地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年1月11

警報器設置の奏功事例も
名寄消防署24年概況・火災死者、負傷者なし

 【名寄】名寄消防署(大野元博署長)は、24年の火災・救急概況をまとめた。火災発生は10件で前年比2件増となったが、死者、負傷者はなかった。設置が義務付けられている住宅用火災警報器により、火災発生を未然に防ぐことができた事例もあり、今後も設置促進へ注力していく。一方、救急出動は1082件となり、前年比73件減。搬送理由別では急病が全体の6割以上を占めているが、中には軽症の患者も含まれており、適切な119番通報の方法を周知するとしている。
 火災発生10件のうち、地区別では名寄地区7件(前年比増減ゼロ)、風連地区3件(前年比2件増)。両地区ともすべて建物火災で、被害状況は全焼5件、半焼2件、部分焼1件、ぼや2件。死者、負傷者はいずれもゼロだった。
 昨年11月の住宅用火災警報器の設置率は市内全域で83・6%。風連地区は86・3%、名寄地区では独居老人宅が94・7%に対し、一般家庭は72・5%と低くなっている。同署では「鍋の空だき、コンロの火の消し忘れなどで住宅用火災警報器の設置が奏功し、火災を早期に発見できたり、未然に防ぐことができた事例も実際にある。警報機を設置したことで逃げ遅れによる死傷者もここ数年、減少傾向にある」と話し、引き続き防火訪問を行い、設置への理解を呼び掛ける。

[ 2013-01-11-19:00 ]


「まずは1ゲーム取る」
名寄ソフトテニス少年団・3年連続で全国大会へ

 【名寄】第9回北海道小学生インドアソフトテニス選手権大会が8日、札幌の「きたえーる」で開かれ、名寄ソフトテニス連盟(今尚文会長)少年団に所属する鷲見早風君(東小2年)・高橋響君(南小2年)ペアが4年生以下男子の部で準優勝。高橋麻衣さん(南小5年)・平井陽菜さん(豊西小4年)ペアが5年生女子の部で3位となり、全国大会進出を決めた。選手たちは10日、市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長らに抱負や意気込みを語った。
 同大会は、北海道ソフトテニス連盟が主催し、3月30、31日に千葉県白子町で開かれる第12回全国小学生ソフトテニス大会予選会と兼ねて開催。各部とも4ポイント先取で次の対戦に進み、3位までが全国大会の出場権を獲得。
 鷲見君・高橋君ペアの4年生以下男子の部は15チームが出場。準決勝は4対1で勝利。決勝は1対4で敗れたが、4年生チームを相手に健闘を見せた。
 高橋さん・平井さんペアの5年生女子の部には28チームがエントリー。準々決勝は4対1で勝ち、準決勝ではこの部の優勝チームと対戦。ポイントは惜しくも取ることはできなかったが、全国大会へ駒を進めた。

(写真=全国出場の平井・高橋ペアと鷲見・高橋ペア)

[ 2013-01-11-19:00 ]


逸見さん1日署長
美深警察署・寸劇でも「110番の日」を広報

 【美深】美深警察署(甲谷肇署長)は、「110番の日」の10日、町教育委員会スポーツ指導員の逸見佳代さんを1日警察署長に委嘱。駅前交番キャラバン隊とともに、美深スキー場で110番通報の適切な使用方法などを呼び掛けた。
 同署で行われた委嘱状交付式で、甲谷署長が「110番通報の正しい使用法を、地域住民にPRしてほしい」と呼び掛け、逸見さんは「一生懸命PRしたい」と抱負を語った。
 その後、スキー場に移動し、児童生徒を対象とした「110番教室」を開講。逸見さんは、駅前交番キャラバン隊とともに寸劇を披露し、110番通報の正しい利用方法を説明するとともに、不審者対策として「知らない人に声を掛けられても付いていかない」「連れて行かれそうになった場合、大きな声で助けを呼ぶ」ことの重要性を呼び掛けた。

(写真=110番の通報の適切利用などを呼び掛けた逸見さん)

[ 2013-01-11-19:00 ]


練習繰り返し基礎学ぶ
下川・ちびっこスキー教室スタート

 【下川】小学生対象のちびっこスキー教室が、10日から5回にわたって下川スキー場で開かれている。
 下川町公民館の主催。講師は町内在住のスキー指導員、石川征男さん、伊藤眞智恵さん、佐原司さん、水間達也さん、西方聖子さん。
 小学1年から5年までの児童35人が参加。下川スキー場のリフトは、ロープをつかんで滑りながら上る必要があるため、初日はリフトに乗れない児童と乗れる児童に分かれて練習を開始した。
 リフトで上れる児童は上まで移動し、スキーを八の字にしてバランスをとりながら繰り返し滑った。
 リフトに乗れない参加者の3分の1は、横歩きで高い位置まで移動し、何度も滑り降りてスキーに慣れることからスタート。指導員から「手を広げて、スキー板後部を開いて」などアドバイスを受けながら一つ一つ基礎を学んでいた。

(写真=アドバイスを受けながらスキーの基礎を学んだ児童)

[ 2013-01-11-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.