地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年3月23

危険家屋の解消へ
名寄市議会予算特別委・25年度中に空き家条例制定

 【名寄】名寄市議会予算審査特別委員会(植松正一委員長)は22日、民生費、衛生費、商工費などで質疑を行った。大石健二委員(新緑風会)が、危険家屋の解消に向けた空き家対策で質問。土屋幸三市民部長は、25年度中に空き家条例(仮称)を制定するとし、「課題も多いため、行政代執行や解体費用助成なども含めて具体的に検討している」と答えた。
 民生費、衛生費で大石健二委員(新緑風会)が「市内には危険家屋が点在しており、市民の安全を守る観点からも早急な空き家対策が必要では」と質問。
 土屋幸三市民部長は、全国的な問題になっていることに加え、市内にも管理不十分に伴う危険家屋が見受けられるとした上で、「現在、各町内会の協力をいただいて空き家の実態調査を実施しており、現在、空き家条例制定に向けて準備作業を進めている。一方で、所有者不明の家屋がある他、解体費用を捻出できない所有者もいることが問題」。
 これを踏まえ「行政による代執行や解体費用助成を検討しているが、公費負担を回収できるかの確約がないため、条例の中には一定程度の条件整備が必要になる可能性もある」と答えた。

[ 2013-03-23-19:00 ]


「チーム名寄」が優勝
道ジュニアカーリング・日本選手権進出決める

 【名寄】第21回北海道ジュニアカーリング選手権が、このほど北見市常呂町カーリングホールで開かれ、男子の部で「チーム名寄」が優勝し、11月の第22回日本ジュニアカーリング選手権進出を決めた。メンバーで共に名寄高校3年の滝ヶ平裕矢さん(18)、谷田康真さん(18)、吉川和希さん(18)が22日、市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長に喜びを語った。
 同選手権には、おおむね20歳以下の男子10チーム、女子6チームが出場。これまで男女両方または一方を常呂のチームが制してきたが、今大会は男子が「チーム名寄」、女子は「チーム妹背牛」が優勝し、初めて男女とも常呂勢以外が頂点に立った。
 「チーム名寄」は、スキップの谷田さん、リードの吉川さん、セカンドで常呂高校3年の臼井槙吾さん(18)、サードの滝ヶ平さんのメンバーで挑み、5チームずつによる予選ブロック(「チーム名寄」はBブロック)を全勝で突破した。
 決勝トーナメントでは、準決勝でAブロック2位の「常呂ジュニア」に10対6、決勝はBブロック2位の「チーム常呂」に10対2で勝利し、アウェーで常呂勢を破って大会を制した。
 メンバーは市役所を訪れ、加藤市長に優勝を報告。谷田さんは「常呂のチームに敗れてきたことが多く、しっかり勝てるように練習を積んできた。中学3年の時に準優勝しており、優勝を目標として4年越しで頂点に立つことができ、うれしかった」。滝ヶ平さんは「予選から厳しい戦いで、調子が上がらなかったが、スキップの谷田君に助けられた。決勝もその勢いで勝つことができてよかった」。吉川さんは「今大会は優勝したい―との思いで、たくさん練習を重ね、成果が表れて安心した」と試合を振り返りながら喜びを語っていた。

(写真=優勝に笑顔の吉川、谷田、滝ヶ平さん=左から=)

[ 2013-03-23-19:00 ]


文房具270セット寄贈
SI名寄が新小学1年生へ

 【名寄】国際ソロプチミスト名寄(今範子会長)は22日に市教育委員会を訪れ、4月に市内の小学校へ入学する新1年生へと文房具を寄贈した。
 同会では昭和58年10月の認証当時から新1年生へ文房具を寄贈しており、今年で30年目を迎える。
 今年も同会の奉仕プログラム委員会(定木千子委員長)の取り組みとして自由帳と鉛筆、色鉛筆2本を270セット用意。
 市教委には今会長と定木委員長が訪れ、今会長から小野浩一市教育長に手渡した。
 小野教育長は「毎年のお心遣いありがとうございます。いただいた文房具は入学式の日に新1年生へ渡し、大切に使うよう話します」などと感謝した。

(写真=小野教育長に文房具を手渡すSI名寄の今会長)

[ 2013-03-23-19:00 ]


新入学児の安全願う
美深・商工女性部マスコット寄贈

 【美深】子供の安全願って─。美深町商工会女性部(菅野明美部長)の齊藤孝子副部長、山本久子理事が22日、町役場を訪れ、今年のえとをモチーフとしたマスコットを寄贈した。
 女性部は、新入園児と新入学児童の交通安全を願い、昭和52年から毛糸で編んだ釣り鐘型の「愛の鈴」の寄贈を続け、平成2年からは「愛のマスコット」に切り替えている。
 フェルト製のオリジナルマスコットは、部員が一つ一つ丁寧に手縫いしたもので、「祈 交通安全」などと記したリボン付き。今年は巳年ということで青、緑、黄の3色のヘビ型マスコット400個を制作した。
 この日、齊藤副部長と山本理事が来庁し、山口信夫町長にマスコット200個を寄贈。「かわいくできました」「気持ちを込めて作りました」と語り、子供たちの安全を願っていた。
 なお、町では新入学児童に配布し、交通安全をPRすることにしている。

(写真=山口町長にマスコットを手渡す齊藤副会長と山本理事)

[ 2013-03-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.