地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年7月5

下川でEzoCup開幕
チェーンソー全国大会・国際大会出場の切符懸け激戦

 【下川】道内唯一のチェーンソーアート大会「EzoCup2013・チェンソーアートマスターズコンペティション」が同実行委員会(児玉光実行委員長)主催で、5日からの3日間、桜ヶ丘公園「フレペ広場」で開かれている。また、来年は町内で初の国際大会が開催される予定で、今回はその出場権を懸けた予選会と位置付けて開かれ、激戦が繰り広げられている。
チェーンソーアートは、チェーンソーを使って丸太から彫刻作品を作り上げる芸術。同大会は森林文化を創造し、森の価値を高める機会を―と2年前から開催されている。今年の選抜選手のメーン競技には、山口、和歌山、兵庫、愛知、岩手、青森、岐阜、神奈川、岩手から全国トップレベルのアーティスト5組10人が出場。今回のテーマは「梵(ぼん)」。抽象的な内容だけに、個々の発想力が試されそうだ。
 また、出場者は3日間延べ16時間掛け、長さ3メートル、直径50センチの丸太を削り、作品を仕上げている。作品審査ではストーリー性、デザインの豊かさなどを評価して表彰し、完成作品は同公園に配置して活用する。優勝と各部門入賞の3組6人が、来年の国際大会出場権を得られる。
 初日は午前9時に競技を開始し、一斉にチェーンソーのエンジン音を響かせた。1時間後には犬、鳥、人の顔などを想像させる姿が見え始め、来場者もどんなデザインに仕上がるのか、完成を心待ちにしている様子。作品は姿を変えるため、毎日訪れても楽しめそうで、競技は6日午前9時から再開。7日正午で終了し、午後2時から表彰式が行われる。
 また、6、7の両日は午前11時から町内の国際的チェーンソーアーティスト、児玉実行委員長のクイックカービングショーも行われる。7日午後1時には、クイックカービングショーも開かれ、大会出場者全員が30分間でチェーンソー作品を仕上げ、来場者(子供)にプレゼントする。会場には児玉さんの力作も展示され、観客を楽しませている。

(写真=大きな丸太をチェーンソーで彫る出場者たち)

[ 2013-07-05-19:00 ]


柔道や天文台楽しみ
リンゼイの交換学生・2人が加藤市長を表敬訪問

 【名寄】名寄市と姉妹都市提携を結ぶカナダ・オンタリオ州リンゼイ市(現カワーサレイクス市)から3日、交換学生2人が来名した。2人は5日に市役所名寄庁舎の加藤剛士市長を表敬訪問し、滞在期間中の抱負などを語った。
 リンゼイとの姉妹都市提携は昭和44年。交換学生事業は、48年から名寄・リンゼイ姉妹都市友好委員会(稲場英紀委員長)が取り組んでいるもので、派遣と受け入れを隔年で実施している。
 昨年、名寄市内の高校生2人がリンゼイを訪れたことから、今年は受け入れの年。来名したのは、男子高校生のダン・ハーバートさん(17)とセス・バレットさん(16)の2人。ハーバートさんは柔道やボクシング、バレットさんは2メートルを超える身長を生かし、バスケットボールややり投げを行うなど、共にスポーツマン。
 2人とも今回が初の来日。名寄でホームステイしながら、8月25日まで滞在する予定で、市内の各種イベントに参加する他、名寄高校、名寄産業高校での学校祭や授業にも参加し、高校生同士の交流も深める計画。
 表敬訪問では、2人を出迎えた加藤市長が「長い期間の滞在で、やりたいことを遠慮せずに言ってもらい、いろんなことを経験してほしい」と歓迎した。
 名寄の印象で2人は「住民は友好的で、気さくに声を掛けてくれるなど、さわやかな印象」。体験してみたいことで、ハーバートさんは「名寄市民と柔道をしたい」。バレットさんは「天文台を訪ねてみたい」などと語り、期待を膨らませた。
 稲葉委員長は「2人が滞在中、委員会としてもサポートを充実させたい。ぜひ、座禅や登山、陶芸などの体験機会も設けたい」と話している。

(写真=交換学生のハーバードさん=右=とバレットさん)

[ 2013-07-05-19:00 ]


森林の多目的活用評価
田中環境副大臣が下川町視察

 【下川】田中和徳環境副大臣が、4、5の両日、下川町を訪れ、町が進めている循環型森林経営などの先進的な環境への取り組みを視察した。
 田中副大臣は視察の理由で、「森林の多面的機能を保つため、国土の60%を占める山を各地域が自立して管理、活用できる社会を支援していきたい。そのため、森林資源を生かしている下川町の政策を環境行政、政治家の一員として見に来た」と話していた。
 視察では、町から森林未来都市の概要で説明を受けた後、町有林、森林組合ゼロ・エミッション木材加工場、木質原料製造施設、役場周辺地域熱供給施設、エコハウス、五味温泉木質ボイラー、一の橋集住化住宅(集落再生・エネルギー自給エリア)、チェーンソーアート大会を見て回った。
 下川町の印象で田中副大臣は「知恵を絞りながら多様な資源を使ってビジネスを成り立たせている。前向きに取り組むスピリッツも含め、先進的なモデルとして他市町村に波及させたい」と評価していた。

(写真=森林資源のエネルギー活用を視察した田中環境副大臣)

[ 2013-07-05-19:00 ]


小学生が車と衝突
下川・ヘルメット着用で大事至らず

 【下川】2日夕方、町内錦町商店街区間の国道239号線で、自転車で横断歩道を渡っていた町内の小学生が、通行車両にはねられ、右足を打撲して全治2週間のけがを負った。
 事故が起きたのは国道の信号のない横断歩道。名寄警察署の調べによると、小学生が自転車に乗って南側から北側へ横断していたところ、西側(名寄方面)から走ってきた車両に衝突し、10メートル以上はね飛ばされたとのこと。
 しかし、小学生は右足を打撲した程度だったことに加え、頭も打ったとのことだが、ヘルメットを着用していたこともあり、大事には至らなかった。
 現場近くの人の話しでは、事故が発生したのは、雷が鳴って短時間に激しい雨が降ったころ。事故の天候影響は断定できないが、突然、大雨が降り出すと視界が遮られるため、降雨時の自転車や自動車の運転には一層の注意が必要だ。
 また、今回は自転車を運転していた小学生がヘルメットを着用していたため、頭を打ったにもかかわらず命にかかわるような大きな事故にはならなかった。だが、ヘルメットを着用していなかった場合、命を失いかねない事故となった可能性があるとの見方もできるため、小学生については特に、保護者の責任でヘルメットを着用させるなどの安全対策が必要と言える。

[ 2013-07-05-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.