地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月29

旭川市内で盗撮容疑
名寄市職員逮捕・捜査結果待って処分検討

 【名寄】市内東2南3の市建設水道部都市建築課住宅係主事、佐々木英明容疑者(31)が27日、旭川市内での盗撮容疑で逮捕されたことを受け、市は「警察の捜査内容が確定した段階で、賞罰審査委員会で処分を検討する」とした。
 逮捕した旭川東警察署によると、佐々木容疑者は20日、旭川市内のドラッグストア店内で、小型カメラを内部に隠した運動靴を履いて、盗撮のために小さな穴を開けた靴の先端を、買い物客女性のスカートの下に差し入れた疑い。
 事件発生を重く受け止め、加藤剛士市長は29日、「職員の非行事件の予防、防止について」の文書を出し、再発防止を周知。文書では「市民から失われた信頼を回復することは容易ではない。職員一人一人が今回の事件を厳粛に受け止め、今後このような事件を絶対に起こすことがないよう、日常の業務はもとより、私生活でも細心の注意を払うこと」と通知している。

[ 2012-10-29-19:00 ]


財政硬直化を懸念
下川町議会決算特別委・一般会計9818万円の単年度黒字

 【下川】下川町の23年度各会計を審査する下川町議会決算特別委員会(三津橋英実委員長)が29日に町庁舎でスタート。日程は11月2日までで、初日は駒井英洋総務課長、植松勝徳会計管理者が決算概要を説明した。
 決算概要によると23年度一般会計は歳入49億4831万円、歳出48億5013万円で、単年度9818万円の黒字となった。
 歳入では、前年度と比べて町税が0・9%減。地方交付税は、算定基礎となる国勢調査人口の減少で1・5%落ち込んだ。国・道支出金は、各種臨時交付金がなくなった影響で80%の減。町債は、臨時財政対策債などの減少で38・6%減となった。歳出は、前年度比で投資的経費が67・5%減少。主な要因は、前年度の大型事業「地域情報通信基盤整備」の増加分が減ったことによるもの。また、公債費は償還ピークを過ぎたため、6・1%減となっており、5年連続で減少した。

[ 2012-10-29-19:00 ]


半世紀の節目祝う
美深町文協・山崎HBCアナが記念講演

 【美深】美深町文化協会(菅野勝義会長、加盟15団体)の記念講演会・式典が28日に町文化会館で行われた。講演会は、小中高校生時代を美深、名寄で過ごした北海道放送(HBC)アナウンサーの山崎英樹さんが講師となり、少年時代の懐かしい思い出を語った。式典では感謝状や功労表彰贈呈が行われ、半世紀の節目を祝うとともに、さらなる芸術文化活動の充実を誓った。
 同協会は昭和37年、文化サークル相互の連絡を図り、地域文化の発展、向上に寄与することを目的に「美深町文化連盟」として15団体、約400人で発足。初代会長は藤守徳義さん。43年に「美深町文化協会」と改称。会長は橋本正光さん、山田穂さん、菅野さんに引き継がれ、現在15団体、約300人が会員。個々が生涯学習を楽しみながら、活発な活動を展開している。
 記念講演で山崎さんは美深で暮らしていた頃の思い出を語り、「遊び道具が少なく、学校では主に卓球をやっていた。小学4年の時、全町小学生卓球大会で優勝。5年、6年でも優勝し、長谷部秀見町長から特別賞をいただき、この体験は今でも強烈に忘れられない」と振り返った。

(写真=少年時代の思い出を語った山崎さん)

[ 2012-10-29-19:00 ]


多彩なイベントで盛況
生涯学習フェスティバル・展示即売やWSなど

 【名寄】「生涯学習フェスティバル2012inなよろ」が28日に市民文化センターで開かれ、多彩なステージ発表や作品展示即売、ワークショップ、切り絵と読み語りのコラボレーション「きりがたりシアター」など、多くの市民でにぎわった。
 同フェスは、文化団体や教育委員会などで構成する実行委員会(委員長・山崎博信名寄市文化協会長)の主催。生涯学習を実践する団体が協力し、豊かな地域づくりに結び付けることを目的に、平成20年度から開催している。
 ステージ発表の「出会いの広場」では、フラダンスやリズムダンス、太極拳、金管五重奏演奏などで観衆を魅了。ワークショップブースでは、絵手紙や切り絵やトールペイントの体験コーナーが設けられ、制作に打ち込みながら趣味を見つける機会にもしていた。また、パンやケーキ、カツサンド、農畜産加工品、自然食品などの販売が人気を集めるとともに、茶席、ニュースポーツ体験、鉄道模型「Nゲージ」運転、遊休品のフリーマーケットが用意され、好評を得ていた。

(写真=生涯学習に取り組む動機付けとしたイベント)

[ 2012-10-29-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.