地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年11月19

住宅や体育館デザイン
名寄産業高校・設計競技3大会で7人が入賞

 【名寄】名寄産業高校(田邊孝次校長)建築システム科3年生(生徒33人)は、課題研究や製図の授業の一環としてさまざまな設計コンペティションに出品しているが、このほど開催された第3回北海道工業大学建築デザインコンペ、第20回九州産業大学建築設計競技、第58回工高生デザインコンクール(日本建築協会主催)の3大会で、7人が入賞する健闘を見せた。
 北海道工業大学建築デザインコンペの設計テーマは「未来の地球をつくる家」で、菅野大樹君の「LOG+」が3位入賞。強度や耐久性があり、湿気にも強いカラマツの丸太を使用した斬新なデザインの住宅を、模型や図面で表現した。九州産業大学建築設計競技は、「共有空間のある小規模集合住宅」がテーマ。目黒峻君の「CORE」が佳作(全国7位)。建物の下を川が流れ、周囲は緑に囲まれるなど、自然が安らぎを与えてくれる空間をデザインした。第58回工高生デザインコンクールは、地域の体育館をテーマに募集。菅野君、酒井良輝君、安藤翔一君チームによる「ひとつ大屋根の下〜いつでも誰でも安心できる地域の傘〜」と清水祐太君、江口将司君、川端孝幸君による「Welcome Honey.com〜地域に溶け込む体育館〜」が、それぞれ入選した。

(写真=設計コンペで入賞した名寄産業高校の3年生)

[ 2012-11-19-19:00 ]


愛称は札天の里に決定
下川町・一の橋住民センオープン式

 【下川】一の橋住民センター「札天の里」のオープン式が19日に同施設前で行われた。同センターは一の橋駐在所の統廃合に伴い、町が一の橋地区の安全・安心の確保、住民生活サービスの充実を図るために設置。現在、整備中の「一の橋地区集住化モデルエリア」の拠点施設として位置づけている。
 1階は住民センター96平方メートルと移設した一の橋郵便局90平方メートル、2階は同センター管理人住宅81平方メートルが整備され、住民センターには警察官立寄所となる相談室、寄合所、バス待合所、トイレが設けられている。
 オープン式は住民、各関係機関など70人が出席。安斎保町長、谷一之町議会議長、大竹純雄名寄警察署長、栗村龍巳日本郵便北海道支社企画部長、桜庭一光下川駐在所長、山田耕一郎一の橋郵便局長、西澤建治一の橋公区長、枡田俊勝二の橋公区長、岩田一重一の橋老人クラブ会長がテープカットを行った。
 施設の愛称は地区住民から公募し、枡田ともみさんが提案した「札天の里」に決まった。同地区で親しまれている「札天山」が名の由来。

(写真=テープカットが行われた住民センターオープン式)

[ 2012-11-19-19:00 ]


暮らし方を設計に反映
下川・森とイエ住宅で完成見学会

 【下川】下川町西町に建設された下川ECOな家づくり研究会「森とイエ」プロジェクトの住宅「K―HOUSE」が、12月15日までオープンハウスとして公開されている。初日の18日は開幕見学会が開かれた。
 町内建築業4社などで組織する「下川ECOな家づくり研究会」(高橋利久会長)は、下川産材の活用、高断熱、高気密、長寿命、ランニングコスト削減など高い環境性能を持つ住宅の建設に取り組んできたが、これに加えて建築主のニーズも満す家づくりを目指し、札幌市内建築家3人の協力を得ながら「森とイエ」プロジェクトに取り組んでいる。このほど同プロジェクト初の住宅が完成し公開。
 見学会では50人が来場した。同プロジェクトの建築家から森とイエの趣旨やプラン内容などの紹介があり「住む人の思想をデザインするのが特徴。住む人の暮らし方に合わせて自由な形の家を造ることができる」など説明を受けた後、室内を見学した。一風、変わった構造が来場者の関心を集めた。

(写真=見学会が行われた「森とイエ」プロジェクトの住宅)

[ 2012-11-19-19:00 ]


冬景色へ一変し
名寄地方・スリップ事故に注意

 【名寄】真冬並みの寒気が入り込んだ影響で、名寄地方では18日から雪が降り始め、19日朝には積雪状態となり、冬景色へ一変した。
 旭川地方気象台によると、北海道付近は西高東低の冬型の気圧配置となり、向こう1週間は気圧の谷や寒気の影響で曇りか雪の降る日が多い見込み。
 名寄でも雪が降り積もり、辺り一面雪化粧。足元を気にしながら歩く市民や慎重に運転するドライバーの姿が見掛けられた。
 名寄警察署(大竹純雄署長)では、スリップ事故の発生を懸念。野村孝志交通係長は「雪が積もり始めた時期の早朝や夜間、根雪直前に事故が増える。早めのブレーキ操作が必要であり、特に交差点では注意が必要。さらにデイライトで自分の車両を知らせ、周囲に注意を喚起してほしい」と話す。

(写真=辺り一面は雪化粧となった名寄公園)

[ 2012-11-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.