地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年12月21日

26年度の事業費減額
名寄市・老朽水道管更新に取り組む

 【名寄】名寄市は、上水道の老朽管更新事業に取り組んでいる。25年度末までの進捗(ちょく)率は、32・3%となっている。26年度も計画に沿い、2480メートルの更新を行っているが、事業費については、25年度よりも約1億円減額となっている。これは風連地区に水道管を延長する工事がスタートしたことに伴い、老朽管更新の事業費を抑制することになったもの。また、市では水道管を耐震管にする事業も併せて進めている。
 名寄市の水道配水管は、昭和31年に布設され、40年以上は経過しており、さびなどによる送水影響もある鋳鉄管や、漏水の多い接着接合式継手の塩ビ管などを耐震性のあるダクタイル鋳鉄管、配水用ポリエチレンなどに更新することにし、19年度から事業に取り組んでいる。
 計画によると、名寄市の配水管延長は約252キロあるが、このうち、65キロが更新対象となっている。19年度から24年度までで、名寄地区が9・6キロ、風連地区が約5・8キロ更新し、合わせて15・4キロに。総事業費は5億2983万円となっている。さらに25年度は1億7960万円の事業費をかけ、名寄地区で3・6キロ、風連地区で2キロの更新を行い、19年度からの更新総延長は21キロとなり、進捗率は32・3%。
 26年度は2・5キロの更新を行い、計画では25年度から28年度までにさらに12キロまでに更新延長を伸ばすことにしている。だが、事業費をみると、24年度が1億9075万円、25年度が1億7960万円となっていたのに対し、26年度は6950万円、27年度は7000万円、28年度は6400万円を見込み、減額となっている。

[ 2014-12-21-19:00 ]


来年の対象者302人
名寄市・成人式は1月11日

 【名寄】名寄市の成人式は、来年1月11日午後3時から市民文化センター多目的ホールで行われる。住民票による対象者数は、12月1日現在で302人と、今年と比較して33人の増となっている。今年初めて対象者が300人台を切ったものの、再び300人台に回復した。しかし、平成20年に472人いた対象者数から比べると、やはり少子化世代が成人を迎えていることを示す数字となっている。
 来年の対象者は、平成6年4月2日から7年4月1日生まれた人。住民票による対象者は、名寄地区が272人、風連地区が30人で、合わせて302人となっている。今年と比較して、名寄地区が30人、風連地区が3人のいずれも増だ。
 自治体合併の20年から、成人式は名寄地区と風連地区との合同で実施しているが、今年は住民票による成人式の対象者が初めて300人台を割った。しかし、来年は再びわすかだ300人台に回復した数字に戻る。だが、対象者の推移をみると、少子化世代が成人式を迎えていることをうかがわす数字ではある。
 例えば、合併前の16年には名寄地区だけで461人の対象者がいた。そして合同実施の20年は472人いたが、その後は徐々に減り、25年、26年はいずれも341人などとなっていた。また、風連地区だけの対象者推移をみると、21年は49人いたが、25年には27人まで減るなど、出生数の減少傾向がより進んでいる実態を示す数字だ。
 来年の成人式は、これまで同様に出席者の利便性などを考慮して、日曜日となる1月11日に行うことにしている。当日の受け付け開始は午後2時からで、式は午後3時からの日程だ。会場は市民文化センターの多目的ホールで、例年通りの式典内容となる予定。同世代の若者が祝福する内容でと、既に若者代表10人で構成し、成人式実行委員会(玉城大輝委員長)も立ち上げている。

[ 2014-12-21-19:00 ]


飲酒運転は犯罪!絶対だめ!
美深警察署・町内飲食店訪問しキャンペーン

 【美深】美深警察署(千葉貴寿署長)などは19日に町内飲食店を訪問し、飲酒運転根絶を訴える「飲酒運転ストップ作戦2014イン美深」に取り組んだ。
 忘年会など飲酒機会が増加する時期を迎え、美深町内から悲惨な重大事故を引き起こす可能性の高い「飲酒運転違反者」を出さない―という決意の下、歳末特別警戒(15〜31日)と連動した飲酒運転根絶キャンペーンを実施した。
 同署に加え、美深町地域安全推進協議会、美深地域交通安全活動推進協議会から8人が参加し、町内東2北2の「居酒屋おくむら」から啓発活動スタート。
 飲酒運転防止啓発用品「飲んだらのれん」などの掲示を依頼するとともに、千葉署長が「車で来た人には、絶対に飲ませないようにしてほしい」と注意喚起の徹底を呼び掛けた。
 また、「ハンドルキーパー」「飲酒運転追放」などを記載されたのぼりを手に店舗間を歩き、歩行者らにも飲酒運転防止止意識の高揚を図った。

(写真=飲酒運転防止への協力を求めた千葉署長)

[2014-12-21-19:00 ]


ケーキ作りにも挑戦
風連児童ク&名寄市児童セン・クリスマス会楽しむ

 【名寄】風連児童クラブと名寄市児童センターのクリスマス会が20日、両施設で開かれ、子供たちが手作りケーキを味わったり、ゲームを楽しんだりしながら思い出深い1日を過ごした。
 風連児童クラブのクリスマス会は、午前9時半から同児童会館で開催され、児童約40人が参加。
 オリジナルのケーキ作りに取り掛かり、子どもたちは生クリームを、ハンドミキサーを用いて泡立てるなど協力して作業。皿にスポンジケーキを一口サイズに切ったもの並べ、生クリームや、パイナップル、オレンジ、モモといったフルーツをトッピングするなど、子供たちはパティシエ気分。完成後は、自分だけのオリジナルケーキを笑顔で味わった。
 この他、児童がこの日のために練習を重ねてきたピアノの演奏に合わせ、「ジングルベル」を歌ったり、プレゼント交換を行ったりしながら、楽しい時間を過ごしていた。
 市児童センターのクリスマス会は、午後1時半から開催。この日のために準備したゲームを楽しんだり、ケーキを味わいながらクリスマスをにぎやかに過ごした。

(写真=ケーキ作りを楽しむ子どもたち=風連児童クラブ=)

[2014-12-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.