地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年11月20

輪作維持へ事業継続を
美深町・農業振興、まちづくり懇談

 【美深】美深町主催の24年度農業振興・まちづくり懇談会が19日に町役場で開かれた。農業者が抱えている課題や要望で意見を交わし、地域農業を維持・発展させるために必要なものは何か─を考えた。
 同懇談会は、農業振興施策の推進に向けた意見を聴取するため、毎年開催。本年度は農業関係者約50人が出席。午前の水稲・畑野菜部門では、輪作体系維持、緑肥作物導入による土づくりなどに補助する「輪作維持・耕畜連携支援事業補助金」が、本年度で終了することに対し、「翌年の農作物生産のためにも土づくりは重要。輪作維持のため、今後も応援してほしい」などと同事業継続を要望する声が上がった。
 また、施設野菜生産者からは「すべてが手作業のため、労働力の確保が重要な課題。中国人研修生は、1人が決まった1戸でしか研修ができない。営農集団の中で、数人研修ができるように制度内容を変更することはできないのか」「若い人の労働力を生かすシステムをつくることができないのか」と質問。
 山口信夫町長は「労働力確保の課題に向けて議論を積み上げ、解決法を形にしていく以外、解決の方法は無いと思う。議論を深めていきたい」と答えた。

(写真=農業振興施策について意見を交わした出席者たち)

[ 2012-11-20-19:00 ]


活動情報を「見える化」
下川・1月から電子化エコポイント開始

 【下川】下川町は1月から従来のエコ・アクション・ポイントを電子化し、大幅にバージョンアップさせた「しもかわエコ得ポイント」を開始する。今月20日から参加者を募集しており、28日と12月3日の両日、午前10時、午後2時からは公民館で住民説明会を開催する。
 新たにスタートする「エコ得ポイント」は、環境省「地域における市場メカニズムを活用した取組モデル事業」の委託事業として実施。各家庭の二酸化炭素(CO2)排出量と削減量の「見える化」を図り、低炭素化への取り組みを加速させるのが狙い。
 参加者にはCO2の排出量と削減量が一目で確認できる「炭素口座」が設けられる。排出量は各家庭の電気やガスの消費量を前年と比較して算出。削減量はスタンプ形式だったエコ・アクション・ポイントをICカードに変えて電子化することで、実施したエコ活動から算出する。
 獲得ポイントの登録は、エコ活動を証明するものと各自ICカードを町内のキーステーションに持参し、専用読み取り機を使って行う。1ポイントの換算レートを1円とし、事業組合で一人に付き最大1000円分の商品券と交換できる。

[ 2012-11-20-19:00 ]


大橋8段格(美深)が優勝
名寄・最高棋院戦「道北本因坊戦」

 【名寄】第53回道北本因坊戦が18日、市内西3南8の囲碁サロンで開かれ、碁盤の上で火花を散らした。結果、大橋栄一8段格(美深)が、2年ぶりの優勝を収めた。
 名寄新聞社が主催し、日本棋院名寄支部(小栗邦秀支部長)が主管する道北本因坊戦は、道北囲碁界の最高棋院戦。総互戦で一人持ち時間45分。
 地元名寄をはじめ、美深、剣淵、旭川から4段以上の有段者10人が出場。静寂の中、碁石を置く音だけが響いた他、激しい攻防を見守る参加者もおり、真剣な表情で盤上を見つめていた。
 決勝戦では、大橋8段格が、平川芳克8段格(名寄)を中押しで下し、51回大会以来の優勝を決めた。

(写真=真剣な表情で盤上を見つめる出場者たち)

[ 2012-11-20-19:00 ]


厳寒の自然捉える
名寄・細氷現象「PHOTO」会員展

 【名寄】細氷現象「PHOTO」研究会(中鉢紀一会長)の会員展が26日、市民文化センターで開かれている。
 同研究会は、厳寒期の名寄で発生する自然現象を写真に収め、一般に公開するとともに、全国へ発信している。恒例の会員展は今年で24回目を迎えた。
 会場では、ピヤシリスキー場や住宅街など市内各所で撮影した写真が並び、サンピラー(太陽柱)やライトピラー(光柱)を中心に、低い樹木に雪がまとわり付いた「モンスター」、樹氷、幻日。珍しいものでは月明かりで発生した「ムーンピラー」を捉えたものも公開している。また、真冬のピヤシリ山から見た市街地眺望、雪質日本一フェスティバル国際雪像彫刻大会の様子など、冬や雪に密着した作品も展示されている。
 訪れた人たちは、研究会員が寒さに負けず粘って捉えた名寄地方独特の厳冬期自然現象の写真を鑑賞し、その美しさや幻想を感じている。

(写真=26日まで文化センターで開催の写真展)

[ 2012-11-20-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.