地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年6月5

7月5日から3日間
チェーンソーアート全国大会下川・初のオープンクラスも設置

 【下川】道内唯一のチェーンソーアート大会として3年目を迎える「EZOCUP2013チェンソーアートマスターズコンペティション」は、7月5日から7日までの3日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。
 チェーンソーアートは、チェーンソーを使って丸太などから彫刻作品を作り上げるもの。同大会は森林組合、観光協会、森の生活、町で組織した実行委員会(児玉光実行委員長)の主催で、下川らしい森林文化を創造し、森の価値を高める機会とするのが狙い。
 来年は初の国際大会として開催する予定で、今回はその出場権をかけた大会。選抜選手によるメーン競技となるカービングの他、自由参加のオープンクラスが新たに設けられる。
 メーン競技には、山口、和歌山、兵庫、愛知、岩手、青森、岐阜、神奈川、岩手から、実績のある全国トップレベルのアーティスト5組10人が出場する。うち初出場は4人。2人1組となり、長さ3メートル、直径50センチの丸太を作品に仕上げて腕を競う。作品テーマは「梵(ぼん)」。優勝と各部門入賞の3組6人が、来年の国際大会出場権を得られる。
 初のオープンクラスは、公募選手10人以内で競技。作品テーマは「ベンチ」。優勝者には、賞金と来年の国際大会出場権が与えられる。なお、完成作品は入札による購入が可能となっている。
 競技日程は7月5、6、7日(5日はメーンカービングのみ)の午前9時から開始し、5、6日は午後5時、7日は正午で終了。7日は、午後1時からクイックカービングショーも開かれる。大会出場者全員が、30分間でチェーンソー作品を仕上げ、来場者(子供)にプレゼントする。同2時から表彰式が行われる。また、6、7の両日は、チェーンソーアート体験なども開かれる。
 また、児玉委員長は「アイスキャンドル、万里長城、うどんの下川3大祭りに並ぶイベントに定着させたい」と話している。

(写真=大会展示用の作品を制作する児玉実行委員長)

[ 2013-06-05-19:00 ]


甘味十分で品質上々
道北なよろ農協・露地アスパラ選別が本格化

 【名寄】道北なよろ農協(中島道昭組合長)の青果センターでは、名寄の特産物で主力作物となっている「グリーンアスパラガス」(露地物)の選別作業が本格化している。雪解け遅れや低温が影響し、昨年に比べて1週間遅い出足だが、同センターでは「最近は気温が上がって生育の遅れを取り戻しつつあり、品質も上々」と話している。
 同農協で取り扱っているグリーンアスパラガスは、朝晩の寒暖差が大きい名寄地方特有の気象条件により、甘みが大きいのが特徴。また、味覚、品質ともに道内外の市場から高い評価を得ており、フレッシュ野菜としての需要も多く、関東を中心に全国各地へ出荷されている。
 本年度の管内作付面積は前年度とほぼ同じ160ヘクタール。計画販売数量は464トンで、計画取扱高は4億4080万円としている。
 今シーズンは雪解け遅れに加え、気温も低めに推移するなどの天候不順が影響し、選別作業は昨年より1週間遅いスタートとなったが、「例年と同様に甘みは十分で品質も高い」と太鼓判を押す。
 作業場では、パートの主婦ら80人が1日8時間態勢で、自動選別機のベルトコンベアで流れてきたアスパラを並べ、しっかりと束ねてから箱へ詰めるなど、忙しく作業する姿が見られている。
 同センターでは「6月15日ごろまでが選別作業のピーク。今のところ霜の心配もなく、出足が遅れながらも幸先よいスタートを切ることができた。現在はLサイズが中心だが、これから生育が進み、2Lサイズも出そろうようになる」と話しており、適度な降雨と気温に恵まれるよう願いを込めている。

(写真=7月10日ごろまで行われる選別作業)

[ 2013-06-05-19:00 ]


今週末ごろ満開に
名寄・サンピラーパークのシバザクラ

 ○…名寄市日進の道立サンピラーパーク「花の丘レストハウス」下の斜面では、シバザクラ(芝桜)が花を付け始めており、訪れる人の目を楽しませている。
 ○…シバザクラは、ハナシノブ科の多年草で、北アメリカ原産。サクラと似た形の花を咲かせるため「シバザクラ」と名付けられた。葉は枝分かれし、地面を覆い尽くすように密生。さらに、寒暖の差や乾燥に強く常緑のため、芝生代わりでも植えられる。
 ○…北海道でもなじみ深く、公園や家庭でも目にすることができ、オホーツク管内滝上町、大空町(旧・東藻琴村)などでは自治体の花に指定されている。
 ○…サンピラーパークのレストハウスは、交流館北東側の小高い丘に建つ休憩所。その斜面下には約300平方メートルにわたりシバザクラが植栽されている。
 ○…今年は、雪解けが遅れたことに加え、低温が続いたことも影響し、開花は例年に比べ1週間程度遅れたが、先週末に気温が上がったため、徐々に花を付け始めている。
 ○…現在、ピンクや白、薄紫など色とりどりの花を咲かせており、花のじゅうたんのような景観。来園者はシバザクラの甘くさわやかな香りを感じつつ、辺り一面に広がる花々を観賞している。
 ○…サンピラーパーク指定管理者の名寄振興公社によると、満開は今週末ごろを見込んでおり、多くの来園を呼び掛けている。

(写真=色とりどりの花を咲かせているシバザクラ)

[ 2013-06-05-19:00 ]


まんぷくサロベツ運行
美深駅でマスコットが出迎え

 【美深・名寄】JR北海道の臨時特急列車「まんぷくサロベツ号」が、4日から札幌〜稚内間で運行開始。初日は美深駅に「美深(びふか)くん&美深(みみ)ちゃん」が登場し、利用客を温かく出迎えた。
 同列車は、通常特急「サロベツ」の運行ダイヤを利用したもので、初夏の観光シーズンに合わせて運転。
 車内販売では、宗谷本線沿線の名物グルメを取りそろえており、ホテル藤花の「なよろバーガー」、もち米の里ふうれん特産館の「ソフト大福」、菓子司すぎむら(美深)の「ピウカ・ボッチャ」などを味わうことができる。
 運行初日の美深駅では、美深町のマスコットキャラクター「美深くん&美深ちゃん」とJR職員が駅ホームに立ち、利用客たちを出迎えるとともに、まちの観光名所をPR。かわいらしい双子のキャラクターと記念撮影をする姿も見られ、人気を集めていた。また、駅に居合わせた町民や鉄道ファンも特別なリゾート列車に見入っていた。
 「まんぷくサロベツ号」の運転日は、稚内行き下り列車が今月25日までの毎週火曜日と金曜日、札幌行き上り列車は26日までの毎週水曜日と土曜日で、運転時刻と停車駅は通常の特急「サロベツ」と同様。

(写真=利用客を出迎える美深くんと美深ちゃん)

[ 2013-06-05-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.