地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2015年3月19日

地域活用を主眼に
名寄市議会予算審査委・望湖台センターハウスで答弁

 【名寄】名寄市議会予算審査特別委員会(日根野正敏委員長)は18日午後、農林業費や商工費などで質疑を行った。
 佐藤勝委員(市民連合・凛風会)は、風連地区の望湖台自然公園の将来展望を質問。
 伊藤慈生営業戦略室主幹は望湖台センターハウスについて、「地元の町内会から、活用しない場合は、安全対策として早期に取り壊してほしいとの意見があった」としながらも、市側が、地域での活用を投げかけているとし、「地域活用に主眼を置いて、町内会を中心にじっくり時間をかけて協議する」と答えた。
 竹中憲之委員(市民連合・凛風会)は、農業振興センターの新たな試験栽培内容など。有害鳥獣対策では「猟友会の高齢化に伴う担い手の確保策は」と質問した。
 松永実農政係主査は、高齢化に伴う猟友会組織の衰退を認識する一方で、「27年度は2人が退会するが、新たに4人が加わることが決まっており、ハンターを一定程度確保できている」。
 農業振興センターで青野文泰農業振興係長は、ミニトマトの試験栽培を予定しているとした上で、「生産農家6件で取り組むこととしており、農協とも連携しながら販売までにしっかりとつなげられるものとしたい」と答えた。

[ 2015-03-19-19:00 ]


名寄は福岡県みやこ町と対戦
5月27日にチャレンジデー2015

 運動やスポーツの参加率を自治体間で競う「チャレンジデー2015」(笹川スポーツ財団主催)が、今年も5月27日に、過去最多となる全国130市町村が参加し一斉開催される。名寄市の対戦相手は福岡県みやこ町となっており、今年も楽しく健康づくりに励む。
 チャレンジデーは、毎年5月の最終水曜日に世界中で実施される住民総参加型スポーツイベント。人口規模がほぼ同じ自治体同士で、午前零時から午後9時までの間に15分間以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率を競い合うもの。敗れた場合は、対戦相手の自治体の旗を、庁舎のメーンポールに1週間掲揚することがルールとなっている。
 名寄市は市民の健康づくり推進を目的に、昭和63年から平成5年まで姉妹都市のカナダのリンゼイ市(現カワーサレークス市)と「ヘルシーコンペ」の名称で、単独のチャレンジデーを実施。しかし、同コンペが中止となったことで、6年から笹川スポーツ財団がコーディネートする現行のチャレンジデーに参加している。
 昨年は広島県竹原市と対戦し、運動参加率は名寄市62・2%、竹原市56・1%となり、名寄市が勝利。名寄市の通算対戦成績は11勝10敗となっている。
 同財団によると、今年の「チャレンジデー2015」には、全国の130市町村(69市48町13村)が参加予定。道内では14市町がエントリーしており、名寄市は全国で最多となる22回目の参加となる。

[ 2015-03-19-19:00 ]


ゲームなどで白熱
下川老人ク連のレク大会

 【下川】下川町老人クラブ連合会(古屋久男会長)のレクリエーション大会が18日に総合福祉センター「ハピネス」で開かれ、町内各地域の老人クラブが、一堂に会して交流を深めた。
 年に一度の恒例行事で、中央、上名寄、一の橋の老人クラブから61人が参加した。午前の部は、3地域のクラブ員混合で3チームに分かれ、チーム対抗の「箸出し入れリレー」「うちわリレー」「お手玉乗せゲーム」で競い合った。
 「箸リレー」は、ペットボトルに箸20本を入れて次へ回し、次の人はその箸を出して、また、次へ回すという動作を繰り返しながら、チーム全員へ回る速さを競ったが、白熱の展開を見せた。
 途中、昼食を挟み、町と地元商店が連携して試作販売している「健康弁当」を味わい、午後の部では麻雀、オセロ、花札、トランプで遊びながら親睦を深めていた。

(写真=手軽な室内ゲームで交流を深めた下川老人クラブ連合会)

[2015-03-19-19:00 ]


若々しい感性並ぶ
美深高校写真部が展示会

 【美深】美深高校写真部(若浪茜部長)の展示会が、町文化会館COM100ギャラリーホールで始まり、高校生の若さあふれる感性で切り取った作品が並んでいる。
 写真部は現在、1年生2人、2年生5人で活動。撮影会やランキング戦に加え、休日にはスポーツ大会や合宿、各部活の写真撮影など、技術向上に努めている。
 展示作品の中には、夕日の光を浴びたふきのとうの「光を浴びて」、空を見上げている様子を撮った「明日への誓い」などの感性豊かな作品が並んでおり、写真の横には、タイトル設定理由と工夫・意識したことを記載。感性あふれる力作が、来館者の目を楽しませている。
 撮影者のコメントを読みながら写真を眺める町民の姿が多く見られ、記帳ノートには「ステキな写真をありがとうございました」といった感想が寄せられている。
 また、写真部では、作品を発表する場所を探しており、「展示可能なイベントなどがありましたらご連絡ください。また、出張撮影も行っています」と話す。写真展は27日まで。

(写真=部員の力作がずらりと並ぶ写真展)

[2015-03-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.