地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年12月22日

26年度で88%を使用見込む
名寄市・合併特例債の該当は36事業

 【名寄】名寄市の合併特例債は、26年度末見込みで全体の88%を消化している。風連地区の市街地再開発事業や市民ホールなどの大型ハード事業の他に、道路整備など既に36件の事業に有効活用されている。当初は合併後10年となる平成27年度までが合併特例債の使用期限となっていたが、それがさらに5年間延長となった。市では特例債の残りが約9億円となっており、事業を厳選して特例債を該当事業に充当させていく計画でいる。
 名寄市は、平成17年度に旧名寄市と旧風連町が合併したことから、18年度から合併特例債を活用できるようになった。その金額は直近となる12年度の国勢調査を基にした人口などから算出され、76億3740万円となっている。
 事業対象となるのは、公共施設整備などのハード事業に限定され、ソフト事業には使用できない。また、合併特例債は、対象事業の事業費の95%相当に充当でき、さらに該当事業費の70%が地方交付税で名寄市に算入されることから、過疎債と同じく有利な起債となっている。
 18年度以降25年度まで確定した合併特例債の該当額は52億2480万円で、さらに26年度は市民ホールを対象にする計画で、26年度末での使用見込み額は66億9870万円を予定している。使用可能額の88%に相当し、残りは、9億3870万円となっている。

[ 2014-12-22-19:00 ]


馬そりやショーなど
なよろ観光協会となよせ通り・クリスマスフェアにぎわう

 【名寄】なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)、商店街振興組合なよせ通り(坂本和彦理事長)主催の「クリスマスフェア」が20日に駅前交流プラザ「よろーな」をメーン会場に開かれた。馬そり体験やファッションショー、賞品が当たるビンゴゲームなど趣向を凝らした企画が用意され、多くの親子連れが集まってにぎわっていた。
 同フェアは、商店街を中心としたまち中と連携して、市民が楽しめるイベントを提供しようと昨年から開催しているもの。今年は、より楽しんでもらえる企画にしようと、内容を一新してリニューアルした。
 名寄警察署や名寄自動車学校の交通安全・特殊詐欺被害防止などの歳末防犯PR活動とコラボレーションした「馬そり体験」は、「よろーな」前の大通りから西2条の南5、6丁目間をコースに開催。先着50人までの企画だったことから、イベント開始と同時に多くの子どもたちが集まり、普段乗る機会がほとんどない馬そりを楽しんでいた。また、同署員がサンタクロースの衣装を身に付け、「交通事故に気をつけてね」などと呼び掛けていた。
 「よろーな」のロビーイベントでは、名寄ピヤシリ少年少女合唱団による素晴らしい歌声をはじめ、美しい音色を会場内に響かせたオカリナや琴の演奏。さらに、古着などをリメーク、アレンジして作った服のファッションショーも開催され、多くの人たちで盛り上がった。

(写真=多くの子どもが楽しんだ馬そり体験)

[ 2014-12-22-19:00 ]


優勝目指し競い合う
名寄・全日本コンバインド大会

 【名寄】全日本スキー連盟A級公認の第4回名寄コンバインドチャンピオン競技大会第33回全日本コンバインド大会が、21日に名寄ピヤシリシャンツェ・ノーマルヒル(HS100メートル)と、なよろ健康の森クロスカントリーコース(10キロ)で開かれた。
 名寄地方スキー連盟の主催で毎年開催。今年の大会には高校や大学、実業団などから81人がエントリーした。
 午前中のジャンプ競技では、途中から吹雪となる悪天候に見舞われたため、選手の安全面を考えて競技を中止。このため、前日に行った予備ラウンドのジャンプ結果をポイントとして、午後からのクロスカントリーで順位を競い合った。
 結果、優勝したのは山元豪選手(早稲田大学)。山元選手は、ジャンプ結果が11位で振るわなかったものの、クロスカントリーで3位と巻き返し、見事に逆転で総合優勝を果たした。

[2014-12-22-19:00 ]


作りたて味わい「おいしい」
東風連小学校でそば打ち体験

 【名寄】東風連小学校(中村庄二校長)の全校児童12人は22日に東風連子供と老人福祉会館でそば打ちを体験。打ちたての香り高いそばを味わい、笑顔を見せた。
 総合的な学習の一環。地域の伝統文化に触れることなどを目的に、24年度から取り組んでおり、講師は名寄地区手打ちそば愛好会(奥田政章代表)が務めている。
 子どもたちは、講師のそば打ちを見学した後、粉に均等に水を回す「水回し」から、延ばし、切りなど全ての工程にチャレンジ。講師から一つ一つの作業を教えてもらいながらそば打ちを楽しんだ。
 その後、自分たちが打ったそばを試食。打ちたてならではの香りを感じながら、のど越しの良いそばを味わい、「おいしい」と満面の笑みを浮かべていた。

(写真=そば打ちの全ての行程にチャレンジした児童たち)

[2014-12-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.