地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年11月7

文セン責任者が取り外し要請
名寄・写真集団「翔」展始まる

 【名寄】市内の写真集団「翔」(代表・客野宣雄さん、会員10人)の第3回写真展が、7日から市民文化センターで開かれている。しかし、展示しようとしたヌード作品の一部が、「子どもの教育に悪い」などの理由で展示しないよう市民文化センター側から要請され、しぶしぶ取り外すというハプニングもあった。
 写真集団「翔」は、40年続いた全日本写真連盟名寄支部が会員の高齢化、会員減少など理由に3年前に解散。「年に一度、写真展を開催しよう」と設立され、今年で3回目。会員たちがこの一年間撮りためたモノクロ作品約60点を展示。
 6日に展示作業が始まったが、同文化センターの責任者が現れ、展示されていたヌード作品に対し、「ここには子どもたちも多く訪れるので好ましくない。できれば取り外してほしい」と要請。客野代表は「今後のこともあるので穏便にすませたい」。また、出品者本人も「会場責任者の要請であれば、仕方ない」と無念の表情で要請を受け入れた。

(写真=名寄市民文化センターで始まった写真展)

[ 2012-11-07-19:00 ]


守り続けること誓う
天塩山弘法寺・新四国88カ所霊場移設法要

 【美深】美深町内大手の高野山真言宗「天塩山弘法寺」(遠藤善照住職)の新四国88カ所霊場移設記念法要・式典が6日に同寺で行われた。
 新四国88カ所各札所の砂を地蔵尊88体の下に埋めた同霊場は、新四国霊場を巡拝したのと同じご利益を得ることができる場所。下川町北町の高野山真言宗「大福寺」の廃寺に伴い、美深町東3北3の長谷川石材の協力を得て、9月中旬から先月末に掛けて弘法寺に移設した。
 記念式典には、総代会や来賓ら約40人が出席。法要に続き、安藤毅弘法寺総代長が「遠藤住職から下川町大福寺の新四国88カ所霊場の移設をお願いしたい─との依頼を受けた。検討した結果、境内に安置することとなった」と、これまでの経緯を説明した。
 遠藤住職は「歴史の一つの継承として受け入れよう─と決めた。移設に当たり、尽力いただいた皆さんに感謝している。弘法寺が続く限り守り続けたい」と述べた。式典終了後、当麻町の眞弘寺住職、阿部眞猛僧正の記念法話や会食もあり、関係者らは、同霊場を守り続けることを誓い合っていた。

(写真=約40人が出席した新四国88カ所霊場移設法要・式典)

[ 2012-11-07-19:00 ]


手口を見抜きながら
名寄警察署・特殊詐欺防止で声掛け訓練

 【名寄】名寄警察署(大竹純雄署長)は6日、名寄駅前郵便局(小川敏昭局長)で、振り込め詐欺を含む特殊詐欺防止に向け、声掛け訓練を行い、手口などを見抜きながら被害の未然防止を図った。
 全道では10月末現在、振り込め詐欺を含めた特殊詐欺の認知件数161件で前年同期比66件増、被害額も5億4000万円と同比3億0400万円の増となり、被害に歯止めが掛からない状況。近年は従来の振り込め詐欺に加え、金融商品やギャンブル必勝法などをかたった特殊詐欺の被害も目立っている。
 名寄の訓練は、オレオレ詐欺や信託受益権による配当金をかたった投資詐欺を想定。被害者に扮した署員が窓口を訪れ、定期預金を解約して多額の現金を振り込もうとした。
 局員は高額の振り込みを踏まえて、アンケートを通して話を聞き、「電話番号が変わったという話でしたか。変わる前の番号にかけ直しましたか」「振り込み先は知らない人ですか」「急がなければならない送金ですか」などと質問。詐欺を見抜き、振り込みを思いとどまらせた。

(写真=被害の未然防止を図り、対応を確認した訓練)

[ 2012-11-07-19:00 ]


領土問題は再び動く
21世紀を考える会・鈴木宗男代表が名寄で熱弁

 【名寄】21世紀を考える会(川原彰代表)主催の「新党大地・真民主代表 鈴木宗男の集い」が6日、ホテル藤花で開かれた。鈴木代表は衆議院解散に言及し、「永田町で言う『近いうち』とは、1年間が許容範囲。日時の具体的明示は一切していない」と野田佳彦首相を擁護する発言を行うなど、力強い身振り手振りを交えながら熱弁を振るい、参集者の心をつかんだ。
 同集いには支持者ら約400人が参加。鈴木代表は、北方領土問題で、「北方領土問題の交渉進展で、日露関係に精通し、プーチン大統領との親交が厚い森喜朗元首相を首相特使として派遣するのが最善の方法と野田総理に進言した。領土問題は再び動き出す。北海道にとって良い兆しが見えてくると思う」と強調。
 原発に替わるエネルギー問題で、「何が一番現実的か、それは天然ガス。サハリンから北海道にパイプラインを引き、全国へエネルギーを供給すること。北海道が元気になれば日本全体が元気になる」と訴えた。

(写真=支持者を前に熱弁を振るった鈴木代表)

[ 2012-11-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.