地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年5月27

道のイベントとし復活へ
名寄で天文字焼き復刻パーティー

 【名寄】天翔る炎プロジェクトチーム(竹下宏代表)主催の冬の天文字焼き復刻パーティーが25日にホテル藤花で開かれ、イベントの復活を願い多くの地域住民が交流を深めた。
 天文字焼き保存会の会合(今年4月)で、イベントの復活に向けた新団体「天翔る炎プロジェクトチーム」が発足。チームの発足に伴い、天文字焼き復活への資金造成とその魅力を、名寄市民のみならず広く地域住民にPRし仲間づくりの場とすることを目的に、パーティーを企画した。
 名寄市内外から約300人が参加。竹下代表が「天文字焼きは名寄のイベントではなく、北海道のイベントとして復活させたい。今夜はそのための交流の場。役職や年齢などは一切取り除き、さまざまなアイデアを出してもらいながら活動していきたい」と挨拶。
 乾杯の音頭は、受付で販売されたビンゴカードの裏面にただ1枚、「天」の文字が記されていた人が行うこととし、選ばれた高橋伸典さんによる「天文字焼き復活、頑張ろう」の発声で祝杯を挙げた。
 会場では名寄太鼓保存会「原響」による迫力ある演奏、名寄市立大学ダンスサークルの演舞をはじめ、参加者個人による歌謡、現代舞踊、歌謡曲演舞などのステージやフォトコンテスト企画で盛り上がり、来場者同士が親交を深めた。

(写真=名寄内外から300人が参加したパーティー)

[ 2013-05-27-19:00 ]


新会長に若槻五郎さん
名寄市文化協会で総会・団体数少ない部門も再編

 【名寄】名寄市文化協会(山崎博信会長、加盟36団体)の第56回定期総会が25日に紅花会館で開かれた。任期満了に伴う役員改選が行われ、会長に前副会長の若槻五郎さんを選出。若槻さんは「歴史のある文化協会で皆さんの力添えをいただきながら、道北の文化活動継承に努めたい」と抱負を語った。
 総会で山崎会長は「名寄の文化活動は道北だけではなく、全道でも熱心だといわれている。これからも皆さんと力を合わせ、若い人たちにも協会に入っていただいて活発化させたい。文化活動を絶えず向上させるよう協力をお願いしたい」。来賓の小野浩一市教育長、岡村弘重市公民館長も挨拶した。
 本年度の事業計画は、第52回道北文化集会・上川道民芸術祭の開催(9月8日、士別市民文化センター)、名寄文協賞の表彰(来年1月、新年研修会席上)、文化活動振興基金促進運動「第12回春の響演」開催(来年3月1日、名寄市民会館)、機関紙発行(年2回)などを決めた。
 規約の一部改正も行い、従来の10部門のうち団体数の少ない文芸部、邦楽部、茶・華道部、園芸部を文化部に編入し、6部門に再編した。
 また、副会長は風連町文化協会から1人を迎え入れるとして4人体制としていたが、当面の合併は見送られたため、3人体制に戻した。

(写真=会長に選出され抱負を述べる若槻さん)

[ 2013-05-27-19:00 ]


町への理解を深める
美深で町内施設見学会

 【美深】町が主催の町内施設見学会が26日に町内各所で行われた。
 転勤や移住などで新しく転入した町民を対象に毎年実施。今回も、昨年6月から今春に釧路市や登別市、神奈川県、岡山県、茨城県、大阪府などから転入した子供から大人まで36人が参加した。
 午前9時に町役場議場に集合し、山口信夫町長が「今年は例年よりも10数人多い参加となり、天気にも恵まれた。施設見学会は小学生のころに行った社会見学のようなもの。今日1日お付き合いいただきたい」と挨拶。議場内で参加者全員の集合写真も撮影した。
 続いて、町役場庁舎内と保健センターが案内され、徒歩で町文化会館へ移動。
 この他、リサイクルセンターやスキー場頂上からの町内風景、ほっとプラザ☆スマイル、児童館、チョウザメ館、物産館展示館、望の森などを見て回り、コロッケや美深Wバーガーに舌鼓を打つなどして楽しんだ。
 参加者は町職員の案内を聞きながら、美深町への理解を深めていた。

(写真=子供から大人まで36人が参加した美深町内見学会)

[ 2013-05-27-19:00 ]


思い出に残る活動を
下川消防少年クに8人入会

 【下川】下川少年消防クラブの平成25年度入会式が、25日に下川消防署庁舎で行われ、児童8人が新たに入会した。
 新入会員を含む全クラブ員は小学3〜6年の児童21人。入会式では、堀北修司下川消防署長から新会員に辞令が手渡された。
 続いて、来賓の林雅裕下川小学校校長が「火災予防への意識を高め、さらに家族や住民にも注意を促してほしい」。苅谷勝利下川消防団長が「思い出に残る活動にしてほしい」と祝辞を寄せた。
 また、本年度の事業計画も決め、春と秋の火災予防運動街頭広報、火災予防作文コンクール応募(4年生以上)、野外研修(旭川市防災センター視察、もちつき大会、活動反省会などに取り組むこととした。
 役員選出では、委員長に佐藤ひかりさん(6年)と山崎隼奈さん(同)、副委員長に前田聖奈さん(同)と西村夏凜さん(同)が選ばれた。

(写真=消防署長から辞令を受けた新入クラブ員たち)

[ 2013-05-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.