地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年8月16

名寄の短い夏満喫
市民盆踊り・浴衣姿や仮装姿で大きな輪

 【名寄】夏の風物詩の一つである「市民盆踊り大会」が15日に南広場で開かれ、浴衣姿や趣向を凝らした仮装姿の市民による大きな輪が広がった。
 実行委員会(中村雅光委員長)が主催する名寄の夏祭りイベントを締めくくる大会。当初は14、15の2日間の日程を組んでいたが、初日は降雨のため中止となり、1日のみの開催となった。
 市民約1100人(主催者発表)が来場。盆踊りは、午後6時半からの子供盆踊りと、同7時半からの北海盆踊り・仮装盆踊りの2部に分けて実施され、太鼓演奏は名寄太鼓「源響」、音頭&伴奏は名寄民謡協会などが協力。子供盆踊りでは、色とりどりの浴衣姿の子供たちが元気いっぱいの踊りを見せた一方、保護者は、わが子の姿を写真に収めようようとカメラを構え、記録を残していた。
 仮装盆踊りは3人(個人の部)、5団体(団体の部)が参加。バルーンアートに身を包んだり、ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二さんや白雪姫と7人の小人などに扮(ふん)して踊り、会場に足を運んだ来場者の目を楽しませた他、北海盆踊りでも多くの市民で踊りの輪をつくるなど、名寄の短い夏を満喫している様子だった。

(写真=多くの市民が大きな輪をつくった盆踊り大会)

[ 2013-08-16-19:00 ]


20年ぶりの再会喜び合う
名寄中学校・「立志の像」開扉

 【名寄】名寄中学校第46期生の「立志の像」開扉式が15日に同校で行われ、懐かしの学びやに集まった同期生や当時の担任教諭たちが20年ぶりの再会を喜び合った。
 同校は、昭和55年の現校舎移転改築を記念し、生徒の多幸を祈るため、前庭に男女の生徒が並んで立つ「立志の像」を建立。像の台座の中にタイムカプセルを保存する仕掛けになっており、56年3月から卒業生が将来の自分に宛てた手紙を納め、20年後に開扉している。
 本年度は、平成5年3月卒業の第46期生約190人の開扉式。地元有志で実行委員会(中村耕司委員長)を立ち上げ、1月から準備を進めてきた。
 式には同期生75人、当時の担任教諭3人が出席。同期生代表の白取絵梨さん(旧姓・佐久間)、田村博さんらが立志の像を開扉。保存されていた自分宛ての手紙を取り出して各自に返却。自分が書いた手紙を20年ぶりに笑顔で読み返す光景が見られ、当時の学校生活を懐かしんでいる様子だった。
 その後、校舎見学や校舎周辺を清掃した後、ホテル藤花で祝賀会を開催。旧友と思い出話に花を咲かせながら笑い合う楽しい時間を過ごしていた。また、母校への恩返しとして部活動支援金を募り、9月上旬までに同校へ届けることにしている。

(写真=自分に宛てた手紙を読む46期生)

[ 2013-08-16-19:00 ]


支部対抗リレーで優勝
ひまわりサイクル・北海道一輪車競技大会に出場

 【名寄・美深】北海道一輪車協会主催の第28回さわやか北海道一輪車競技大会が、このほど、江別市内の道立野幌総合運動公園陸上競技場で開かれ、名寄ひまわりサイクルが支部対抗リレーで優勝を果たした。
 大会には全道各地から98人が出場。そのうち名寄ひまわりサイクルから13人、美深一輪車クラブから3人が挑戦した。
 支部対抗リレーでは、名寄ひまわりサイクルの三浦春希君(智恵文小3年)、松村日奈さん(智恵文小6年)、松下由季さん(名寄高2年)、松井彩華さん(一般)のチームが見事優勝。同チームは平成18年から21年まで4年連続優勝し、その後、22年から24年までは準優勝。今年は4年ぶりの優勝に輝き、仲間たちで喜びを分かち合っていた。
 また、個人戦でも多くの選手が優勝するなど健闘した。

(写真=優勝した名寄ひまわりサイクルのメンバーたち)

[ 2013-08-16-19:00 ]


樹皮や端材で船作り
下川・児童が芸術家講師に木工体験

 【下川】町内に滞在しながら暮らしに実用可能な木工作品「木のデザイン」の創作活動をしている芸術家3人を講師に招いたキッズスクール「木工クラフト教室」(町教育委員会主催)が13日、町内緑町「恵林館」で開かれた。
 講師は木工芸術家でフィンランド・ヘルシンキ市アアルト大学講師のスーサン・エロさんとミッコ・パーカネンさん、東京芸術大学大学院非常勤講師の原口健一さんが務め、町内木工芸センターを利用する木工愛好者たちも協力した。
 町内の小学生13人が参加し、地元の森林から採取された枝、樹皮、端材などを利用して、船の模型を制作した。端材などで作った船底に枝を突き刺し、樹皮を張って帆を作り、木の実や端材で飾り付けて、個性いっぱいのヨットに仕上げた。
 児童は夢中で制作に取り組み、身近な森から出る未利用材で工作が楽しめることを肌で感じるとともに、工作に必要な創作力も育んだようだ。

(写真=森から採取された未利用材で船の模型を作った児童)

[ 2013-08-16-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.