地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年5月2

働く者の意思統一図る
本紙管内3市町でメーデー

 本紙管内(名寄、下川、美深)の連合系メーデーが1日、3市町で一斉に行われた。今年は「メーデーは働く人たちが主役。声をひとつに仲間を集めて、安心して暮らせる未来をみんなでつくろう!」をメーンスローガンに掲げ、雇用と生活を守るための運動構築に向け、各自治体では集会やデモ行進などを行い、組合員の意思統一を図った。
 【名寄】第84回名寄地区メーデーは、午後6時から市民会館大ホールで開かれた。
 実行委員会(委員長・佐々木憲一名寄地区連合会長)の主催で、組合員、家族ら約300人が参加。佐々木委員長が「非正規労働者は1800万人を超え、年収200万円以下の労働者も1100万人を数えるなど、貧困と格差社会の拡大が進行しているのが実態。経済政策アベノミクスの根本には競争社会の原理があり、働く者にとって本当に良いものかどうかは分かっていない。働く者同士の団結を強めながら、安心社会の実現を目指し闘っていきたい」と挨拶。
 メーデー宣言や特別決議の採択、プラカードコンクールの表彰後、「団結ガンバロー!」のシュプレヒコールを挙げた。その後、参加者は「皆が安心して暮らせる未来を!」「憲法改悪反対!」などと記されたプラカードを手に、市内をデモ行進した。また、共産党系の第84回名寄地区メーデー(小平一郎実行委員長)も、同日午後6時から名寄市森林館前で行われ、参加者が団結を強めた。

(写真=市内をデモ行進し団結を強めた名寄地区の参加者)
                             ◇
 【下川】第48回下川地区メーデーは、同実行委員会(委員長・山川美紀連合下川会長)の主催で、午後6時からバスターミナルで開かれた。
 組合員や家族、来賓など60人が参加。山川委員長が「経済は上向きにあるようだが、下川で実感できることは少ない。労働者の環境は依然厳しく、TPP、原発、消費税など問題は山積み。下川は顔の見える人のつながりがあり、働く人が団結してよりよい暮らしを目指すことが可能だと思う。参議院選挙は流れに乗るのではなく、どのような社会を目指すのか明確にし、私たちの望む社会を誰に託すのか見極めていく必要がある。きょうはじっくり語り合おう」と挨拶した。
 同連合の亀山貴之さんがスローガン、熊谷潤一平和運動フォーラム下川支部事務局長が第23回参議院選挙必勝特別決議、山中岳男同連合事務局長が大会宣言文を読み上げ、参加者の拍手で採択した。交流会後、山川委員長の音頭で「団結ガンバロー」を三唱し集会を終えた。

(写真=働く人の団結をと山川委員長)
                             ◇
 【美深】第84回全道・第55回美深地区メーデー集会は、午後6時から第3コミュニティセンター前で行われ、労働環境の安定化などに向けて団結を強めた。
 連合北海道美深地区連合会(山本勝規会長)の主催。町職員や北教組などから約80人が参加。実行委員長の山本会長が「声を一つにして、安心して暮らせる未来の実現に向けて頑張ろう」。来賓の山口信夫町長、中野勇治町議会議員は「7月の参議院選挙は厳しい戦いになると予想されるが、どのように力を結集するか─を考えなくてはならない。きょうは働く皆さんの力を集めて熱気あふれる集会にしてほしい」と挨拶。
 メーデー宣言をはじめ、「労働規制の緩和を許さず、最低賃金の大幅引き上げを求める決議」などの特別決議3本を採択後、「原子力発電はイラナイ」「安心して暮らしたい」などと書かれたプラカードを持ち、国道40号線や美深厚生病院前などを行進。労働環境の改善を訴えた。

(写真=労働者の雇用と生活を守るために行進する参加者)

[ 2013-05-02-19:00 ]


U−12優勝、U−10準優勝
下川サッカー少年団・滝上大会で健闘

 【下川】下川サッカー少年団がこのほど、滝上町で開催された第2回滝上町芝ざくら少年サッカー大会U―12(6年生以下)の部で優勝、U―10(4年生以下)の部で準優勝を果たした。
 大会は滝上町商工会青年部の主催。試合は両部とも6人制で、網走と上川管内を中心にU―12の部に9チーム、U―10の部に8チームが参加した。
 U―12の部では、下川が予選リーグを1位で突破し、決勝リーグの士別戦を2対1で勝利。滝川明苑戦は、前半を1対2の1点ビハインドで折り返したが、後半は3点を追加するとともに、無失点でしのぎ、結果、4対2の逆転勝利で優勝を決めた。
 U―10の部では、下川は予選リーグを3戦全勝で通過したが、決勝の津別戦で1対6の大差で敗れ、惜しくも準優勝だった。
 木原利幸コーチは「U―12出場団員は、接戦を制する強い気持ちをこれからも持ち続け、全道予選につなげてほしい。U―10出場団員は入団間もない団員がいる中、健闘した。個々のレベルを上げなければ強豪相手に通用しないのを実感したと思うので、高い意識で練習に励んでほしい」と話す。

(写真=滝上の大会で健闘した下川サッカー大会)

[ 2013-05-02-19:00 ]


トムテの森がオープン
名寄振興公社・今年も多くの利用呼び掛け

 【名寄】名寄市日進の道立トムテ文化の森が1日にオープン。管理棟を兼ねた「もりの学び舎」周辺や屋外遊具付近には残雪が見られているが、ゴールデンウイークを近場でのんびりと過ごそう―と、親子が楽しむ姿も見られている。また、施設を管理している名寄振興公社では、5日午前10時から同学び舎で、子供の日企画「木工クラフトづくり&ミニこいのぼりづくり」を開催することから、多くの参加を呼び掛けている。
 トムテ文化の森は、なよろ健康の森の東側に位置し、平成10年開設。「もりの学び舎」(開館時間は午前9時半から午後4時半まで)をはじめ、「キャンプ場」「バーベキューハウス」などの施設を有し、森林の機能や林業の果たす役割などを学ぶことを目的とした施設。
 主要施設の「もりの学び舎」内には昆虫やクルミ、カラマツの実など森の標本などが展示され、森林の働きなども学ぶことができる。また、キャンプ場は、毎年7月、8月の夏期間を中心に、ライダーや家族連れなど道内外からの旅行者が訪れにぎわいをみせる。同森管理人は「早い時期では4月からライダーがキャンプ場でテントを張る姿も見受けられるが、今年は寒く、キャンプ利用はまだ先になるのでは」と話す。
 隣接する道立サンピラーパークは、4月21日からサンピラー交流館(開館時間は午前9時から午後6時まで)の館内多目的ホール夏季仕様をスタート。ボールプールや三輪車など幼児中心の遊具をはじめ、卓球やバドミントンといった軽スポーツも楽しむことができ、ホール内には子供たちのにぎやかな歓声が響いている。
 なよろ健康の森パークゴルフ場は、融雪の遅れと低温によって芝の状態が不良で、ゴールデンウイーク期間中のオープンは見送られる。現在は、名寄公園PG場共に10日ごろのオープンを目指して準備を進めている。

(写真=残雪が見られる中オープンしたトムテ文化の森)

[ 2013-05-02-19:00 ]


105人が学習スタート
下川町高齢者学級の開講式

 【下川】下川町公民館主催の25年度下川町高齢者学級総合開講式が1日、公民館大ホールで行われた。
 同学級は60歳以上が対象で、健康で楽しい家庭生活を営むため、自ら学び積極的に行動する心を育てることなどを目的に開講。目標に「学ぶ意欲を持ち充実した生活を送ろう」など掲げている。
 今年は中央、上名寄、一の橋で開設し、合計で105人(男性26人、女性79人)が受講する。毎月1回、健康、栄養、福祉、時事問題、地域社会の状況、創作などを学ぶ。
 開講式には3学級から60人が出席。蓑谷春之公民館長が「4月の学級長会議で各学級の開催要項を確認した。町の状況を踏まえながら楽しい学習に取り組んでほしい」と挨拶した。
 受講者を代表して一の橋高齢者学級の山川久四郎学級長が、蓑谷公民館長から学習ノートを受け取った。引き続き、旭川財務事務所の浅利孝幸理財課長を講師に記念講演「金融犯罪被害に遭わないために」も開かれ、生徒たちは新たな学習生活をスタートさせた。

(写真=学習ノートを受け取った受講者)

[ 2013-05-02-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.