地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年9月28日

ジャンプ台整備を指摘
名寄市議会決算審査委・地方創生で選手育成図る

 【名寄】名寄市議会平成26年度決算審査特別委員会(奥村英俊委員長)が、28日午前10時から再開され、午前中は教育費で質疑を行った。
 山崎真由美委員(市民連合・凛風会)は、スキージャンプ台のピヤシリシャンツェについて「施設整備に1100万円あまり支出しているが、地元の利用者は少ない。施設が高度なので、選手育成には難しいというが、最初の一歩を踏み出さなければ話は始まらない。上川北部広域スポーツクラブで育成を進めるべき」と指摘。
 高畠啓博生涯学習課主幹兼スポーツ振興係長は「広域スポーツクラブは名寄、下川、美深、音威子府、中川の5市町村で構成。指導者が連携してスポーツ教室を開催し、選手発掘に努めている」。小川勇人教育部長は「道内でも数少ない施設を有しており、名寄から世界に羽ばたく選手を輩出していないが、地方創生ではジュニア選手育成も打ち出しており、小中学校や少年団と連携しながら、他のスポーツ全体で育成を図りたい」と述べ、理解を求めた。

[ 2015-09-28-19:00 ]


スタンプラリーなど楽しむ
名寄・オータムフェスタにぎわう

 【名寄】道立サンピラーパーク「オータムフェスタ2015」が27日に同パークふるさと工房館で開かれた。この日はあいにくの雨模様となったが、スタンプラリー福引きや、手打ちそば実演、工芸品展示など、さまざまなプログラムでにぎわいを見せた。
 同パークを指定管理する名寄振興公社(社長・久保和明副市長)の主催。見て、食べて、触れ合って、体験して秋の一日を楽しんでもらおう―と、毎年開催している。会場では、名寄地区手打ちそば愛好会のメンバーが、そば打ち実演を披露するとともに、打ちたてのそばが振る舞われ、多くの来場者が新そばの香りを楽しみながら舌鼓を打つ様子が見られた。
 地域農産物などの販売コーナーでは、市内の農家直売所や福祉施設などが出店し、カボチャやジャガイモなど旬の野菜やパンなど多数の商品を取りそろえ、多くの人たちでにぎわっていた。また、ふるさと工房館を利用する愛好会やサークルが陶芸、機織り、手芸、編み物などを展示し、日頃の活動成果を披露。射的などのゲームを楽しむ子どもたちの姿も。
 「こめごころ」サンプルプレゼント付きのスタンプラリーを制覇した人を対象に、抽選会も催され、秋の休日のひとときを楽しんでいた。

(写真=射的などのゲームも楽しんだ来場者たち)

[ 2015-09-28-19:00 ]


日ごろの修行成果披露
名寄で少林寺拳法道北大会

 【名寄】第35回少林寺拳法道北大会が27日にスポーツセンターで開かれ、拳士たちが日ごろの修行成果を披露した。
 少林寺拳法道北ブロックの主催。各支部の親睦と団結を図るとともに、少林寺拳法の普及発展に寄与することが目的で、実行委員会(実行委員長・酒田政明名寄少林寺拳法協会理事長)を組織し開催。富良野、上富良野、旭川、名寄、紋別、士別の13支部から拳士約200人が出場。
 開会式で、名誉大会長の加藤剛士市長が「思い出に残る、納得のいく大会にしてほしい」。大会長の片平厚名寄少林寺拳法協会長が「日ごろの厳しい習練で培われた修行の成果や、個々の修行を具現化した礼儀・作法などの成果が、この大会で十分に発揮されることを期待している」と激励。
 競技種目は、2人での規定組演武と自由組演武、個人での規定単独演武、単独演武、団体演武で展開。出場者たちは、防御や反撃の技を自在に組み合わせて豪快な突き、華麗な投げ技などを披露していた。

(写真=気迫ある演武を披露した拳士たち)

[2015-09-28-19:00 ]


ビュッフェなど楽しむ
名寄・よろーな秋の収穫祭

 【名寄】なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の「よろーな秋の収穫祭『やさいdeビュッフェ』」が26日に駅前交流プラザ「よろーな」で開かれ、多くの来場者でにぎわった。
 秋の味覚を楽しむイベントとして毎年開催。今年は新たに、名寄産野菜を心行くまで堪能してもらおうと、地元産の新鮮な野菜を使ったビュッフェをメーンに開催した。
 このビュッフェは、500円で1時間食べ放題。メニューは、名寄産野菜をふんだんに使ったカレーやシチュー、ポトフ、ナスとトマトのミートパスタの他、ジャガイモやカボチャ、スイートコーンの温野菜など豊富に用意した。
 格安の食べ放題ということもあり、会場には開催時間前から多くの人たちが来場。食欲をそそる匂いが会場いっぱいに広がり、これに引き寄せられるように、ビュッフェコーナー前には来場者が長い行列となって並び、料理を手においしそうに食べる姿が見られた。
 また、名寄産野菜の販売会の他、オカリナ演奏やフラダンス発表、抽選会(ビンゴ)、トウモロコシ早食い選手権などのステージイベントもあり、来場者は秋の味覚を満喫するとともに、楽しんでいた。

(写真=来場者がビュッフェを楽しんだ秋の収穫祭)

[2015-09-28-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.