地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年7月15日

乳幼児等医療費無料化へ
名寄市長定例記者会見・学校給食裏帳簿で全額補てん

 【名寄】加藤剛士名寄市長の定例記者会見が14日に市役所名寄庁舎で行われ、8月から乳幼児等医療費の自己負担額が無料となることを説明。また、市学校給食センターの裏帳簿問題で、当時の職員が全額を損失補てんしたことを明らかにした。
 乳幼児等医療費の無料化は、就学前児童は入院と通院の医療費を無料、小学生は入院医療費を無料とするもの。費用は健康保険が適用される医療費本体が無料化の対象で、食事代などの実費負担分は含まれない。これまでの所得制限を撤廃し、市内に居住するすべての就学前児童、小学生を対象とし、子育て支援施策の一環として実施する。
 今月は受給者証の更新月となっており、就学前児童のいる家庭には新しい受給者証を郵送しているが、所得制限によって受給者証の交付を受けていなかった家庭には、市担当から手続きを案内している。また、小学生のいる家庭には学校経由で制度周知のパンフレットを配布している。問い合わせは市役所名寄庁舎健康福祉部こども未来課こども未来係(電話01654-3-2111、内線3242)まで。
 市学校給食センターの裏帳簿問題で、市監査委員から指摘があった99万2683円について、当時の職員(現在は退職)が全額を損失補てんし、今月7日までに全額納付が確認されたことを明らかにした。この問題は、同センターに支払われた謝礼などを市や市学校給食会の歳入に入れず、同センター所長名の通帳に入金、センター職員の飲食代など私的に流用していたというもの。
 加藤市長は「類似する学生への謝礼など、他に金銭授受はないことを確認。このような事態が絶対にないよう部次長会議、課長会議で伝えた。現在はこのようなことは起きていない」と話した。

[ 2014-07-15-19:00 ]


元気な呼び込みの声響く
美深高養窯業科3年が販売会

 【名寄・美深】美深高等養護学校(佐々木誉之校長)生活窯業科3年生8人による名寄販売会が15日に西條名寄店で開かれ、生徒手作りのコップや皿などを買い求める市民でにぎわった。
 販売活動を通して協調性や責任感、今後の作業実習への意欲向上を図ることなどが目的の製品・展示販売会。
 販売品は、今年4月から実習で製作してきたカレーやサンマ用、ハート型といった各種皿をはじめ、色とりどりのマグカップ、花瓶、焼酎サーバー、キャンドルスタンドなど40種類約500点を用意した。
 生徒は元気な声で「いらっしゃいませ」と呼び込み、製品をアピール。多くの買い物客が足を止め、数十円から数百円と手に取りやすい価格帯の品物に目移りしている様子。手作りの製品に「かわいいものが多い」と講評だった。

(写真=多くの買い物客でにぎわった名寄販売会)

[ 2014-07-15-19:00 ]


戦没者へ音色を届ける
下川の子供たちが追悼献奏

 【下川】「尊い命が戦争の犠牲となったことを後世へ伝え、永遠の平和を誓おう」。町主催の下川町戦没者追悼式の献奏と式典が14日に役場前と公民館大ホールで行われた。
 献奏は役場前を会場に行われ、町幼児センターの5歳児27人、下川小学校4、5、6年の鼓笛隊児童83人、下川中学校吹奏楽部22人、下川商業高校吹奏楽部12人、陸上自衛隊名寄駐屯地音楽隊17人の合計161人が演奏した。青空へ音色を響かせ、戦没者の冥福を祈った。
 式典は公民館大ホールで行われ、今年も遺族、来賓など100人が参列し、戦争で犠牲となった156柱の霊を慰めた。
 会場中央祭壇には菊に囲まれた「下川町戦没者之霊」と記された標柱が置かれ、厳粛なムード。安斎保町長が祭壇に戦没者御霊簿を鎮座。正午のサイレンと同時に一同で黙とう、安斎町長が式辞を述べた。引き続き、遺族一人一人が祭壇に献花を行い、犠牲者の冥福を祈るとともに平和を誓っていた。

(写真=戦没者追悼と平和への願いを込めて演奏した児童生徒)

[2014-07-15-19:00 ]


優勝目指し白熱の試合
名寄・道北6市市立病院対抗野球大会

 【名寄】第48回道北6市市立病院野球大会が13日に市営球場と風連球場で開かれ、各チームが優勝を目指して熱戦を展開した。
 同大会は、旭川、士別、留萌、深川、稚内、名寄にある市立病院の相互交流などを目的に、毎年持ち回りで開催しているもの。今年は名寄が開催地となり、各病院職員で編成された6チームが参加し、トーナメント戦で白熱した試合を繰り広げた。
 試合では、豪快なスイングによる長打や相手にヒットを許さない鋭いピッチングの他、相手投手が投げるボールをしっかりと見極めてフォアボールを選んだり、相手投手の隙をついた盗塁など、各チームが日ごろの練習成果をぶつけ合った。また、市営球場では、開催地を代表して和泉裕一名寄市立総合病院院長による始球式が行われた後、1回戦に地元の名寄が登場。深川と対戦したが、結果、2対5で惜しくも敗れ、1回戦で姿を消した。
 成績は次の通り。
(1)市立旭川病院(2)深川市立病院

(写真=練習成果をぶつけ合った病院対抗野球大会)

[2014-07-15-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.