地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年11月1

更生保護功績で藍授褒章
下川町の武藤登さん・青少年健全育成などに尽力

 【下川】24年度秋の褒章で、本紙管内から下川町西町の武藤登さん(76)が、更生保護功績で藍綬褒章を受章する。長年の地道な功績がたたえられたもので、受章の知らせを受けた武藤さんは「関係者の多大なご指導のおかげです」と喜びを語っている。
 武藤さんは昭和11年8月、下川町班渓地区生まれ。旧名寄農業高校酪農科を卒業後、昭和31年に町職員となり、定年退職後の平成9年に行われた町議会議員選挙に出馬。見事初当選を果たし、3期12年間にわたって地方自治の発展に努力。3期目には議長を務め、昨年4月の任期満了に伴い勇退している。
 保護司は昭和62年10月から法務大臣の委嘱を受け、今年で26年目。保護司になったきっかけで「当時は町職員だったが、職場の先輩に『人のためになれ』と勧められた。不安定な社会状況にあり、青少年の健全育成が求められた時代でもあった」と振り返る。

(写真=関係者の指導のおかげと語る武藤さん)

[ 2012-11-01-19:00 ]


個人総合などで優勝
道北地方珠算選手権・全珠連名寄地区の4人が健闘

 【名寄】道北地方珠算選手権大会が、このほど、旭川の道北経済センターで開かれた。全国珠算教育連盟道北支部名寄地区(小田由美子地区長)の小中学生も出場し、剣淵小3年の高橋伸太朗君が、個人総合競技、読み上げ暗算競技、読み上げ算競技の3部門(小学4年生以下の部)で優勝。また、同地区の3人が個人総合競技や読み上げ算競技で優勝する健闘をみせた。
 大会は全国珠算教育連盟道北支部の主催で、小学生から一般まで約100人が出場。競技は小学4年生以下の部、同5・6年生の部、中学生の部、一般の部の4部門に分かれて行われた。小学4年以下の部に出場した高橋君は、個人総合競技(掛け算、割り算、見取り算、見取り暗算)、読み上げ暗算競技、読み上げ算競技で、同支部では初の快挙となる3冠を達成し、関係者を喜ばせた。
 小学5・6年の部では、名寄西小5年、城堀宏斗君が個人総合競技で優勝。風連中央小5年の清水美凪さんが読み上げ算競技で優勝。また、中学生の部では、名寄中1年の原田克人君が個人総合競技で優勝した。

(写真=優勝した左から清水さん、高橋君、城堀君、原田君)

[ 2012-11-01-19:00 ]


早期着工と開通へ
縦貫道凍結解除フォーラム・高橋教授が基調講演

 【名寄】北海道縦貫自動車道「士別市多寄町〜名寄市間」凍結解除フォーラムが31日に市民会館で開かれた。高橋清北見工業大学教授の基調講演などが行われ、救急医療、物流、観光振興などの面から道の重要性を改めて認識するとともに、未整備区間の早期着工と稚内までの縦貫自動車道開通へ願いを強めた。
 北☆北海道に高速道路を実現する住民の会(高橋伸典代表)などの主催。北海道の高規格道路整備で、事業中区間となっていながらも、「当面着工しない区間」として凍結状態が続いている「士別市多寄町〜名寄市間」(延長12キロ)と美深以北稚内間の高規格道路開通の早期実現に向けたフォーラム。
 上川北部市町村の首長、関係団体・機関などから約300人が出席。高橋教授が「これからの地域社会における道路の役割」をテーマに基調講演。道北地域の現状で、「冬場はリスクを受容しながら移動しているのが積雪寒冷地の実態」と説明し、人が移動する時間価値と物流の時間価値を適切に評価することの大切を強調。都会と地方のモビリティー(移動性)格差の是正を訴え、「交通とは時間を生産する産業。生み出された時間をどのように使うかが、生活の豊かさに結び付く。また、命をつなぐための道路は人と生活を育むための道路であり、地域を生かすための道路」と高速道路の重要性を話した。

(写真=地域住民300人が出席した凍結解除フォーラム)

[ 2012-11-01-19:00 ]


ほろ酔い気分を満喫
美深町で全町利き酒大会

 【美深】美深町商工会サービス業部会(中西忠幸部会長)主催の第9回全町利き酒大会が30日、SUN21で開かれた。
 同大会は、町内料飲店の利用促進や地元特産品PRなどを目的に毎年開催。競技方法は1チーム3人による団体戦で、大会使用銘柄全種類を試飲した後、日本酒部門とビール系飲料部門の2銘柄を当てるもの。
 今年も美深、中川から45チームが出場。参加者は、日本酒とビール系飲料(各4銘柄)を試飲。味や香り、色などの違いを記憶し、利き酒に挑戦したが、銘柄の違いが分からなくなり、首をかしげる場面も見られた。
 また、会場には仁宇布の冷水使用の「水割りコーナー」、男山酒造協力の「日本酒試飲コーナー」を設置。参加者たちは、酒を飲み交わしながら会話を弾ませる楽しい時間を過ごすなど、親睦を深めていた。

(写真=銘柄間の違いが分からなくなり、困惑の表情の参加者)

[ 2012-11-01-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.