地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年12月4日

大雪でゲレンデも冬化粧
名寄振興公社・ピヤシリスキー場の安全祈願祭

 【名寄】名寄ピヤシリスキー場の安全祈願祭が4日になよろ温泉サンピラーで行われ、関係機関の代表者らが一日も早いオープンとシーズン中の事故防止に願いを込めた。
 スキーシーズン到来を間近に控えた恒例の祈願祭。スキー場を管理する名寄振興公社では、今冬のオープン予定を13日に設定。11月中旬からは、リフト搬器の取り付け作業や安全点検、従業員研修が行われるなど、準備が進められている。
 祈願祭には関係者約40人が出席。神職による祝詞や出席者が玉ぐしを奉納。ゲレンデや圧雪車を前にテープカットを行い、シーズン中の無事故、無災害に願いを込めた。
 名寄では11月13、14の両日にまとまった雪に見舞われたが、その後は目立った降雪もなかった。しかし、今月1日夜から日本各地に本格的な寒気が流れ込んだ影響で、上川北部も一気に冬本番へ突入。旭川地方気象台によると、3日の名寄の日降雪量は73センチにも達し、家庭や道路の除雪作業に負われる市民の姿が見られている。
 岩や土面がむき出しだったピヤシリスキー場のゲレンデも、本格的に降り出した雪ですっかり冬化粧。ゲレンデの積雪は約70センチ(4日午前11時半現在)同日午後から圧雪車が稼働し、ゲレンデ整備が本格的に始動した。
 同公社は、「ゲレンデは圧雪して20センチから30センチほどの下地を作り、さらにその上に雪が積もると使用できる状態となる。リフトやゲレンデなどの整備には万全を期し、多くの利用者でにぎわいを期待したい」と話している。

(写真=テープカットも行われた安全祈願祭)

[ 2014-12-04-19:00 ]


23日までクリスマスフェア
名寄・名よせ通りコスモス会

 【名寄】商店街振興組合名よせ通り女性部「コスモス会」による、「第16回名よせクリスマスプレゼントフェア」が、今月23日までを応募期間として行われている。参加店で買い物して応募すると、抽選で各店舗オリジナルのプレゼントが当たる内容。また、今年は初となるフォトコンテストも企画している。
 恒例の「名よせクリスマスプレゼントフェア」は、買い物客に感謝の気持ちを込めるとともに、商店街のにぎわいづくりに―と企画。今年は20店舗が参加(ポスターが目印)。プレゼントは各店舗で取り扱っているオリジナル商品など抽選で90人に当たる。
 応募方法は、フェア参加店で買い物をし、所定の応募用紙に必要事項を記入してもらう。応募期間は今月23日まで。当選発表は24日で、はがきで結果を通知。引換期間は1月10日まで。問い合わせは、同コスモス会(01654-3-7148)へ。
 また、同コスモス会は、市内西2南6の名よせ通り商店街駐車場に、今年も高さ約4メートルのクリスマスツリーとスノーマン(雪だるま)人形を設置。1日からライトアップしており、日が落ちると電飾の光がキラキラと雪に映え、美しい光景を演出。クリスマスムードを盛り上げながら、道行く人の目を楽しませている。

[ 2014-12-04-19:00 ]


美しいシクラメン販売
7日に産業高名農キャンパスで

 【名寄】名寄産業高校(増田雅彦校長)の「シクラメン販売会」が、7日午前10時から同11時まで同校名農キャンパス農場温室で開かれる。
 酪農科学科農業コースの生徒が実習の一環として栽培したシクラメンを販売。毎年、好評を得ている。
 今年も2年生6人と3年生6人が、昨夏から丹精込めて育ててきた鉢花を販売することにしており、多くの来校を呼び掛けている。
 当日は、白、赤、ピンク色などの美しい花を咲かせたシクラメン(5号鉢)を500円。小さめの花を付けたミニシクラメン(4・5号鉢)を400円で提供。全体で600鉢を用意する。
 問い合わせは同校名農キャンパス(電話01654-2-4191)まで。

(写真=丹精込めて育てたシクラメンを披露する生徒たち)

[2014-12-04-19:00 ]


当日に無料提供会実施
13日、風連スキー場オープン

 【名寄】風連スキー場のオープンが、13日午前10時に予定されている。オープンに合わせて行われるリサイクルスキー・スノーボードの無料提供会については、子ども向けを中心に約100セットのスキー用具が集まっており、利用を呼び掛けている。
 風連のスキー場は、市内西風連にあり、斜面が緩やかでファミリーゲレンデとして親しまれている。7年前からは風連町スキー連盟がスキー人口の拡大などを狙い、家庭に眠るスキーを無料で回収して、必要な人に無料で提供するリサイクルに独自に取り組んで好評だ。今年も11月4日から28日まで回収を行ったところ、スキー、スノーボード、ウエアなど約100セットを集めることができた。特に、小さな子ども用の用具も集まった。
 無料提供会は、スキー場のオープンに合わせ、13日午後10時からスキー場で行うことにしており、希望者は当日、会場に訪れるとよい。
 また、スキー場は26年3月1日まで運営される予定で、12月31日から1月2日までの休みを除き、毎日午前10時から午後8時半まで。リフト代金は小学生以下無料。リフト券は一日券(一般410円)から、シーズン券(全日・一般)8220円、ナイター券(一般)200円などがある。

[2014-12-04-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.