地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年10月24

市内10小学校で計236人
名寄の来年度入学予定者数

 【名寄】名寄市教育委員会によると、10月1日現在の来年度小学校入学予定者数は、10校で236人となっている。24年同月比では33人の減。中名寄小学校は25年度の1年生が2人に対し、来年度の入学予定者はゼロとなっている他、智恵文、風連下多寄、東風連の3小学校が予定者10人以下と、やはり農村部での入学者が減っていることを示す数字となっている。また、最も多い名寄南小学校は本年度、3クラスだったが、来年度は2クラスの予定だ。
 市内の小学校は、風連日進小学校の廃校に伴い、名寄地区7校、風連地区3校の合わせて10校となっている。25年度4月現在の市内全小学校の学年別児童数をみると、1年生が266人、2年生213人、3年生233人、4年生237人、5年生270人、6年生245人の合計1464人となっている。学年により児童数に差があり、来年度の入学者数236人は、特に少ないという数字ではないものの、少子化傾向が進んでいることをうかがわす数字だ。
 学校別での児童数をみると、最も多いのが名寄南小学校の380人。1年生は75人おり、25年度から1年生は1学級定員が35人となったことから、市内で唯一の3クラス編成となっている。来年度はやはり市内で最も多い66人の入学予定者がおり、2クラス編成となりそう。

[ 2013-10-24-19:00 ]


金婚夫婦21組を祝福
下川町で社協が祝賀会開く

 【下川】結婚50年の節目を迎えた夫婦を祝う下川町、下川町社会福祉協議会主催の金婚祝賀会が23日にバスターミナルで開かれた。
 今年は昭和38年に結婚した夫婦21組を招待し、うち14組が出席した。町議会、民生児童委員、公区長、福祉関係者など約40人が祝福に駆け付けた。金婚夫婦各組は安斎保町長から金婚証記、花束を手渡され、感慨深げな表情を見せていた。
 安斎町長は「さまざまな苦労を乗り越え、金婚の年を迎えられたことは誠にめでたい。結婚された昭和38年の下川町は町立病院新館落成や交通安全町宣言を行い、農業構造改善事業計画を樹立し指定され、将来へ飛躍した年となった。皆さんが地域発展に貢献されたからきょうの下川がある。これからも夫婦で充実した日々を過ごしてください」と式辞。また、文梨政幸町社会福祉協議会長が挨拶、谷一之町議会議長が祝辞を寄せた。

(写真=安斎町長から証記を受け取った金婚夫婦)

[ 2013-10-24-19:00 ]


25、26日に杉並区で物産展
名寄・初めて公募し2団体参加

 【名寄】名寄市物産展が、25、26の両日、東京都杉並区で開催される。名寄市は初めて参加者を公募したところ、「ノースファーム44」と「ちえぶん旬四季物語」の2団体が参加し、地場産の野菜類などを販売することになった。
 名寄市は、友好交流自治体の杉並区で10月に開催される「ジャズストリート」というイベントに合わせ、特産品などの販売を行い、名寄市をPRする場としてきている。4回目となる今年は、「北海道名寄市物産展」の名称で名寄市の独自イベントとして名寄の特産品などを紹介する機会と位置付け実施することにし、参加者も初めて公募した。
 参加に当たり、交通費や商品の運搬費用などは自己負担とし、意欲的な事業所の参加により、首都圏での商品紹介の場にしていくことも狙った。結果、トマトジュースのトペンペを加工製造・販売する「ノースファーム44」と、智恵文の農家有志で構成する「ちえぶん四季物語」の2団体から参加申し込みがあった。2団体は昨年に続いての参加だ。
 杉並区の協力を得て、2日間、区役所庁舎前で物産展は開催することになっており、昨年同様に多くの区民らが集まることを、名寄市側でも期待している。

[2013-10-24-19:00 ]


そば打ちとワイン
名寄・ふうれん美人塾で堪能

 【名寄】風連スポーツクラブ「ポポ」(熊谷守会長)主催の「ふうれん美人塾 蕎麦(そば)とワイン」が、23日午後6時からふうれん地域交流センターで開かれ、そば打ちとワインの味わいを楽しんだ。
 「ふうれん美人塾」は、6月から11月まで全8回の運動教室などを計画しているが、6回目となった今回は「食べて美しくなる」をテーマに、そばとワインの効能を学ぶ機会とした。
 女性を中心に家族連れも参加。講師は士別市多寄町の「手打蕎麦淳真」店長の山崎淳司さん、道産ワイン応援団の荒井早百合さんが務めた。
 そば打ちでは、そば粉8割、小麦粉2割の「二八そば」に挑戦。多寄産の新そばを使ったが、新そばは薄く緑色を帯びているのが特徴。水加減に注意しながら、そばを打ち、切りそろえるなど作業。新そばの香りを感じ、味わいを楽しんだ。
 さらに、ワインは道内各地の銘柄が用意され、芳醇(ほうじゅん)な香りを堪能しながら、効能や味わい方などについても学んでいた。

(写真=そば打ちに挑戦する参加者たち)

[ 2013-10-24-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.