地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年10月30

道内15地域の特産品など販売
新千歳空港でおみやげ広場・名寄YEGも参加

 道内各地の特産品や一押しの商品をPR・販売する「北海道ご当地限定おみやげ広場&グルメ広場」が、11月2、3の両日に新千歳空港ターミナルビルで開かれるが、名寄からも名寄煮込みジンギスカンなど11点を出品する。
 北海道商工会議所青年部連合会が主催、同連合会加入各青年共催で初めて開催するイベントで、根室、帯広、登別など道内15地域のご当地限定お土産90品目を持ち寄り販売、観光をPRする。時間は午前10時から、2日は午後5時まで、3日は同3時まで。
 名寄商工会議所青年部(阿部潤司会長)からも「YEGが創る夢ある北海道会議」の出向メンバー8人が参加する。
 名寄から出品する商品はニチロ畜産の「名寄煮込みジンギスカン」、東陽軒の「ソフトクッキー」「ひまわり畑(クッキー)」、喜信堂の「星に願いを(同)」、ブラジルの「なよろプリン」「純正小麦ロール」「ドームチーズ(ケーキ)」、千虎の「かぼちゃパイ」、名寄給食センターの「ひまわり油北の耀き」「ひまわりオイルドレッシング」、小国産業の「太鼓ストラップ」。
 イートインでその場で食べられる商品もあり、名寄では煮込みジンギスカンを提供。地方発送も行う。また、根室直送の花咲ガニが当たる「北海道ご当地夢の抽選会」も行われる他、ちびっこふわふわ広場(両日とも午前10時から午後3時まで)なども設置する。

[ 2013-10-30-19:00 ]


個人で渡辺健人君優勝
下中剣道部が上川新人戦で健闘・団体で男子1位、女子2位

 【下川】下川中学校剣道部(江口聖学部長)が、26日に旭川市で開かれた第40回上川管内中学校剣道新人戦大会の男子団体戦で優勝、女子団体戦で2位、男子個人戦では渡辺健斗君(2年)が優勝、その弟、渡辺康成君(1年)も3位入賞を果たした。男子と女子ともに、来年1月12日に千歳市で開かれる全道大会団体戦に出場する。
 下川中学校の剣道部は、1、2年生10人が所属し、下川剣道少年団でけいこを重ねている。同大会の男子個人戦では、上川管内の中学1、2年生88人が出場。健斗君は次々と勝ち進み、決勝戦では神居東から出場した生徒を相手に面を2本決めて優勝した。康成君も3位入賞を果たした。健斗君は「初戦から厳しい試合展開となり、どこまで勝てるか自信はなかった。負けてもいいから満足できる試合をしようと挑んだ」と振り返る。
 1チーム5人編成の男子団体戦では14チームが出場し、下川勢は康成君、健斗君、大野真周君(2年)、江口君(2年)、堀川大地君(2年)で挑み、決勝で啓北(旭川)を破って優勝した。
 1チーム3人編成の女子団体戦は10チームが出場し、丹野姫花さん、豊島颯紀さん、木田万鈴さん(以上2年)で挑み、決勝へ進出したが、強豪・東川に敗れた。それでも2位入賞と健闘した。補欠の猪苅優夏さん、中村彩花さん(以上2年)も会場でチームを応援した。
 下川中剣道部顧問の山川美紀さんは「部員は全員2年生以下。夏までは3年生相手に戦ってきたが、新人戦では同学年が相手。負けられないという意気込みを感じた。チームとしてのレベルも上がったと思う」と活躍をたたえている。

(写真=新人戦全道出場を決めた下川中学校剣道部)

[ 2013-10-30-19:00 ]


名寄駐屯地からも参加
陸上自衛隊の協同転地演習

 迅速な機動展開などを目的とした陸上自衛隊の「協同転地演習」に、第2師団(司令部・旭川)が参加する。名寄に駐屯している第3普通科連隊(岡部勝昭連隊長)、第2偵察隊(西藤寿洋隊長)も九州で行われる同演習に参加するため、25日の先発隊出発を皮切りに、主力部隊も目的地に向け移動を行っている。
 名寄駐屯地によると、この演習は、部隊の長距離機動に必要な統制・調整能力の向上と、部隊の展開能力を高め、転地先での訓練を通じ各種事態に対する即応性の向上を目的としたもの。北部方面隊は平成17年から同演習に参加している。
 今回の演習には、第2師団から隊員約850人、車両350両が参加。名寄の部隊も25日から順次、目的地に向け移動を開始。車両での長距離機動をはじめ、民間フェリー、民間航空機、官用機、JRなどの移動経路を通じ、11月1日までに九州入りする計画。その後、熊本・大分両県の演習場で訓練を行い、同25日に名寄駐屯地に帰隊する。

(写真=九州に向け名寄を出発する部隊)

[2013-10-30-19:00 ]


多彩な演目で交流
名老連風連ふれあい演芸会

 【名寄】名寄市老人クラブ連合会風連支部(菅野正雄支部長)の第8回ふれあい演芸会が29日、ふうれん地域交流センターで開かれ、多彩な演目を楽しんだ。
 風連地区では9の老人クラブがそれぞれの地域で活動し、親睦を深めている。
 開会で、菅野支部長は「今日は交流をより深める機会にしてほしい」と挨拶。来賓の佐々木雅之副市長と中野秀敏道議会議員も挨拶した。
 ステージは、横田三郎さん(日進)のカラオケ「哀愁列車」で幕開け。カラオケを中心にそれぞれの十八番の歌で自慢ののどを披露した。
 さらに舞踊「河内おとこ節」、演劇「清水次郎長伝」、コーラス「風連小唄」などを繰り広げてムードを盛り上げ、観衆から温かい拍手が送られた。
 また、会場受け付けでは「赤い羽根共同募金」への協力を呼び掛けていた。

(写真=風連地区の9クラブが出演した「ふれあい演芸会」)

[ 2013-10-30-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.