地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年12月4

予定の4氏が届け出
衆院選道6区・12日間の選挙戦スタート

 第46回衆議院議員総選挙が4日に公示。上川管内の北海道第6選挙区では、前職2氏を含む予定の4氏が届け出。投開票日の16日に向け12日間の選挙戦がスタート。4候補が支持を訴えながら1議席をめぐりしのぎを削っている。平成21年8月に誕生した民主党政権の約3年4カ月に審判が下される選挙。各候補とも選挙期間中は広い管内を回る日程を組んでおり、それぞれの陣営では、早くも地盤固めと集票に熱を帯びており、遊説にも力が入っている。
 立候補届をしたのは届け出順に、自民党前職の今津寛氏(66)、みんなの党新人の安住太伸氏(42)、日本共産党新人の荻生和敏氏(63)、民主党前職の佐々木隆博氏(63)の4氏。
 道6区では旭川市の有権者数が最も多く、次いで名寄市、富良野市、士別市など。大票田となる旭川市の動きが選挙戦の鍵となるが、地方票を積み上げも重要。選挙期間中は各候補とも名寄市など本紙管内に入って支持を訴える。

[ 2012-12-04-19:00 ]


復興進んでない実情も
名寄の小中生・南相馬マラソン出場報告

 【名寄】福島県南相馬市で1、2の両日開かれた「南相馬スポーツ復興祈念〜第25回野馬追の里健康マラソン大会・みらい夢こども交流事業」に参加した小中学生8人が2日に市役所名寄庁舎を訪問。大会成績とともに、いまだに東日本大震災の被災地復興が進んでいない実情を語った。
 大会に参加したのは、葛本拓夢君(南小4年)、平井陽菜さん(豊西小4年)、高橋遼河君(名寄小5年)、重森康夫君(南小5年)、新田朔也君(豊西小5年)、金田夏葵さん(南小6年)、戸江桃花さん(東中2年)、渡邉健太君(東中3年)の8人。
 期間中、南相馬市出身や縁のあるマラソン選手、トライアスロン選手、陸上指導者を招いた講演とワークショップに参加。マラソンでは全員が完走を果たした。また、移動のバス車内から大震災の津波に襲われた地域の現状を目にし、被害の甚大さを感じた。

(写真=被災地の現状も目にしてきた小中学生たち)

[ 2012-12-04-19:00 ]


中学校改築検討を
美深町・議会議員と町民が意見交換会

 【美深】協働のまちづくりを進める会(今泉常夫会長)主催の「美深町議会議員と町民とのまちづくり意見交換会」が3日にSUN21で開かれ、まちづくりに対する思いを語り合った。
 議員10人、町民20人が出席。意見交換では、町民から「急速に進む少子化の中、美深中学校を改築せず、小中併置校の方向で進めるべき。管理費も減少するのでは」と児童生徒数が年々減少する中で中学校改築への疑問の声、再検討を求める声が上がり、諸岡勇議員が「修正可能な部分は、修正できるよう対応していきたい」と回答。
 学校給食に関しては、安心安全な食の提供の他、「住民負担額などの数字を出したアンケートを再度、実施してほしい」と町民に十分な説明をすべきとした。
 齋藤和信議員は「PTAや生産者、学校関係者らで学校給食運営委員会を設置するため、食材に問題はない」。小口英治議員は「1食当たりの給食費は、道内平均250円から270円。食材にこだわるとコストが上がると思うが、保護者が納得いくよう調査をしていきたい」と回答した。

(写真=まちづくりに対する思いを語り合った意見交換会)

[ 2012-12-04-19:00 ]


火災予防の啓発図る
名寄消防署・歳末飲食店パトロール

 【名寄】名寄消防署(大野元博署長)の「歳末飲食店パトロール」が3日に名寄地区飲食店を巡回して行われ、さらなる火災予防の啓発を図った。
 歳末は市民生活の繁忙に加え、ストーブやコンロなど火気を使用する機会も多くなり、火災発生の危険性が懸念される。そこで同署では、忘年会シーズンを迎え、不特定多数の人が訪れ、混雑が予想される飲食店に対し、火災発生への注意喚起と防火思想の啓発を目的にパトロールを実施した。
 パトロールには署員10人が出動。同署での出発式で大野署長は「今年は火災が相次いで発生しており、この時期は人の出入りが多くなる。忙しさに紛れて火災発生も懸念され、パトロールを通して火災予防の啓発を願いたい」と訓示した。
 その後、5班に分かれ、名寄地区の飲食店174カ所を巡回。店主に対し、施設の防火管理体制や防火のための重点事項を掲載したチラシを手渡した。

(写真=忘年会シーズンを迎え火災への注意を喚起した巡回)

[ 2012-12-04-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.