地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2013年1月10

申請件数が前年の2倍
名寄市排雪ダンプ助成事業・積雪多く作業消化に苦慮

 【名寄】名寄市の排雪ダンプ助成申請は、昨年12月末までに1013件で、前年同期の約2倍となっている。12月上旬に大雪に見舞われ、その後も降雪が続いたことから申請件数が増加し、今シーズンも予算補正が必要となりそうな状況となっている。一方、運搬業者の間では道路排雪にもダンプ台数を割かれることから、車両確保に苦慮しており、悩み多いシーズンとなっている。
 市によると今冬は短期間に大雪が直撃。道路状態も悪く、交通にも支障をきたすようになったことから、市は時期を前倒しして排雪作業を実施している。
 積雪の増加に伴い、市の排雪ダンプ助成申請も増加している。昨シーズンは12月末の申請が510件だったのに対し、今シーズンは12月末までに1013件と約2倍に伸び、排雪場所の確保に苦慮する市民が多い。
 市は、本年度の排雪ダンプ助成事業費として当初予算に前年度と同額の980万円を計上。内訳は一般住宅がダンプ1台に付き2000円で4400台分、店舗併用住宅は1台1000円で1000台分を計上した。
 前年度は最終的に一般住宅が4972台、店舗併用住宅で350台のダンプ利用があり、助成額は1029万8000円と当初予算を上回り、増額補正している。
 本年度は、12月末で既に前年同期を大幅に上回る申請件数となっており、今後の降雪にもよるが、増額補正を視野に入れ、市民ニーズに対応していく意向。

[ 2013-01-10-19:00 ]


ほくとくん、なよろう登場
名寄警察署・「110番の日」で市民へ街頭啓発

 【名寄】名寄警察署(大竹純雄署長)の「110番の日」街頭啓発が10日、JR名寄駅で行われた。道警のマスコット「ほくとくん」と名寄市の「なよろう」が登場し、正しい110番通報の方法をPRした。
 警察通報の番号は当初、各地で異なっていたが、昭和23年に東京都区部、大阪市、京都市、横浜市、川崎市、名古屋市、神戸市、福岡市で「110番制度」が導入され、29年から全国で「110番」に統一。60年に警察庁が「110番の日」を制定した。
 街頭啓発には、署員と北海道警友会名寄支部友の会の水戸保彦さんが参加し、列車利用客に「緊急通報は110番、警察相談電話は♯9110」をアピールするポケットティッシュに加えて、道警の「ほくとくん防犯メール」登録、暴力追放運動などを周知するチラシを手渡し、協力を呼び掛けた。
 さらに「ほくとくん」「なよろう」もお目見え。両マスコットがタッグを組むのは初めてのことで、列車乗降客が握手を求めながら記念撮影するなど人気を集めた。また、マスコットが特急列車の発車を見送るなど構内を盛り上げながら、適切な110番通報の広報を図った。

(写真=列車利用客の人気を集めたマスコットたち)

[ 2013-01-10-19:00 ]


多彩な企画楽しむ
名寄市社協が家族交流会

 【名寄】名寄市社会福祉協議会(中村稔会長)主催の「ふれあい家族交流会」が10日に総合福祉センターで開かれ、会場に集まった多くの親子がジャグリングショーなどを楽しんだ。
 同交流会は、市内在住の障害を持つ子供と、その家族が交流を深める場として毎年開催。今年も関係団体で組織する実行委員会(長谷川まゆみ実行委員長)を組織して企画した。
 親子など約100人が参加。ジャグリングパフォーマーのKuro(くろ)のステージで始まり、ボールやこん棒、中国こまなどを使ったジャグリングが次々に披露され、会場からは大きな拍手が送られていた。
 また、手作りのパンがもらえる「グー!チョキ!パン!」や、ゴムを使った「くぐって、またいで、GO!」などのゲームの他、餅つき体験では、きねをもった子供たちが力強く餅をつき、多彩な企画を満喫していた。

(写真=ゲームなどを楽しんだ「ふれあい家族交流会」)

[ 2013-01-10-19:00 ]


クリオネのドーム作る
市立名寄図書館・小学生が冬休みの工作

 【名寄】市立名寄図書館(小山龍彦館長)主催の子供向け行事「冬休みの工作」が10日に同館で開かれ、子供たちがかわいらしい作品を完成させた。
 小学3、4年生が対象の行事となっていて9人が参加。この日作ったのは、発泡スチロールのトレーを利用して作ったクリオネが瓶の中でゆらゆらと揺れる「クリオネのキラキラドーム」。
 始めに発泡スチロールトレーをクリオネの形に切り抜き、テグス糸を付けてボンドで瓶のふたに固定。瓶の中に色を塗り細かく切ったアルミホイルとネイルに使われるラメパウダー、水を入れ、クリオネが固定されたふたを閉めると完成。
 瓶を振るとスノードームのようにアルミホイルやラメパウダーが舞い落ち、まるでクリオネが水中を優雅に泳いでいるように見え、子供たちは満足そうな表情を浮かべていた。

(写真=小学生9人が参加した名寄図書館の「冬休みの教室」)

[ 2013-01-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.