れて行くから車に乗って」と言い、車に乗せようとしたが、児童は逃げ、被害に遭うことなく帰宅したという。
 同署では下川、名寄で同時刻前後の警戒活動を強化。
 同署管内外も含め近隣市町村にも注意を呼び掛けており「このように声を掛けられた場合、周囲の人に助けを求めたり、最寄りのコンビニや家に駆け込み、決して車に乗らないこと、必ず学校の先生や保護者に知らせるようにお子さんへ指導してほしい。また、子どもから話を聞いた人も警察署や駐在所に連絡してほしい」と話している。
 町教育委員会でも連日、町内全世帯の行政情報告知端末で注意を呼び掛けている。

[2015-11-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.