地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年12月12

3年目で最低の18件
名寄市・ゼロ予算など職員提案

 【名寄】名寄市の職員による24年度の提案件数は、ゼロ予算事業など合わせて18件となっている。職員提案をスタートさせた22年度から3年目を迎えるが、提案件数は徐々に減り続け、20を割る状況になっている。市は職員提案に結び付ける狙いもあり今年8月に、新たに政策形成研修会を実施したが、件数に反映するまでには至っていない。市は、今回の職員提案を受け、来年度の予算に反映できる事業などの検討を進めることにしている。
 名寄市は、21年度に「名寄市職員提案要綱」を策定、翌年度から具体的な提案を受けている。職員の士気高揚、活力ある組織づくり、事務事業の改善を図ることを狙いとし、予算をかけないで住民サービスの向上や日常業務の改善につなげるゼロ予算という形で、提案されたものを次年度の事業に取り込むようにした。
 結果、初年度目の22年度は27件の提案があった。内容はゼロ予算関係18件、事務事業改善4件、その他5件。このうち、15件は、23年度の事業に盛り込んだ。23年度はゼロ予算関係10件、事務事業改善8件、その他4件の計22件で、うち、ゼロ予算の6件を含め12件を24年度に反映した。

[ 2012-12-12-19:00 ]


美中太陽光発電を検証材料に
美深町議会一般質問・再生可能エネ活用で答弁

 【美深】第4回美深町議会定例会が11日に開会。会期を13日まで(12日休会)と決めた後、3議員が一般質問に立ち、理事者の考えをただした。岩崎泰好議員の再生可能エネルギー活用の質問に対し、山口信夫町長は「再生可能エネルギーの検討を進めているが、導入には、十分な準備と関係機関が一体となった取り組みが必要で、一朝一夕では進まない。着実に導入可能なものから実施していきたい」と答えた。
 岩崎議員は「子供たちの可能性をどんどん伸ばす」情報通信技術を活用した教育(ICT教育)の実践で教育効果、有効性、今後の課題。再生可能エネルギー活用の積極度で質問。
 石田政充教育長は、平成21年に文部科学省の小学校情報通信環境整備事業で小中学校に電子黒板、美深中と仁宇布小中学校に無線LANを整備した─とし、「目的は分かりやすい授業の実現と子供たちの情報学習能力の育成。電子黒板は、総合的な学習を中心に活用されており、視覚的に理解しやすい。その一方で、授業で使える教材が少なく、ソフト整備を望んでいる」と答えた。

[ 2012-12-12-19:00 ]


男子3部門で2連覇
風連トランポリン少年団・道北ジュニア競技大会で健闘

 【名寄】風連トランポリン少年団(日根野正敏団長)は、このほど美深で開催された道北ジュニアトランポリン競技大会(道北トランポリン協会主催)に出場。風連少年団員が男子A・B・Cクラスの3部門で優勝を飾り、大会2連覇を果たした。また、Aクラスに出場の小泉恭幸君(風連中3年)は、同クラス4連覇を果たし、関係者から祝福の声が寄せられている。
 大会には道北7団体から102人が出場。小中学生が出場のA、B、Cクラス(技の難度別で区分)と高校生の各部門で競った。風連少年団からは20人が出場、うち13人が入賞した。
 男子Aクラス勝の小泉君と同クラス準優勝の菊地健汰君(風連中3年)の2人は、北海道競技力向上選抜選手の指定を受けており、道協会の強化合宿に参加するなど団員を率いる存在。山崎さんは「小泉君は新しい技の習得が早く、高い難度を武器に、大会に臨むことができる選手。菊地君は美しい演技と高さの習得を目標に掲げ、丹念に力を磨くタイプ」と語る。
 また、来年2月に静岡県で開催される全国大会(都道府県対抗選手権)には、小泉君、小泉秀斗君(風連中央小4年)、大野風花さん(名寄西小5年)、大築花音さん(東風連小4年)の4人の出場が決まっており、活躍に期待がかかる。

(写真=道北大会で健闘した風連トランポリン少年団員)

[ 2012-12-12-19:00 ]


燃費向上で財布に優しく
名寄自学のエコドライブ講習

 【名寄】名寄自動車学校(和田敏明管理者)のエコドライブ講習が12日に同学校で行われ、燃費向上のための運転技術を学んだ。
 同学校では、本年度から交通エコロジーモビリティ財団の認定を受け、エコドライブ講習を実施(道内で48校)。さらに北海道環境生活部環境局から上川管内で唯一「エコドライブ推進校」(全道36校)にも指定されている。
 今回は、道認定を受けてから初めての講習。受講したのは名寄地区交通安全協会連合会事務局の亀井益雄さん、名寄アポロ石油の山田久志さん、エフエムなよろの橋本慎吾さん。コースは同学校周辺で、走行距離は3・8キロ。途中、一時停止2カ所、信号機通過2カ所、右左折6カ所が含まれている。
 講習では、普段と同じように運転してもらった後、座学で発進や巡航、減速、停止の各操作でエコドライブのための運転技術を指導。引き続き、座学で習得した通りの運転を実践してもらい、エコドライブ実践前後の燃料消費量を比較。環境や財布に優しい運転の秘けつを学んでいた。

(写真=環境に優しい運転を学んだ講習の様子)

[ 2012-12-12-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.