地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年5月19日

上川地方の地場産品をPR
31日に「なよろアスパラまつり」

 【名寄】かみかわ「まるごと食べに」よろーなフェスタ〜なよろアスパラまつり(同実行委員会主催)が、31日午前10時から駅前交流プラザ「よろーな」駐車場などを会場に開催される。会場には、市内をはじめ上川管内各市町村のご当地グルメが楽しめる屋台が並ぶ他、お笑い芸人の小梅太夫やマツモトクラブらが出演する「スペシャルお笑いライブ」を目玉とするステージイベントなどが企画されており、実行委員会事務局のなよろ観光まちづくり協会では、多くの来場を呼び掛けている。
 同フェスタは、上川地方各市町村の特産品を販売し、地場産品の振興や地域間交流の推進を図り、全道、全国へ「かみかわ」をPRすることを目的としたもの。平成19年から「アスパラまつり」の名称で市民に親しまれており、昨年から会場を6丁目商店街から「よろーな」に集約し開催している。
 同フェスタ実行委員会の会合が、18日午後6時から「よろーな」で開かれ、イベント内容について協議。これによると、当日、「よろーな」施設前には、市内をはじめ、上川管内市町村のグルメが楽しめる屋台(約20店)がずらり軒を連ねる。煮込みジンギスカン、アスパラ焼きそば、アスパララーメンなど、バラエティーに富んだ味覚が来場者をもてなす。
 「SAIJO Qマート名寄駅前店」前駐車場にはステージを設置。午前10時半からの開会式に続き、餅まきがオープニングを飾る。ステージイベントでは、一輪車演技や太鼓演奏、フラダンス、各地のゆるキャラPR、吹奏楽演奏、ストリートダンス、ジャグリングなど、市内で活動する団体が中心となり出演。午後2時半からは小梅太夫、マツモトクラブ、アフ&ヨッシーによるスペシャルお笑いライブ。ライブ終了後、抽選会や北鼓童なよろによる演舞などで盛り上がる。また、恒例のアスパラ直売や、アスパラの詰め放題イベントも計画。「よろーな」屋内外に飲食スペースが設けられる他、名寄産業高校展示ブースやフリーマーケット、キッズコーナーも設置する。

[ 2015-05-19-19:00 ]


親睦基本に勉強活動も
名寄市議会・新人議員らで「延齢27会」発足

 【名寄】名寄市議会の新人議員などによる親睦組織立ち上げに向けた会議が19日に市役所名寄庁舎で開かれた。正式名称を「延齢27会」とし、議員同士の親睦を基本に、資質向上に向けた活動にも取り組むことなどを確認した。
 「延齢27会」は、新人議員同士の親睦がメーン。新人ならではの悩みや問題などを、情報交換を通して共有するとともに、議会や行政について勉強し、市民の負託に応えることを目的に活動するもの。
 メンバーは、昨年の市議会補欠選挙で初当選して今期で2期目になるものの、議員としては2年目の塩田昌彦議員(市政クラブ・新緑風会)と高野美枝子議員(市民連合・凛風会)の2人が声掛け人となり、任期満了に伴う今選挙で初当選を果たした東川孝義議員(市政クラブ・新緑風会)、佐久間誠議員(市民連合・凛風会)、山崎眞由美議員(同)、浜田康子議員(同)、野田三樹也議員(名風会)の全部で7人。
 会議では、組織の名称について、新人議員の初活動がEN―RAYホールの開館式典だったことに加え、27年の当選などを理由に「延齢27会」に決めた。会長は塩田議員、副会長は高野議員、事務局長は新人議員の中で最年長となる東川議員が務める。
 活動は、年数回の懇親会をはじめ、情報交換を通して各議員が勉強したい内容などを提案しながら取り組むことを確認した。
 また、黒井徹議長による議会活動に対するレクチャーもあり、議会基本条例を基本とした活動を強調し、「一般質問では、質問内容の趣旨をしっかりとまとめて質問すること。財政の勉強も重要」などと説明。加えて、議会改革で「特別委員会を設置して、定数や報酬なども含めて早い時期に協議したい」などと述べ、新人議員らは今後の参考としていた。

(写真=黒井議長からレクチャーも受けた新人議員たち)

[ 2015-05-19-19:00 ]


互いの健闘誓い合う
チャレンジデーエール交換・加藤名寄市長がみやこ町長と

 【名寄】自治体同士で運動やスポーツの参加率を競う「チャレンジデー2015」の開催(27日)を前に、加藤剛士市長は18日午後1時20分から、対戦相手である福岡県みやこ町の井上幸春町長と電話でエール交換し、互いの健闘を誓い合った。
 チャレンジデーは、毎年5月の最終水曜日に実施されている住民総参加型スポーツイベント。人口規模がほぼ同じ自治体同士で、午前零時から午後9時までの間に15分間以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率を競い合うもの。名寄市の参加は今年で22回目。これまでの通算成績は11勝10敗で勝ち越している。
 今年の対戦相手は、4回目の参加だが、いまだ黒星がなく3戦全勝の福岡県みやこ町(2月1日現在の人口2万997人)。みやこ町では当日、ウオーキングや健康体操、大縄跳び大会などの各種イベントをはじめ、餅つき大会も行う予定とのこと。
 電話でのエール交換は、名寄市チャレンジデー実行委員会長の加藤市長と、みやこ町実行委員会長の井上町長との間で行われ、加藤市長は「胸を借りる気持ちでお互いに頑張りましょう」などと検討を誓い合った。

(写真=27日の開催を前に電話でエール交換する加藤市長)

[2015-05-19-19:00 ]


写真立て製作楽しむ
名寄「まちカフェ」月1企画

 【名寄】「まちなかおしゃべりカフェ」の月1イベント(5月)が16日、「楽描き(らくがき)」(市内西3南6)で行われ、参加した市民はペーパーフォトフレーム製作を楽しみながら交流を深めた。
 同カフェは、名寄市社会福祉協議会、名寄丘の上学園による合同サロン。毎週土曜日(午前10時〜午後4時)に開設され、地域住民のつながりづくりの場として、子供から高齢者までが訪れ交流を深めている。
 月1イベントは、多くの地域住民に、サロン活動への理解を深めてもらう機会に―と、本年度から実施。
 ペーパーフォトフレーム製作は、午前11時と午後1時からの2回行われ、地域住民や名寄市立大学生、ボランティアらが訪れた。
 厚紙をかたどって作ったフレーム部分を組み立てた後、色紙を切り抜いて作った花びらや葉、色取り取りのモールなどをフレームにのりで貼り付けるなど、参加者は会話を弾ませながらフォトフレームを製作する様子が見られた。
 完成後は、参加者同士で写真撮影を行い、写真をフォトフレームに入れたり、出来栄えを見せ合いながら、楽しいひとときを過ごしていた。

(写真=多くの来場者でにぎわったまちカフェ月1イベント)

[2015-05-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.