地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年7月10日

道内35市中で最も高い97・5%
名寄市・25年度の市税収納状況まとめる

 【名寄】名寄市では、市税の滞納処分強化や納税意識高揚の取り組みを通して、収納率向上に努めているが、25年度の市税収納率(現年課税分と滞納繰越分)は97・5%となり、前年度に続き道内35市中最も高い収納率となった。高納税率確保の要因で、市税務課は「ここ5、6年にわたって、現年中にできるだけ徴収することに力を注いでいる。また、23年度から実施のインターネット公売といった目に見える対応なども、市民の納税意識高揚につながっているのでは」と説明する。
 市税務課によると、名寄市の自主財源の根幹となっているのが市税収入(現年課税分と滞納繰越分)で、25年度市税全体の調定額は31億5300万円。これに対し収納額は30億7400万円で、収納率は97・5%(前年度比1ポイント増)となり、道内35市中第1位となった。北海道市長会のまとめによると、第2位は札幌市(収納率96・7%)、第3位は千歳市(同95・9%)。
 市税を税目別にみると、収入の大半を占めている市民税(個人、法人)は、個人市民税調停額が12億5400万円に対し、収納額が12億2300万円で、収納率は97・5%。一方、法人市民税は調停額2億3400万円に対し、収納額が2億3200万円で、収納率は99・7%。個人・法人を合わせた市民税収納率は97・8%(前年度比0・5ポイント増)で、道内の都市中第1位。この他、固定資産税の収納率は96・7%で第2位、軽自動車税は98・1%で第3位。都市計画税は第2位と、いずれの税目も上位を占めた。
 また、25年度市税総計の滞納繰越分は、調定額1億327万円に対し、収納額3872万円で、収納率は37・5%(同10・3ポイント増)と大幅に上昇。市税務課では「納税意識の向上が数字となって表れている」としている。

[ 2014-07-10-19:00 ]


水稲、畑作とも順調
名寄支所1日作況・降水ほとんどなく虫害注意

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所では、7月1日現在の農作物生育状況をまとめた。水稲、畑作とも生育は順調だが、6月下旬以降、ほとんど降水がなく、一雨を期待している。
 水稲(もち)は、幼穂形成期に入っており、生育は平年比4日早まっている。草丈は平年より長く、葉数はやや多く、茎数は多い。
 秋まき小麦は、乳熟期に入り、生育は平年より4日早いが、稈長(かんちょう)は平年に比べ短く、穂数も少ない。穂長は平年並みとなっている。
 バレイショは、開花期を迎えており、生育は平年比5日早まっている。茎長は平年より長く、茎数は平年並みとなっている。
 大豆は、生育が平年より2日早く、草丈は平年に比べ長く、葉数は多くなっている。
 小豆は、生育が平年比3日早まっており、草丈は平年より長く、葉数も多い。
 てんさいは、生育が平年より6日早く、草丈は平年に比べると長く、葉数は多くなっている。
 牧草(1番草)は、収穫期(6月27日)を迎えており、収穫作業は平年並みに推移している。
 トウモロコシ(サイレージ用)は、生育が平年より3日早く、草丈は平年に比べやや長く、葉数はやや多くなっている。
 6月半ば以降の気象経過をみると、気温は4半旬(16日〜20日)と5半旬(21日〜25日)は平年並み、6半旬(26日〜30日)は高めに推移。降水量では4半旬が平年より多かったが、5半旬以降は少なかった。同支所では「生育は順調だが、6月5半旬以降、ほとんど降水がないため、雨が欲しいところ。また『ヨトウガ』の発生が多く、防除に入っているが、今後も虫害の発生に注意してください」と呼び掛けている。

[ 2014-07-10-19:00 ]


恒久平和を誓う
名寄市・戦没者追悼式に200人が参列

 【名寄】26年度名寄市戦没者追悼式が10日、市民文化センターで行われ、参列者たちは戦争で犠牲となった人たちの冥福を祈りながら、恒久平和を誓った。
 追悼式は、市や遺族会、社会福祉協議会、町内会連合会で組織の同追悼事業実行委員会(加藤剛士市長)の主催で毎年行っており、今年は遺族をはじめ、来賓ら約200人が参列した。
 会場には、白菊で飾ったステージ中央に「名寄市戦没者之霊」と書かれた慰霊碑が設置され、加藤実行委員長が戦没者慰霊名簿を鎮座。「君が代」を斉唱するとともに、黙とうを捧げた。続いて、加藤実行委員長が「今日の平和は、幾多の激しい戦いで亡くなられた人たちによって築かれたもの。この尊い犠牲を忘れてはならない」などと式辞。
 また、日本詩吟学院岳風会名寄支部会員が、追悼詩吟「英霊南より還る」をささげるとともに、参列者一人一人が献花し、恒久平和に願いを込めていた。

(献花や献吟で冥福を祈った追悼式)

[2014-07-10-19:00 ]


許諾なくソフト送信
名寄・著作権法違反で逮捕

 【名寄】著作権者の許諾なく、インターネットのオークションサイトで音楽プログラムなどのソフトを送信していたとして、名寄警察署、道警旭川方面本部生活安全課、道警本部サイバー犯罪対策課は9日午後0時52分、名寄市日進の無職、水間丈二容疑者(38)を著作権法違反で通常逮捕した。
 同署などによると、水間容疑者は昨年8月29日ころから今年5月19日ころまでの間、著作権者の許諾を得ることなく、インターネットのオークションサイトで、ヤマハなどの音楽プログラムソフト「VOCALOID2初音ミク」、オフィスソフト「Microsoft Office」、地図ソフト「ゼンリン電子地図帳」の3点をサーバーコンピューターに記憶、蔵置させながら、不特定多数の者に自動送信し得る状態にし、著作権を侵害した。
 オークション落札者に対してはサイト内のメッセージ機能を使用し、ソフトウエアをダウンロードするためのURLを伝え、ダウンロードさせていた。犯行に及んだ9カ月ほどの間に300万円ほど不正に利益を上げていたという。
 捜査員がサイバーパトロールしていたところ、オークションサイトで極端に安価で出品されているソフトウエアを発見し、検挙に至った。取り調べに対し、容疑を認めている。

(写真=パソコンや決済用の通帳、カードなどの証拠品)

[2014-07-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.