地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年4月30日

観光大使第1号に任命
美深町・地元出身アーティスト桜庭さん

 【美深】美深町は本年度、地元出身アーティストの桜庭和(さくらば・ひとし)さんを美深町観光大使に任命する計画。今後、桜庭和ふるさとコンサート実行委員会を組織し、9月12日に町文化会館COM100での任命式、観光大使就任記念コンサートを企画する。
 桜庭さんは昭和56年11月、美深町生まれのシンガーソングライター。平成17年のシングル「あなたに見せたくて」でデビュー。これまで数多くのテレビCMソングを提供、歌唱している他、小学生との楽曲制作の授業や映画の挿入歌、劇団・舞台、イベントへの楽曲提供も手掛けている。
 観光大使は、観光振興に向け、象徴的な存在として広報活動に携わる人のことで、美深町では本年度、観光大使第1号として美深町出身アーティストの桜庭さんを任命する。
 任命式は、9月12日午後3時半から町文化会館COM100文化ホールで行い、式に引き続き、美深町観光大使就任記念コンサート(桜庭和ふるさとコンサート実行委員会の主催)を開催する。
 主管する美深町観光協会(山崎晴一会長)によると、チケットは観光大使就任記念特別価格で、全席1500円(当日2000円)。小中学生、高校生、障害者手帳を持っている人は500円(同1000円)とする。プレイガイド(7月15日から販売開始)は同協会、JR美深駅売店「びーす」、COM100、町役場。

[ 2015-04-30-19:00 ]


名寄市瑞穂で野火発生
火の取り扱いに厳重注意!

 【名寄】29日午前11時39分ごろ、名寄市瑞穂37番地の会社役員、岸川春巳さん(50)所有の草地から出火。野火が発生し、名寄消防署、名寄警察署に通報があった。
 名寄警察署によると、牛舎の山側にある草地、ささやぶ、樹木など約2・73ヘクタールにわたって焼いた。一部は隣接所有者の草地まで延焼。北海道の防災ヘリも出動し、上空から散水。約3時間後の午後2時28分に鎮火した。けが人はいなかった。
 出火当時、空気は乾燥していた。物を燃やしていて、目を離したすきに燃え広がったということで、名寄警察署は詳しく事情聴取を行うとともに、出火原因を捜査している。
 名寄消防署、名寄警察署では住民に対し、火の取り扱いには厳重に注意するよう強く呼び掛けている。

[ 2015-04-30-19:00 ]


田植えに向けては種
下川幼児セン・園児が今年の米作りスタート

 【下川】下川町立幼児センター「こどものもり」園児の米作りがスタート。28日は同施設内で、園児たちが稲の「は種」を行った。
 同センターでは、園児の食べ物に対する感謝の気持ちを育もう―と7年前から田植えを取り入れている。は種作業は、3歳児以上54人が行った。
 田植えの講師を務める町内農業、小原仁興さんは稲の種を見せながら「下川で生産しているのは、かむと粘りのあるもち米。ポットにある穴には3粒ずつ入れてほしい。1粒だと怠けて大きくならない。いっぱい入れ過ぎると栄養を奪い合う。3粒だと協力して伸びる」と説明した。
 園児たちは、直径1センチの穴が無数にあるポットを使って、土の入った穴に種を入れて成長を願っていた。また、小原さんは「班渓にある小原家の農場では、そのポット4500個をハウス内に並べて育苗している。広さは幼児センのホール3、4つ分になる」など話していた。
 園児は1カ月後に成長した苗で田植え、秋に稲刈りを行い、冬に収穫したもち米で餅つきをして味わうことにしている。

(写真=ポットの穴に種をまいた幼児センターの園児たち)

[2015-04-30-19:00 ]


ルール守り事故防止
風連中央小で交通安全青空教室

 【名寄】風連中央小学校(堀江充校長、児童136人)の交通安全青空教室が28日に同校で行われ、自動車は自転車の交通ルールを再確認した。
 名寄地方でも融雪が進み、自転車利用者が増加する季節。同校では、あらためて交通ルールを学ぶ機会―として毎年、この時期に青空教室を開いている。
 教室で、堀江校長が「一度失った命は二度と戻ってこない。交通ルールを学び、大切な命を自分で守ってほしい」と挨拶。名寄警察署員、名寄市交通安全教育指導員が講師となり、ハンドルやペダル、ブレーキ、タイヤなど乗車前に行う自転車の点検個所や方法、道路標識の見方などを学習。指導員は「自転車の並走、2人乗り、傘さし運転などは絶対にしないこと」と呼び掛けた。
 引き続き、屋外に移動し実技練習。児童は自転車のブレーキなどをチェックした後、同校周辺を自転車で走行。自転車を押しながら横断歩道を渡ったり、歩行者に注意を払いながらゆっくりとペダルをこぐ様子が見られ、事故防止のためのルールを身につけていた。

(写真=交通ルールを再確認した児童)

[2015-04-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.