地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年10月6日

初の海外戦で入賞果たす
下川の五十嵐さん、佐藤君・スキージャンプ

 【下川】下川中学校3年の五十嵐彩佳さんと下川商業高校2年の佐藤慧一君は、9月下旬のルーマニアで、2人にとって初となるスキー・ジャンプの海外遠征に挑んだ。五十嵐さんは国際スキー連盟主催の「FIS・CUP」と18歳以下の大会「CRPATH・CUP」で女子1位、佐藤君は「FIS」で男子2位、「CRPATH」では男子1位に入賞するなどの活躍を見せた。
 佐藤君は今夏、前半は不調だったが、全日本ジュニアの合宿で、風洞実験を通して空中姿勢を改善、国内で調子を上げた。五十嵐さんは2年前、たくさんジャンプ台を飛びたい―と福島県から下川へ留学。7月下旬に札幌市長杯中学女子で優勝するなど着々と技術や精神力を磨いてきた。
 FIS・CUPは、国際大会のコンチネンタルカップ出場権の獲得に結び付く大会。佐藤君と五十嵐さんはFISへ参戦するためにルーマニアを訪れたが、練習も兼ねて地元開催の「CRPATH・CUP」にもオープン参加で出場。
 CRPATHの男子には近隣国から33人が出場、佐藤君は1戦目1位、2戦目3位。女子には11人が出場し、五十嵐さんは1戦目3位、2戦目1位。2人とも滑り出し好調のジャンプを見せた。
 続くFISの61人が出場の男子で、佐藤君が1戦目7位、2戦目2位。14人が出場の女子では、五十嵐さんが1戦目1位、2戦目2位と、2人そろって健闘した。
 初の海外遠征に佐藤君は「食生活は問題ないが、選手と言葉の壁があった。ジャンプ台のアプローチの滑り具合が違って難しかったが、試合は好調でFIS2戦目は良いジャンプを2本そろえられた」。五十嵐さんは「言葉は通じなくても、みんなフレンドリーで楽しく練習できた。着地点が生芝で、板だけ止まって体が前へ飛び出しそうだったが、ジャンプ台は飛距離も出て相性が合った。FIS1戦目では1本目が3位で悔しく、2本目を精いっぱい飛んだら逆転優勝できた。今までで1番うれしかった」と振り返る。

(写真=海外遠征で健闘した五十嵐さん=上=と佐藤君)

[ 2014-10-06-19:00 ]


さわやかな汗流す
美深の町民マラソン大会

 【美深】町教育委員会(石田政充教育長)主催の第40回町民健康マラソン大会が5日に美深橋付近の天塩川堤防を発着点に開かれ、多くの町民が参加してさわやかな汗を流した。  
 健康づくり推進を図るとともに、日ごろの体力づくりの成果を試してもらおう─と毎年開催しているもの。
 今年も2、3、5、7キロの距離を設定し、幼児からお年寄りまで67人が参加。開会式で大会長の石田教育長が健闘を願って挨拶し、参加者は距離別でそれぞれスタートした。
 この日は風が強く肌寒かったものの、青空が広がるマラソン日和で、参加者は沿道からの声援を受けながら力走し、マラソンを通して交流を深めるとともに、心地よい汗を流して楽しんだ。

(写真=67人が参加したマラソン大会)

[ 2014-10-06-19:00 ]


心を一つに音色奏でる
名中吹奏楽部が定期演奏会

 【名寄】名寄中学校吹奏楽部(根元さくら部長)の定期演奏会が5日に同校体育館で開かれ、美しい音色を会場いっぱいに響かせて来場者を楽しませた。
 同校吹奏楽部は、部員39人と顧問3人の総勢42人で活動。演奏会は、部活動に対する支援、協力への感謝の気持ちを、楽器の音に変えて伝えようと開催しているもの。
 ステージは2部構成。第1部は「March of the Majestics」を皮切りに、洋楽やメドレーなどを中心とした4曲を披露。第2部は、「ユーロビート・ディズニー・メドレー」をはじめ、「ルパン三世のテーマ78」のアニメ曲、「サラバ愛しき悲しみたちよ」や「涙そうそう」のJポップ曲などを演奏し、会場を盛り上げていた。
 また、この演奏会が3年生にとっては最後の舞台。現在のメンバーと演奏するのはラストということもあり、部員たちは心を一つにしながら演奏。来場者は、心を込めて演奏する部員たちの姿を見ながら、素晴らしい演奏に酔いしれ、曲が終わるごとに大きな拍手を送っていた。

(写真=素晴らしい演奏で会場を盛り上げた演奏会)

[2014-10-06-19:00 ]


8チームが熱戦展開
名寄・宮崎杯少年野球大会

 【名寄】ミヤザキスポーツ主催の第28回宮崎杯少年野球大会が、5日に市営球場で開かれた。
 今年の大会には名寄、風連、下川、美深、中川の野球少年団8チームが出場。当初は4、5の両日に開催予定だったが、4日が悪天候で延期としたため、5日にトーナメントの1回戦4試合、11日に準決勝と決勝戦を行うこととした。
 トーナメント1回戦が行われた5日は、下川対中川、名寄東対美深、名寄南対名寄西、風連対名寄北の4試合。試合イニングは5回、制限時間は70分で行われ、豪快なバッティングによる長打や切れのあるピッチングなど、各チームとも日ごろの練習成果をぶつけ合い、白熱した攻防を繰り広げていた。
 結果、下川対中川戦は7対8で中川、名寄東対美深戦は9対3で名寄東、名寄南対名寄西戦は1対8で名寄西、風連対名寄北戦は3対2で風連が勝利した。

(写真=1回戦の4試合が行われた野球大会)

[2014-10-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.