地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年8月29日

11月末までをめどに審議
名寄市議会運営委員会・議員提案条例の協議方法確認

 【名寄】名寄市議会議会運営委員会(佐藤靖委員長)が28日に市役所名寄庁舎で開かれ、前回の委員会から始まった議員提案条例の協議方法などを確認した。この中では、各会派から提案されたまちづくりに関わる条例15本について、提案された条例の本数が多いため、再度、各会派に持ち帰って絞り込むとともに、11月末をめどに一定程度の提案条例審議を進め、次期選挙(来年4月)前の市議会定例会で成立させる方向性を示した。
 議員提案条例は、議会と議員の活性化を求める市民の声に応えようというもの。これからの名寄市づくりに必要な条例や議会改革について検討することとし、前回の委員会で、各会派から議員提案条例15本と議会改革案13件が出され、協議がスタートした。
 この日の委員会では議員提案条例について協議。この中では、各会派から提案されている条例が15本あり、福祉や生活環境、教育などの分野で多岐にわたるため、「所管する常設委員会(総務文教、市民福祉、経済建設の3委員会)に振り分けて審議しては」との考えが示された。
 しかし、「審議する条例本数が偏る委員会がある」「議会全体で取り組む議員提案であるため、常設委員会に審議を委ねるのはいかがなものか」などの意見が出された。結果、これらを踏まえ、再度、各会派に持ち帰って提案条例の絞り込みを行うとともに、基本的な提案条例審議は運営委員会で進めることとした。一方で、運営委員会での審議や絞り込み作業がスムーズに進まなかった場合などは、状況によっては常設委員会に審議を委ねる可能性もあることなども確認した。
 また、絞り込んだ提案条例については11月末までをめどに議論を進めることとし、佐藤委員長は「今任期中に一つでも二つでも提案できるよう努めたい」と協力を求めた。

[ 2014-08-29-19:00 ]


振興公社改革など
名寄市・議会に市民要望回答書を提出

 【名寄】加藤剛士市長は29日、名寄市議会(黒井徹議長)から12日に伝達された市民要望に対する回答書を、黒井議長に手渡した。
 この市民要望伝達は、7月に開催した議会報告で、各会場に参加した市民から出された名寄市の行政課題などに対する意見や要望を伝え、今後の市政運営に反映させてもらおうというもの。
 要望内容は「振興公社の赤字問題に対する抜本的改革」や「中心市街地活性化」など6項目。
 回答書の提出は29日に市役所名寄庁舎で行われ、加藤市長から回答書を受け取った黒井議長は「この回答を基に、9月1日開会の第3回市議会定例会一般質問に臨む議員もいると思うので、その議論を通してさらなる理解を深めたい」などと述べた。
 加藤市長は、振興公社問題の回答で「経営安定補助金が拠出されたことを重く受け止め、昨年策定した経営改善計画の着実に進め、最大限の努力に努めたい」。中心街活性化では「28年度の施行を目標に、中小企業振興条例を抜本的に見直すとともに、改めてハード事業の活用を検討したい」とした。
 さらに、日進地区再整備構想や大学児童学科の4大化など課題が山積しているため、小まめな説明や情報開示なども求め、加藤市長も理解を示した。

(写真=黒井議長に回答書を手渡す加藤市長=右=)

[ 2014-08-29-19:00 ]


鍛え上げた技を披露
名寄警察署・夏季特別術科訓練納会

 【名寄】名寄警察署(大野富穂署長)の夏季特別術科訓練納会が28日に同署道場で開かれ、署員たちが柔道と剣道で日頃、鍛え上げている成果を披露した。
 柔道と剣道は、第一線の警察官の職務執行に必要な精神力、体力を養成するために不可欠な術科であることから、夏季と冬季の年2回、特別術科訓練を実施している。今回は18日から28日まで訓練を実施。納会は昇段審査も兼ねて行われ、柔道と剣道でそれぞれ署員7人が出場。名寄警察署協議会、名寄警察官友の会、警友会名寄支部から13人が参観に訪れた。
 警察官友の会の長谷川良雄会長から慰問品が贈られた後、大野署長は「短い稽古だったが、職務に忙しい中で訓練に参加し、真剣に取り組んでいる姿を見て、たくましさを感じている。市民の安全安心を守るためにも悪と対峙(たいじ)し、悪に負けない警察官となってほしい。訓練は終わるが、合間を縫って鍛錬してほしい。今日は磨き上げた技と気迫で試合に臨んでほしい」と訓示。
 続いて、柔道と剣道に分かれ、トーナメント戦で試合を展開。署員たちは日頃の訓練成果を発揮しながら、全力を出し切って試合に挑み、鍛え上げた技を披露。訪れた来賓たちから盛大な拍手を受けていた。
 試合終了後、警察署協議会の小室勝治副会長は講評で「全国各所で災害が発生しており、災害はいつ発生するか分からない。日頃の勤めとともに体力増進に励んでほしい」と呼び掛けた。

(写真=柔道と剣道で日頃の訓練成果を披露する署員たち)

[2014-08-29-19:00 ]


9月初めまで観察可能
なよろ天文台中島さん・ジャック彗星を撮影

 【名寄】なよろ市立天文台「きたすばる」の中島克仁さんは27日夜、観察しやすい時期を迎えている「ジャック彗星」の撮影に成功した。
 「ジャック彗星」は、ブラジルのソニア天文台のクリストヴォン・ジャックさんらによって発見された彗星。
 8月末から9月上旬にかけて、「ケフェウス座」から「はくちょう座」にかけての天の川に沿って移動している。
 この彗星は、細く淡い尾の部分は暗いため見ることが難しいものの、明るい頭の部分は望遠鏡で観察することができる。
 中島さんによると、月明りの影響が少ない9月初めまでが観察するチャンス―とのことだ。

(写真=27日夜に撮影したジャック彗星。尾を引いているのが見える)

[2014-08-29-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.