地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年11月25

高齢者らの孤立死未然防止へ
名寄市地域包括支援セン・地域見守りネットワーク事業

 【名寄】名寄市健康福祉部地域包括支援センターでは、「地域見守りネットワーク事業」に取り組む。同事業は、新聞販売店や宅配業者などの生活関連事業者が高齢者、障害者宅を訪ねた際、玄関口に新聞や郵便物がたまっているなどの異変に気付いた場合、同センターに通報してもらうもので、日常業務の中で高齢者らを普段から見守り、行方不明や孤立死を未然に防ぐことを狙いに掲げている。
 同事業には当初、市内の郵便局、新聞販売店、宅配業者、ライフライン団体の12社が協力するが、市では今後、飲料販売店や金融機関、交通機関などにも働きかけ、事業協力を拡大する考え。高齢社会の中で、外回りの営業者を含めながら、より多くの人たちで見守る態勢を築く取り組みを通して、孤立死などの痛ましい事案を防止する手立てとなるよう、期待が寄せられている。

[ 2012-11-25-19:00 ]


既存町道との接続進む
道道下川雄武線・ダム事業道路付け替えに伴い

 【下川】サンルダム建設に伴う道道下川雄武線の付け替え道路が、10月31日から全線開通した。これに伴いダム予定地となる付け替え区間の旧道道が廃止され、通行できなくなったが、現在、旭川開発建設部サンルダム建設事業所によって、新設道路と既存町道を接続する工事が行われ、12月中に完了予定となっている。
 下川雄武線は下川と雄武を結ぶ主要道道。ダムの水没予定地を通るため、平成11年からサンルダム建設事業所によって道路の付け替え工事が行われ、10月31日に全延長11・5キロの新設道道が開通した。
 開通後は北海道上川総合振興局旭川建設管理部士別出張所で管理しており、冬期間も除雪が行われ、年中、通行できる。一方、廃止となった付け替え区間の旧道道は、ダム事業用地としてダム建設事業所で管理し、立ち入り禁止となっている。

[ 2012-11-25-19:00 ]


入居者が楽しく味わう
名寄・アネックスでバイキング企画

 【名寄】グループホームそよかぜ館アネックス(山下貴之施設長、入居者18人)のバイキング企画が22日に同施設で開かれ、入居者は楽しい時間を過ごした。
 同施設では毎月1回、各種イベントを開催しているが、自分の好きなものをお腹いっぱい食べてもらいたい―と初のバイキングを企画した。
 同施設食堂にはエビフライ、卵焼き、から揚げ、シューマイ、カップケーキなど、スタッフが用意したメニュー10数種類がずらり並んだ。入居者は「1週間前からこの日を楽しみにしていました。おいしそうなものばかりが並んでいる」と笑顔を見せ、皿いっぱいに料理を盛る姿が見られた。

(写真=笑顔で料理を皿に盛る入居者たち)

[ 2012-11-25-19:00 ]


北国博物館で正月飾り作り

 【名寄】北国博物館主催の体験講座「お正月飾り作り」が、12月15日午後1時半から開かれる。
 稲わらのしめ縄や木片を土台をちりめん布や水引などで飾り、輪飾りや卓上飾り、ミニタペストリーを作る。
 一般市民が対象で定員20人。参加費は800円。裁縫道具と裁ちばさみを持っている人は持参するとよい。
 申し込みは27日から12月12日までに同館(01654-3-2575)へ。定員になり次第締め切る。

[ 2012-11-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.