地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2014年1月18

空き巣など侵入盗目立つ
名寄警察署25年概要・人身交通事故が増加

 【名寄】名寄警察署(渡邊政人署長)は、25年の事件事故発生概要をまとめた。刑法犯認知は全件数で前年に比べ減少したが、空き巣など侵入盗の増加が目立っており、住宅などの確実な施錠を促している。交通事故では死者が2年ぶりにゼロとなったものの、人身事故件数は前年に比べ増加。特徴として第1当事者や負傷者が高齢者(65歳以上)、道路形状別では交差点が多く、高齢者への事故防止啓発や交差点での一時不停止取り締まりなどを強化することにしている。
 刑法犯認知は118件で前年に比べ28件減。罪状別に非侵入盗が80件(前年比33件減)と最も多く、次いで侵入盗10件(同8件増)、粗暴犯8件(同1件増)、知能犯3件(同2件減)などが続いている。殺人や強盗、放火、強姦(ごうかん)、略取誘拐、強制わいせつといった凶悪犯はゼロ(同3件減)だった。
 非侵入盗の内訳は自転車盗23件、万引き22件、車上狙い9件、置き引き6件、タイヤ盗などその他20件。そのうち自転車盗は前年比5件増加している。
 また、侵入盗は空き巣が4件、出店荒らしなどその他6件。空き巣は前年比3件増加、その他も前年比5件増加しており、同署では「安全安心に慣れ、住宅や物置、車庫、自転車、自動車などの鍵をかけないでしまっている人が多い。被害を防ぐためには、隙を見せず、施錠する癖を身に付けてほしい」と強く訴えている。

[ 2014-01-18-19:00 ]


台湾の高校6校訪れる
名寄市・今月末から2月に修学旅行で

 【名寄】台湾の高校6校が、今月末から2月にかけて名寄市内を修学旅行で訪れることが決まった。名寄市と台湾の青少年交流団体「救国団」が青少年交流推進を目指す宣言書を取り交わしたことによるもので、期間中は地元高校生との交流やスキー体験、市立天文台見学などが盛り込まれている。
 市では、昨年12月末に台北で開催された「交流自治体中学生親善野球大会」と併せて、加藤剛士市長をはじめとする名寄市訪問団が台湾国際教育旅行連盟、救国団、台湾観光協会などを訪問。名寄と台湾双方の交流推進に向け、冬季スポーツ施設が充実している名寄をPRしている。さらに、救国団と青少年交流推進に関する宣言書を取り交わしており、高校(台湾では高級中学)の修学旅行誘致を目指しているが、早速、実現することになった。
 今回は6校が名寄を訪問する予定。今月26日から27日は国立鹿港高級中学の生徒30人が訪れ、名寄産業高校での歓迎式とグループ学習、名寄高校での授業をはじめ、スキー体験、市立天文台見学を予定している。
 2月19日から20日は桃園県立平鎮高級中学の生徒32人が訪問。地元高校生と交流の場も設けながら、スキーやカーリング体験、天文台見学を計画している。2月25日から26日は国立玉井高級工商職業学校など4校合同で生徒32人が訪れる。期間中はスキーやスノーモービル、チューブ滑り、餅つき体験、天文台見学とともに、高校生との交流も予定している。
 市では、台湾からの高校修学旅行誘致を足掛かりに、さらなる観光客呼び込みを狙うとともに、国際交流拡大を図る方針。

2014-01-18-19:00 ]


最優秀賞に村上さん
下川町児童生徒福祉標語表彰

 【下川】下川町ボランティアセンター運営委員会(筒渕忠雄委員長)主催の第16回下川町児童生徒福祉標語コンクール表彰が17日、バスターミナルで開催された「町社会福祉大会」席上で行われた。最優秀賞には、下川商業高校1年の村上菜緒さんの作品「差しのべよう みんなで協力 救いの手」が選ばれた。
 同コンクールには、小中高生合わせて314点の応募があり、入賞作品12点が選ばれた。作品は1年間、各種印刷物などに利用され、福祉社会づくりに役立てられる。
 最優秀賞の村上さんは「すぐひらめいた言葉だった。団結すると大きな力を生むことを学校で実感している。福祉でも相手の立場になって考え、支え合えたらと思う」と語る。

(写真=福祉標語コンクールで入賞した児童生徒)

[2014-01-18-19:00 ]


子供たちが音楽に親しむ
名高吹奏楽部のコンサート

 【名寄】名寄高校吹奏楽部(岩谷信宏部長、部員32人)のミニコンサートが17日に学童保育所コロポックル(西2南2)で開かれ、同所に通う子供たちが音楽の楽しさに触れた。
 同吹奏楽部では、地域住民に演奏の楽しさを知ってもらおうと、市内で音楽発表などの活動も展開。コロポックルでのコンサートは、小学校時代に同所へ通っていた吹奏楽部員の発案で開催したことがきっかけとなり、3年前から年1回開催している。
 今年のミニコンサートは、同所のお泊り会に合わせて開催。ステージでは、テレビ番組「笑っていいとも」のテーマ曲「ウキウキWatching」のトーンチャイム演奏をはじめ、「思い出は銀の笛」のフルート三重奏、「クラリネットこわしちゃった」などのクラリネット四重奏、「ルーマニア民族舞曲」の木管五重奏、サックス六重奏による「サクソフォン・シャンソネットUミュゼット」などが次々に披露された。子供たちは、さまざまな楽器が奏でる音色と美しいメロディーに耳を傾けながら、音楽に親しんでいた。

(写真=コロポックルで開かれたコンサート)

[ 2014-01-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.