地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年12月3

40シーズン目の開幕に向け
名寄振興公社・ピヤシリスキー場安全祈願祭

 【名寄】名寄ピヤシリスキー場の安全祈願祭が28日、なよろ温泉サンピラーで行われ、関係機関の代表者らが一日も早いオープンとシーズン中の事故防止に願いを込めた。今シーズンはピヤシリスキー場オープンから40シーズン目となる記念の年で、利用者への感謝を込めた企画などでもてなす考えでいる。
 スキーシーズン到来を間近に控えた恒例の祈願祭。スキー場を管理する名寄振興公社によると、今冬のオープンは8日を予定している。
 同公社では、11月中にはリフト搬器の取り付け作業を行った後、荷重テストやブレーキ制動テストなどが行われ、安全性をチェック。また、従業員研修も行われ、リフト稼動不能時の対応や接客、食品衛生管理など従業員として必要な知識や技術を改めて身に付け、スキー場オープンに向け準備を進めてきた。
 祈願祭には関係者約40人が出席。神職による祝詞や出席者が玉ぐしを奉納。ゲレンデや圧雪車を前にテープカットを行い、シーズン中の無事故、無災害に願いを込めた。

(写真=シーズン中の安全に願いを込めたテープカット)

[ 2012-12-03-19:00 ]


電力システム改革を
名寄・脱原発社会目指して講演会

 【名寄】脱原発講演会が1日に名寄市民会館で開かれ、東日本大震災で発生した福島第1原発事故を教訓に、脱原発社会の実現を考えた。脱原発をめざす名寄地区実行委員会(委員長・山田裕治平和運動フォーラム名寄支部議長)が主催、市民150人が来場。講師に原子力資料情報室(CNIC)事務局長の伴英幸さんを招き「3・11の教訓と脱原発社会をめざして」をテーマに講演を聞いた。
 廃炉への課題では「最短でも40年はかかる。その間、過酷な労働環境で作業員は辞めていく。また、作業員の被ばく線量制限が年間50ミリシーベルトで、5年間で100ミリシーベルトを超えないこととされており、2年間で上限に達するため辞めざるを得ない」と作業進ちょくの不透明さを指摘。脱原発社会の実現を目指すには「電力完全自由化や発送電分離といった電力システム改革を断行し、市民ファンドや有志による発電所建設を可能とすべき。地産地消的な発電でメガソーラーや風力発電など省エネ、再生可能エネルギーを普及させることで脱原発を達成できる」と訴えた。

(写真=CNICの伴事務局長を招いた講演会)

[ 2012-12-03-19:00 ]


より高く、より美しく
道北Jr.トランポリン競技大会

 【美深】道北トランポリン協会(国府壮会長)主催の第29回道北ジュニアトランポリン競技大会が2日、町民体育館で開かれた。
 道北ジュニアが演技や難度を競い合う大会。地元美深をはじめ風連、士別、和寒、当麻、滝上の各協会、少年団から7団体102人が出場しA、B、C、高校生の各クラスで技術力を競った。
 開会式で国府会長が「日ごろの練習成果を発揮し、トランポリンを楽しんでほしい」と挨拶。選手を代表し、荒谷穂高選手(美深トランポリンスポーツ少年団)が「より高く、より美しく演技することを誓う」と宣誓。
 出場者たちは審査員を前に幾分、緊張した様子だったが、演技開始が告げられると呼吸を整え演技に集中。日ごろの成果を発揮しながら華麗な空中演技を披露した。

(写真=7団体102人が演技したトランポリン競技大会)

[ 2012-12-03-19:00 ]


民謡や寸劇など楽しむ
名寄でチャリティー芸能大会

 【名寄】名寄市民謡協会(長能義孝会長)主催の第47回歳末助け合いチャリティー芸能大会が2日、市民会館で開かれた。
 同協会では、歳末助け合い運動への協力を目的に、道北地区民謡連合会や市健康福祉部、市社会福祉協議会、市文化協会との共催で毎年、チャリティー芸能大会を開催。益金を寄付している。
 ステージは、各会の代表者らによる「新花笠音頭」「鱈釣り節」の演奏で開幕。
 第一部では、民謡や三味線合奏、太鼓演奏、ハーモニカ演奏、カラオケをはじめ、「岸壁の母」の創作舞踊。第2部では寸劇、踊りの他、児童による一輪車演技などが披露され、それぞれの発表に大きな拍手が送られた。
 フィナーレでは出演者全員で「ソーラン節」を熱唱するなど、会場全体が盛り上がっていた。

(写真=会場全体が盛り上がったチャリティー芸能大会)

[ 2012-12-03-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.