地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月26

福祉機器購入助成事業見直し
名寄市社会福祉協議会・対象枠拡大など検討

 【名寄】名寄市社会福祉協議会、名寄市愛情銀行運営委員会は、「愛情銀行福祉機器等購入助成事業」の助成内容を、本年度中に見直す方向で検討を進めている。福祉やボランティアなどの各団体活動に必要な備品購入などを助成するもの。だが、年間助成枠が2団体までに限定されている中、毎年多くの申請があることに加え、人気事業のため、申請開始から助成決定まで数年かかる問題点が浮き彫りとなっていることから、同協議会ではより幅広く活用できる事業内容に見直す考えだ。
 同運営委員会で申請書の内容を審査し、助成団体を選定。その後、同協議会理事会に諮り、決定する運びだが、毎年、どの団体も甲乙付けがたく、各団体がこれまで申請した回数を基準に選定しているのが現状となっている。

[ 2012-10-26-19:00 ]


課題説明や意見聴取
名寄市町内会連合会・29日からまちづくり懇談会

 【名寄】名寄市町内会連合会(中村雅光会長)主催のまちづくり懇談会が、29日の南小学校区域を皮切りに、名寄地区6会場、風連地区4会場で開かれる。
 今年の日程は、名寄地区が29日の南小区域を皮切りに、30日が東小と中名寄小区域、31日が名寄小区域、11月6日が智恵文小区域と西小区域、同14日が豊西小区域。風連地区は、11月5日が風連中央小区域、13日が東風連小区域、16日が風連日進小区域、最終日の19日が下多寄小区域で、開催時間は智恵文小区域の午後1時からを除き、全て午後6時半からとなっている。
 懇談会では、市側が23年度の市の財政状況、市立総合病院精神科病棟の改築や工事期間中の駐車場利用についてなど、幅広く市政課題を説明して市民から意見を聞く。加えて、同連合会事務局が事前に調査した各町内会の懸案事項や要望などについて、市の担当職員が回答する他、市政への提言や質問、意見交換も行い、市民の声を今後の行政に反映させていく。

[ 2012-10-26-19:00 ]


仲良く遊び楽しむ
美深・子ども体験遊びリンピック

 【美深】町教育委員会主催の「子ども体験遊びリンピックinびふか〜秋の軽スポーツ大会」が24日、町文化会館で開かれた。
 児童の居場所づくり「放課後子ども教室」の一環。子供の健やかな成長を支える体験活動の楽しさや必要性を周知するため、全国各地で体験の場を提供している「体験の風をおこそう運動推進委員会」が協力した。
 児童約20人が参加。子供たちは、的を射抜く「ストラックアウト」、スティックでボールを打って穴に入れ得点を競う「スカットボール」、水の入ったペットボトルを倒す「ペットボウリング」など趣向凝らした遊びに挑戦し、メダル獲得に向けて各種目で高得点を目指していた。また、お楽しみゲーム「空き缶倒し」と「紅白旗上げ」もあり、友達と仲良く楽しむ姿が見られた。

(写真=友達と一緒に楽しい時間を過ごした子供たち)

[ 2012-10-26-19:00 ]


表現豊かに成果披露
美深・上川北部中学生英語発表会

 【美深】第46回上川北部A(美深、音威子府、中川)・B(名寄、下川)地区中学生英語発表大会が24日、町文化会館で開かれた。
 上川管内教育研究会北部A・B地区の研究推進部と英語班の主催。学習成果を発表する場を与えることで、英語に対する興味・関心を高めるとともに、同地区生徒と指導者の交流を目的に毎年開催しているもの。
 名寄以北中川の9校から生徒43組、113人が参加。審査を担当する各市町村の外国語指導助手(ALT)や参加生徒らが見つめる中、自分の夢などを語る「暗唱・スピーチ部門」、英語劇や歌を披露する「パフォーマンス部門」に分かれて発表した。
 ステージに登壇した生徒は緊張した表情を見せていたが、表現豊かに精いっぱい練習成果を披露。発表後は、会場から大きな拍手が送られ、充実した表情を浮かべていた。

(写真=日ごろの学習成果を披露した生徒たち)

[ 2012-10-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.