地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年10月23

城堀君、高橋君が優勝
道北地方珠算選手権・全日本大会への出場権も獲得

 【名寄】25年度道北地方珠算選手権大会が、このほど旭川道北経済センターで開かれた。名寄地区からは城堀宏斗君(名寄西小6年)が個人総合競技で優勝。また、高橋伸太朗君(剣淵小4年)が個人総合、読み上げ暗算、読み上げ算の3競技で優勝。2人とも昨年に引き続いての優勝で、関係者からも祝福の声が寄せられている。
 同大会は、全国珠算教育連盟道北支部が主催し、旭川や名寄、富良野、滝川などの各地区から83人が出場した。
 城堀君は珠算八段、暗算九段。同じ塾生に誘われ、小学1年生から珠算を習い始めた。今大会では小学5・6年生の部で、掛け算と割り算、見取り算、見取り暗算の得点合計を競う個人総合競技で優勝。「大会前日に熱を出してしまい、しっかり問題を解けるか不安でしたが、自己目標点で1位を取ることができて良かったです」と振り返る。
 高橋君は珠算五段、暗算九段。父親の仕事の関係で美深に住んでいた5歳の時、体験授業で楽しさを感じ珠算を始めた。今大会では小学4年生以下の部で個人総合、読み上げ暗算、読み上げ算の3競技で優勝。個人総合の掛け算、割り算は暗算でも解答可能で「暗算ができたので、昨年よりも問題数を多く解くことができました」と成果を語る。
 城堀君と高橋君の段位まで進むと、見取り算や見取り暗算の桁数は最大で13桁(1兆)にもなる難問が続くため、「早く計算できるようになりました」と一言。2人とも昨年に引き続いての優勝で、来年8月に京都で開催される「全日本珠算選手権大会」の出場権を得ており、週3日の塾通いと普段からの練習に励んでいる。

(写真=2年連続の優勝に笑顔を浮かべる高橋君=左=、城堀君)

[ 2013-10-23-19:00 ]


厚生労働大臣から感謝状
名寄市の今田さん・薬物乱用防止に貢献

 【名寄】厚生労働大臣感謝状の伝達式が22日、名寄保健所(大原宰所長)で行われ、長年にわたって麻薬・覚せい剤乱用防止運動に大きく貢献したとして、市内西3南7で薬局を経営している今田博敏さん(61)に、大原所長から感謝状が手渡された。
 今田さんは、昭和57年に名寄市の推薦を受けて道の薬物乱用防止指導員となり、現在は北海道薬物乱用防止上川北部地区協議会長、北海道薬物乱用防止指導員連合協議会副会長なども務めている。
 また、ボールペンやポケットティッシュを使って啓発グッズを作って配布したり、プライベートで外出する際も自家用車にステッカーを張って啓発するなど、30年以上にわたって青少年を中心とした薬物乱用防止活動に尽力している。
 今回の感謝状は、これらの長年にわたる功績をたたえたもので、伝達式で大原所長が「長年の活動に対して感謝しています。青少年による麻薬や覚せい剤の使用は、力を入れて取り組まなければならない問題であり、今後も力を貸していただきたい」と述べて感謝状を手渡した。
 これを受けた今田さんは「あと何年できるか―と考えていたが、この感謝状を機に気持ちを入れ替えて10年、20年頑張りたい」と話していた。

(写真=厚生労働大臣の感謝状を受けた今田さん)

[ 2013-10-23-19:00 ]


陸上、水泳競技で優勝
SON道地区大会・名寄地区会の5人が活躍

 2013年第6回スペシャルオリンピックス日本(SON)・北海道夏季地区大会が10月に紋別市で開かれ、SON・北海道名寄地区会(木賀義晴地区長)から出場したアスリート5人が、陸上、水泳の各競技で優勝する活躍ぶりを見せた。
 SOは知的発達障がいのある人たちの社会参加と自立を目的とした国際的なスポーツ組織。名寄地区会は18年11月に発足。アスリート(スポーツ活動に参加する選手)20人をはじめ、名寄市立大学SOサークル、ボランティア、ファミリーなどが中心となり、陸上、水泳、スキー、ボウリングなど、年間を通じたスポーツプログラムを展開している。
 紋別市で開かれた北海道夏季地区大会は、日ごろのトレーニング成果を発表する場であるとともに、来年11月に福岡県で開催される「SON夏季ナショナルゲーム」(4年に1度の全国大会)に出場する北海道選手団選考を兼ねたもの。アスリート40人の他、ボランティア、ファミリーなど230人が参加した。
 競技は、アスリートの性別や年齢、競技能力の到達度などに応じディビジョニング(グループ分け)して実施。名寄地区会からは陸上競技に、小峰雅典さん(30)、大黒亮さん(20)。水泳に堀合圭悟さん(13)、山本萌華さん(13)、米沼大地さん(10)の5人が出場。
 結果、小峰さん(ディビジョンM―1)は1500メートル1位、100メートル3位。大黒さん(同)は100メートル2位、走り幅跳び1位。水泳(ビート板25メートルアシスト)で、堀合さん(ディビジョンM―1)、米沼さん(同M―2)、山本さん(同F―1)が、各ディビジョンで1位に輝き、道選手団入りを有力なものとした。

[2013-10-23-19:00 ]


笑いや感動ありの舞台楽しむ
名寄・ピヤシリ大学祭で芸能発表

 【名寄】名寄ピヤシリ大学(学長・小野浩一市教育長)の第24回大学祭が、16日からの作品展示を皮切りに市民文化センターで開かれたが、最終日の22日は芸能発表が行われ、学生の見事なステージが披露された。
 同大学祭は、1年間の学習成果を広く市民に披露しよう―と、実行委員会(西岡孝男委員長)を組織して準備してきた。
 開会式の後、1年生による「ヒットソングショー」から開演。4年生は「ヨサコイソーラン」を披露。3年生は揃いの衣装を身に着けて「潮騒のメモリー」と「ランナウェイ」を歌って踊り、客席を沸かせた。
 この他、同窓生が現代舞踊、合吟を披露。学生が所属する音楽クラブは「音楽で日本縦断ご当地ソング」と題して「知床旅情」「銀座カンカン娘」など地域にまつわる曲を合唱。最後に同学の校歌を会場全員で合唱した。
 学生は学年ごとに練習してきた笑いあり、感動ありの息の合ったステージで客席を楽しませ、発表が終わるごとに大きな拍手が送られていた。

(写真=学年ごとに見事なステージを披露した芸能発表)

[ 2013-10-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.