地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年9月26日

スキー場の集客対策で答弁
名寄市議会決算委員会・動画配信や山頂ツアー

 【名寄】名寄市議会決算審査特別委員会(奥村英俊委員長)は25日、民生費、衛生費、農林業費、商工費などで質疑を行った。
 民生費、衛生費で浜田康子委員(市民連合・凛風会)は、重度障がい者ハイヤーチケット助成について、「市内対象者約800人に対する交付率が約50%にとどまっているが、周知方法は」と質問。
 柴野武志社会福祉課主幹は、障がい者手帳の交付時に助成制度を説明していることに加え、広報にも掲載してチケットの配布方法を周知しており、「市役所に来庁できない場合の対応として、代理申請も受け付けている」と答えた他、相談支援体制の充実なども図りながら周知方法も強化していくとした。
 農林業費、商工費で山田典幸委員(市政クラブ・新緑風会)は、地域農業を支える担い手確保策やピヤシリスキー場の集客対策などで質問。
 担い手確保で山田裕治農務課長は、若手農業者を対象に聞き取り調査を行い、具体的な要望内容を把握するとした。
 集客対策で室秀樹営業戦略室主査は、新たな取り組みとして「スキー場のイメージ動画を製作してホームページなどで配信し、PRする。また、雪に親しむ企画として、圧雪車の荷台に椅子を設置して山頂まで登るツアーも計画している」。さらに、今シーズンから「北海道スキーシーズンネット」に加盟するとして、「シーズン券を購入すると、加盟した他のスキー場を利用した際、リフト券を割り引きして購入できるもの」と説明し、ピヤシリスキー場の集客に向けた呼び水としていく考えを示した。

[ 2015-09-26-19:00 ]


木造建築の可能性探究
下川町、王子HD・林業と建築つなぐセミナー

 【下川】「森林資源の多面的な活用に関する連携協定」を結んでいる王子ホールディングス(HD)と下川町が、森林資源の活用や木造建築の可能性を探究しようと25日に町内一の橋地区、王子HD医療植物研究室で町内外の林業・建築家約30人を参集し、「林業」と「建築」をつなぐセミナーを開催した。
 王子HDと下川町は、締結後、薬用植物の栽培試験などを開始。事業を加速させるために実験室を兼ね備えた「医療植物研究室」を建設した。同施設では構造材に低温乾燥させたトドマツの無垢(むく)材を使用し、三角形を基本に組んだ「トラス構造」とラティス板のはりを採用することで、広々とした空間をデザインしている。
 さらに王子HDは製紙工場のインフラを活用し、含水量が多いトドマツ材の利用に向けて、新たな乾燥システムの確立を目指しており、下川町とテストサンプルを使った実証試験に取り組み、実績を積み上げていく。
 セミナーでは講話、町や王子HDの森林資源活用の事例発表、トドマツ材を使った医療植物研究室建設の過程紹介、座談会、交流会が行われた。
 講話では東京大学生産技術研究所の腰原幹雄教授が「森林の活性化には、木材を循環できる周期で利用することが大切だが、今は資源より需要が少ない。木材は地産地消を基本とし、余った分を大きな消費地・都市部へ供給することが重要」。
 「建築材を利用拡大するには木造らしさがあり、時代ごとの生活スタイルや社会システムに適応した建築を目指す必要がある。そして町外の都市部でも建ててみたいと思えるものを造っていかなくてはならない」など話し、木造建築の事例を写真で紹介。林業と建築間での情報共有の大切さも訴えた。

(写真=講話した東京大学生産技術研究所の腰原教授)

[ 2015-09-26-19:00 ]


華やかなムードに
名寄・天文台でアイドルライブ

 【名寄】Sapporo Idol★Planet Liveが、22日午後7時からなよろ市立天文台「きたすばる」で開かれ、2組が出演してムードを盛り上げた。
 同天文台では随時、「星と音楽」をテーマにライブを企画、開催している。
 今回は札幌を拠点に活動する社会人2人組のデュオ「Twinkle★Twinkle」と、北海道科学大学と北海道薬科大学の学生3人組の「Little★Star」が出演。
 両グループともに病気や障がいを持つ人たちとも一緒に音楽を楽しもう―と「会いに出向くアイドル」をキャッチフレーズとしながら、医療施設や福祉施設、教育機関などを訪問し、コンサートを開催している。
 ライブではAKB48、ももいろクローバーZなどアイドルグループの曲を披露し、華やかなムードに盛り上げた。また、スペシャルゲストで名寄市内在住の北村久仁子さんも登場し、今井美樹さんなどの曲を歌い、聴衆を魅了した。

(写真=アイドルグループの曲などを歌ったライブ)

[2015-09-26-19:00 ]


体験コーナーやスタンプラリー
きょう名寄でオータムフェス

 【名寄】名寄振興公社主催の「オータムフェスタ2015」が、27日午前10時から道立サンピラーパークで開かれる。地域特産品販売コーナーや、手打ちそば実演・販売をはじめ、スタンプラリー福引きなど多彩なイベントが計画されており、同公社では多くの来場を呼び掛けている。
 自然と親しみながら実りの秋を祝い合うイベント。地元農家や市内各団体による販売コーナーをはじめ、名寄地区手打ちそば愛好会による「手打ちそば実演」(午前10時20分〜同11時)や手打ちそば販売(1杯350円、200食限定・同11時〜午後1時)。陶芸、機織りなど、各団体による工芸品の展示・販売会コーナーも予定。
 体験コーナーでは、射的ゲーム(午前10時〜午後0時半)、ステンドグラス体験(材料費200円〜500円、午前10時〜午後0時半)を企画。
 この他、スタンプラリー福引き(カード配布・午前10時〜午後0時半、福引き時間・午前10時半〜午後1時)も行われる。
 問い合わせは、サンピラー交流館(01654-3-9826)。

[2015-09-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.