地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年7月6

自主研修を5年ぶりに復活
名寄市の職員研修・アンケート調査を実施

 【名寄】名寄市は、職員の資質向上に向けた各種研修に取り組んでいる。本年度も、財政学習会などを継続する他、希望する研修内容などを探るためのアンケート調査を実施する。また、政策形成に向けた研修を引き続き実施し、職員の政策提案の具現化を目指す。さらに、自主研修を5年ぶりに復活させ、今後の市政推進に役立つ先進地の視察をグループで行えるようにする計画で、内容を詰めていく考えだ。
 24年度の職員研修実施状況をみると、新規採用職員を対象にした研修を年間6回開設した他、中級職員の人事評価制度研修や上級職員のストレスマネジメント研修などを開設し、資質の向上を図っている。
 このうち、24年度は新たに政策形成研修を取り入れた。政策に関する職員提案を行う方法として、従来は職員個人や職場の課単位で行ってもらってきた。だが、この種の提案では限界に近づきつつあるとの判断から、新たな企画、政策形成ができるグループづくりを行うことにした。
 本年度も、グループづくりに向けた理解を深めてもらう研修の場を引き続き設け、具体的な職員提案にまで発展させていきたい考えだ。これらを踏まえて市は、職員研修の機会充実に向け、研修に関するアンケート調査も実施する計画。加えて、大学や病院などを除く一般事務職員を対象に希望する研修内容や講師などを調査し、今後の研修計画に反映させることにしており、8月ごろの実施を予定している。
 また、本年度は5年ぶりに自主研修を復活させる考え。計画によると、3人から5人のグループで、希望する道外の自治体に研修に行ってもらう。視察先や日程などの研修内容は、それぞれのグループで自主的に決めてもらう。上限5万円で、旅費の2分の1を補助していく方向で検討している。
 研修内容の報告は義務付けしていくことにし、早ければ8月ごろには職員から公募をしていく計画で、具体的な内容を詰めている。さらに市では、専門的な分野だけではなく、公務員倫理などを含めた年間スケジュールを組み、各種研修の機会を引き続き提供していく。

[ 2013-07-06-19:00 ]


魚つかみ取りなど企画
てっしフェス・全体スケジュールまとまる

 【名寄】7月28日に天塩川曙橋下流河川敷を会場に開催される「てっしフェスティバル」の全体スケジュールが決まった。今年は子供向けプログラムとして魚のつかみ取りを用意する他、炭酸飲料「リボンシトロン」のキャラクター「リボンちゃん」も登場する。また、恒例の野外ライブコンサートには、歌手でタレントのブラザー・トムさんが出演し、花火大会では「ヒマワリ」を模した花火などを打ち上げる。その他、地元団体によるステージイベントも行われる。
 同フェス実行委員会(会長・吉田肇なよろ観光まちづくり協会長)が主催。名寄の真夏の夜を盛り上げるイベントとして、近隣市町村からも多くの人が訪れている。
 イベント日程は、午後1時のリバーバレーでスタート。同1時半からは、子供を対象とした魚のつかみ取り「巨大水そうでつかみどりダァーー!!!」で、水槽に足を入れてニジマスやヤマベなどのつかみ取りを楽しんでもらう。
 また、同時刻に「リボンシトロン」のキャラクター「リボンちゃん」が登場する「リボンでつなごう!北海道。2013」も。この取り組みは、道内の各市町村を「リボンちゃん」が巡っているもので、その一環として名寄を訪れる。
 同3時からは売店が開店するとともに、ステージイベントもスタート。名寄太鼓、風連御料太鼓、風舞連、美深あっぱれ隊、びまわりちびっこ隊、北鼓童なよろ、あすぱLOVEが出演する予定。
 同5時半からは野外ライブコンサート。日高管内新冠町生まれのシンガー・ソングライター、向井成一郎さんに続き、「WON’T BE LONG」などのヒット曲で知られるブラザー・トムさんが出演し、ムードを熱く盛り上げる。
 同7時40分からの花火大会では、「ひまわりの街なよろ 真夏の夜空に咲くひまわり畑」をテーマに、ヒマワリ型などの花火を打ち上げ、夜空を美しく鮮やかに彩る。

[ 2013-07-06-19:00 ]


力強い掛け声とともに
名高祭・12基のあんどん練り歩く

 【名寄】名寄高校(丸山年民校長)の第64回名高祭(近藤弘道実行委員長)が、5日からの「あんどん行列」を皮切りに、3日間の日程でスタート。初日の「あんどん行列」は、午後7時半から南広場を出発点に行われ、12基のあんどんがまち中を練り歩いて盛り上がりを見せていた。
 本年度の名高祭テーマは、笠羽康平君ら1年A組男子生徒が考えた「進撃の名高〜Attack of Meiko〜」。ポスターは3年生の木戸志保さん、栗田芽実さん、伊吹里菜さん、新田紗弓さんがデザインした。
 同校の伝統行事となっているあんどん行列では、「LOVE STORY」や「The Grateful Crane〜鶴の贈りもの〜」、「タイガーアンドドラゴン」、「The Palace Under the Sea」など、クラスごとに製作したあんどん12基が、生徒の力強い掛け声とともに市内中心街などを練り歩いた。
 沿道に集まった多くの人たちは、生徒たちの若さあふれる熱気と素晴らしい出来栄えのあんどんに感心していた。
 また、翌6日は吹奏楽部の演奏やクラス演劇を披露。7日は午前9時から午後3時半まで一般公開して個人演芸やのど自慢、クラス展示など多彩な企画が用意されており、多くの人の来場を呼び掛けている。

(写真=各クラスで製作した12基が練り歩いたあんどん行列)

[ 2013-07-06-19:00 ]


願い込めて短冊飾る
名寄・風連児童会館七夕まつり

 【名寄】風連児童会館の「七夕まつり」が5日、同会館屋外で開かれた。参加した子供たちは、それぞれの願い事を書き記した短冊を飾り付けた。
 同館恒例の「七夕まつり」には40人が参加。この日は、子供たちがあらかじめ書いておいた短冊を屋外に設けたヤナギの木につるした。
 短冊には、「大きくなったらパティシエになれますように」「お医者さんになれますように」「アイドルになりたい」「鉄棒ができますように」など、思い思いの願い事や夢が書かれており、自らの手で願いを込めながら短冊を飾り付けた。
 続いて、紙芝居「ほしのおひめさま」の読み聞かせもあり、楽しいひとときを過ごしていた。

(写真=ヤナギの木に短冊を飾り付ける子供たち)

[ 2013-07-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.