地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年6月11日

次期総計策定で議論
名寄市議会・新人議員が初の一般質問

 【名寄】第2回名寄市議会定例会は、11日午前10時から市役所名寄庁舎で再開され、午前中は佐久間誠議員(市民連合・凛風会)、山崎真由美議員(同)の新人2人が、初めての一般質問を行った。
 佐久間議員は、農業生産物の加工・販売の今後の方向性や農業後継者の支援制度充実、除排雪のあり方、橋梁や道路整備など。国保税の徴収対策では「徴収回数を従来の6回から10回程度に増やした納付負担軽減の考えはと質問。
 国保税で三島裕二市民部長は、収納率は96%を越えており、全道でも上位にあるとしながらも、負担感を抱える市民がいることに理解を示し、「30年度の国保税制度変更を見据えて研究したい」と答え、現段階では徴収回数を増やさないとした。
 農業生産物の方向性で川田弘志経済部長は「国内はトラック輸送コストなどを考えると現行の販売圏域での強化が基本となる」とした一方で、国外販売では「農協が香港で試験販売に取り組んでおり、協力していく」。
 老朽化に伴って通行止めとなっている18線橋で中村勝己建設水道部長は、生活・産業道路として重要であることを認識しながらも、「長寿命化計画を基本として進める」。農村部の砂利道改善では「本年度、農村部の農道整備に向けて現地確認するとともに、地域住民の意見、要望も聞きながら進める」。

[ 2015-06-11-19:00 ]


美しいハーモニー披露
SI名寄チャリティコンサート

 【名寄】国際ソロプチミスト名寄(SI名寄、藤田邦子会長)主催のチャリティコンサートが10日、市民文化センターEN―RAYホールで開かれ、ジャズコーラスグループ「jammin‘Zeb(ジャミン・ゼブ)」の歌声に耳を傾けた。
 歳入委員会(高橋節子委員長)の主管で企画。収益は活動展開に役立てている。「jammin‘Zeb」は、コージロー(鈴木宏二郎)さん、スティーブ(仲光甫)さん、レンセイ(西澤連聖)さん、シモン(西澤史門)さんの4人グループ。ジャズコーラスをベースに、ジャンルに捉われない自由な音楽性とハーモニーで展開している。
 開会で藤田会長は数々の活動を紹介しながら「企業、団体、市民皆さんのご協力により成り立っております」と挨拶。続いて、奉仕プログラム委員会(坂田由里子委員長)の活動として、名寄市に「国際ソロプチミスト名寄児童文庫」として書籍を寄贈。藤田会長が小野浩一市教育長に目録を手渡した。
 ステージが幕開けし、「jammin‘Zeb」が登場。言語やジャンルを問わず楽曲を披露し、「ラストダンスは私に」「ユー・レイズ・ミー・アップ」「世界に一つだけの花」など多彩に歌い上げた。さらに、イベントに招待された際、歌ったという日本とアメリカの国歌も披露。4人のコーラスが調和し、美しいハーモニーを館内いっぱいに響かせ、聴衆を大いに魅了させていた。

(写真=多彩なジャンルの楽曲を歌い上げるメンバー)

[ 2015-06-11-19:00 ]


一般会計3・6億円の黒字
美深町議会定例会開会・山口町長が町政執行方針

 【美深】第2回美深町議会定例会が11日に開会。会期を19日までの9日間(12〜17日まで休会)と決めた後、山口信夫町長が発言を求め、「平成26年度一般会計決算は、歳入62億819万円、歳出58億2554万円となり、3億8265万円の黒字決算。27年度繰り越し事業の一般財源を除いた実質収支額は、3億6829万円」などと行政報告。
 また、町執行方針説明では、「110年を超える町の歩みの礎として、さらなる発展と安全・安心な暮らしを実現することが私に課せられた使命。決意を新たにし、町民の声に真摯(しんし)に耳を傾け、議員と議論しながら、職員と汗をかき、諸課題に挑戦する」と意気込みを語った。

[2015-06-11-19:00 ]


8月30日に宗次郎オカリナコンサート
名寄・EN―RAY開館を記念

 【名寄】世界で活躍しているオカリナ奏者・宗次郎さんによるコンサートが、8月30日午後5時(開場午後4時半)から市民文化センターEN―RAYホールで開かれる。
 宗次郎さんは群馬県出身。演奏だけでなく陶製オカリナの製作も自ら手掛け、昭和61年にNHK特集「大黄河」の音楽で脚光を浴びた。平成5年にはアルバム「木道(きどう)」「風人(ふうと)」「水心(すいしん)」の三部作で第35回日本レコード大賞「企画賞」を受賞。
 EN―RAYホール開館を記念したコンサートで、宗次郎さんと歩む会実行委員会の主催。コンサートでは、宗次郎さんのオカリナの他、ピアノの蓮沼健介さん、ギターの小林健作さんが出演。オカリナの素朴でありながらも迫力のある美しい音色を楽しむ。
 入場料は2000円(全席自由)。問い合わせは、EN―RAYチケットセンター(01654-3-3333)、同実行委員会の加藤さん(01654-2-2564)まで。

(写真=多くの来場を呼び掛けるコンサートチラシ)

[2015-06-11-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.