地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年12月25

厳しい寒さに耐え撮影
天文台の中島さん・サンピラーとムーンピラー

 【名寄】なよろ市立天文台「きたすばる」職員の中島克仁さんは24日早朝、厳冬期ならではの現象で、太陽光がダイヤモンドダストや氷晶に反射することで出現する「サンピラー(太陽柱)」と、月明かりによって発生する「ムーンピラー(月光柱)」の撮影に成功した。
 この日の名寄市内は、今冬一番の冷え込みとなり、旭川地方気象台のアメダスデータによると、午前6時54分に氷点下24・9度の最低気温を観測。12月としては厳しい寒さとなった。
 サンピラー、ムーンピラーは同天文台から撮影。中島さんは寒さにじっと耐えながらカメラを構え、午前2時半ごろにムーンピラー、サンピラーは午前7時半と9時ごろ、鮮明な姿を捉えることに成功した。
 サンピラーは、ダイヤモンドダストによって出現したものに加えて、上空の氷晶が太陽光に反射して発生したものも撮影。上空や地面に向かって光が真っすぐ伸びている。
 また、ムーンピラーは、氷晶が月明かりに反射して出現。当時の月齢は10・8で、満月に近いような強い光でなければ現象は見られないという。

(写真上=ダイヤモンドダストが反射して発生したサンピラー)
(写真下=月明かりに氷晶が反射して出現したムーンピラー)

[ 2012-12-25-19:00 ]


感謝の気持ち込めて
名寄もち組合が鏡餅を寄贈

 【名寄】名寄市もち米生産組合(伊賀俊彦組合長)は25日に市役所名寄庁舎を訪れ、鏡餅を寄贈した。
 もち米のPRと今年1年の感謝の気持ちを込めたもので、毎年、市内の関係機関などに寄贈。今年収穫した「はくちょうもち」5・4キロを使い、市内の菓子店に依頼して作った立派な鏡餅を贈った。
 名寄庁舎には村中洋一、泊り雅幸両副組合長が訪れ、「今年は天候に恵まれ、質、量ともに平年作以上になりました」と振り返り、「1年間お世話になりました。今後も市の農業支援をお願いします」と寄贈した。
 加藤剛士市長は「毎年りっぱな鏡餅を寄贈していただき感謝しています。いただいた鏡餅は正月の間、庁舎1階のロビーに飾ります」とお礼を述べた。
 同日、市役所風連庁舎や道北なよろ農協の本所と名寄・智恵文両支所、上川農業改良普及センター名寄支所にも届けた他、同組合名寄支部と位置付けた名寄市モチ生産組合(村中組合長)も、道立サンピラーパーク交流館などに鏡餅を贈った。

(写真=加藤市長に鏡餅を寄贈する村中、泊り両副組合長)

[ 2012-12-25-19:00 ]


韓国世界大会へ心一つに
SO日本選手団が名寄で合宿

 【名寄】スペシャルオリンピックス日本(SON)選手団の雪上合宿が、23、24の両日、名寄ピヤシリスキー場で行われた。1月29日から韓国で開催される「2013年SO冬季世界大会」に備えたもので、アルペン、クロスカントリーなどの種目に出場するアスリートやコーチらが調整を行い、大会に向け心を一つにした。
 韓国での冬季世界大会は、1月29日から2月5日までの日程で開催。世界113カ国・地域から選手団、競技役員、ボランティアら約1万5000人が参加する。日本選手団はアスリート60人、コーチ・役員25人で組織し、アルペン、スノーシューイング、フィギュアスケートなど7競技に出場する。
 名寄合宿はアルペン、スノーボード、クロスカントリー、スノーシューイングの4種目が行われ、アスリート、スタッフら55人が22日に名寄入りした。
 23日の種目別練習では、アスリートがコーチとともに調整。アルペンでは、スケーティングや緩斜面での基礎練習、ゲレンデでの本格的なターンなど意欲的に取り組んだ。

(写真=アルペンなど4種目を行った名寄での合宿)

[ 2012-12-25-19:00 ]


甘味強く上々の出来
美深・雪中貯蔵キャベツ掘り出す

 【美深】雪中貯蔵きゃべつ研究会(伊藤清代表)の24年度産雪中貯蔵キャベツ収穫が23日、町内紋穂内の伊藤農場で行われ、甘みが凝縮されたキャベツを次々と掘り出した。
 同研究会は、積雪量の多い美深町の気象条件を生かしたキャベツ生産に取り組んでおり、本年度は夏キャベツ「楽園」、越冬品種「大学寒玉」「湖月」を栽培(約60アール)。雪の中に置かれたキャベツは、凍らないように自ら糖分をつくり出すため、甘みが増すのが特徴。
 10、11月の収穫の際、シートの上に置いたキャベツは、降り積もった雪の下で眠っており、会員たちは、除雪機である程度雪を除いた後、キャベツを傷付けないように丁寧にスコップで掘り出した。
 会員たちは「例年より雪が多く大変」と話す一方、毎年の掘り出し作業を楽しみにしている─とのことで、掘り出したばかりのキャベツを味見し「甘くておいしい」と笑顔。会話を弾ませながら掘り出し作業に当たっていた。
 また、掘り出し作業は来年3月初旬まで行う他、26日午前10時から町内大通北1のかぜる交流ステーションで販売会を開催する。

(写真=雪の中で眠るキャベツを掘り出す会員たち)

[ 2012-12-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.