地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年4月9日

地域振興など訴える
道知事選・高橋氏が名寄入りし街頭演説

 【名寄】12日投開票の北海道知事選挙に立候補している、現職の高橋はるみ氏(61)=自民党道連、公明党道本部推薦=が9日に名寄入り。街頭演説を行い、支持拡大を訴えた。
 高橋氏は、沿道に詰め掛けた多くの支持者と握手。高橋はるみ氏の後援会である、北海道を愛するみんなの会の中島道昭名寄ブロック会長が「高橋候補は、告示からきょうまで道内を巡り、3期12年の実績と4期に向けた新たな政策を訴えてきた。高橋候補の道政にかける熱い思いを受け、支持拡大へ協力願いたい」と挨拶。加藤剛士市長、中野秀敏道議が激励した。
 高橋氏がマイクを握り、「選挙戦も残り3日間。ここまで北海道の広大さと多様な魅力を実感しながら、全道を駆け巡らせていただいた。皆さんの激励の気持ちを、私自身の最後の力に変えて、12日までしっかり運動していきたい」。
 これまでの道政運営を振り返り、「名寄を含め、道内179市町村を誰よりも巡り、地域の方々と心を合わせて、さまざまな政策課題の掘り起しや、地域の魅力発信などに取り組んできたという自負がある」。人口減少問題で、「このままでは北海道の自治体が、半分無くなってしまうかもしれないと言われている。しかし、そうさせてはならない。地域の振興を何としても、先頭に立ってやっていかねばならない。その思いで、誰もチャレンジしたことのない4選目を目指そうと決意した」と強調。
 結びに、「名寄、上川の明日、そして北海道の未来をより明るいものとするため、再び仕事ができるよう、ぜひ皆さんの絶大な支援を最後までお願いしたい」と呼び掛けた。

(写真=名寄で街頭演説を行い支持拡大を訴えた高橋氏)

[ 2015-04-09-19:00 ]


 


[ 2015-04-09-19:00 ]


半年ぶりに快音響く
名寄白樺CCがオープン・コースは11日から

 【名寄】名寄白樺カントリー倶楽部(吉田肇理事長)のゴルフ練習場が、7日からオープンしており、シーズン到来を待ちわびたゴルファーたちが快音を響かせている。なお、コースは11日からオープンする。
 今シーズンは3月13日からコースと練習場の融雪剤散布作業を開始。昨年より雪は少なく、暖かい日が続いたため雪解けも順調に進み、予定通りのオープンを迎えた。
 練習場(50打席)は7日にオープン。初日は時折、雪がちらつき、寒さも戻るという、あいにくの天候だったが、約半年ぶりのシーズン到来を待ちかねていたゴルファーたちが、勢い良くスイングやショットを披露し、快音を響かせている。さらに、フォームを入念にチェックしている光景も見られるなど調整を急ぎながら、コースオープン後のプレーに備えている。
 なお、コース(18ホール、6489ヤード、パー72)は11日にオープン。道北地方北部のゴルフ場では、名寄白樺カントリー倶楽部がトップを切ってオープンする。
 5月6日まで特別料金でプレーすることができ、キャディー付き6540円、セルフ4720円。練習場はコイン1枚(30球)220円となっている。

(写真=シーズン到来を待ちわびた愛好者たちが集まった練習場)

[2015-04-09-19:00 ]


「集中之行」胸に刻んで
名寄高校入学式・新入生158人が決意を新たに

 【名寄】名寄高校(丸山年民校長)の第70回入学式が8日に同校体育館で行われ、新入生158人が、高校での新たな生活をスタートさせた。
 会場では、新入生が拍手で迎えられながら入場。各クラスの担任教諭が一人一人の名前を読み上げ、入学を許可。
 丸山校長が「これまで皆さんの成長を願い育んでくれた周囲の期待に応えるためにも、高校3年間は一人一人の強い意思と自覚、将来を見据えた粘り強い努力と勇気が必要。努力をして結果が出れば自信になる。努力をせずに結果がでればおごりになる。努力をせずに結果もでなければ後悔が残る。きょうの晴れやかな気持ちと大きな決意を胸に秘め、これからの高校生活が可能性を見出す自分磨きの場となることを期待している」と式辞。
 来賓の角田定和PTA会長が「自らの意見を持ち、行動する姿勢が大切。失敗を恐れることなく、自分自身の成長へ前向きに取り組んでいってほしい」と祝辞を寄せた。
 新入生を代表し、宮ア萌乃さんが「校訓「『集中之行』の精神を胸に刻み、一日一日を大切に生活し、先生や先輩のご指導の下、勉強、部活動、学校行事などにおいて仲間と共に支え合い、競い合いながら、日々たくさんのことを学び、立派な名高生になることを誓います」と宣誓。また、同校吹奏楽部員が校歌を披露するなど、新入生は新しい学校生活に期待を膨らませていた。

(写真=新たな生活のスタートに期待を膨らませる新入生)

[2015-04-09-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.