地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月24

プロ、アマ問わず公募
なよろ雪フェス実行委・ポスターデザインコンペ2013

 【名寄】なよろ雪質日本一フェスティバル実行委員会(吉田肇実行委員長)では、来年2月に開催する「第13回なよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ〜なよろ雪質日本一フェスティバル〜」のポスターデザインコンペ2013の作品を募集している。応募締め切りは11月9日で、なよろ観光まちづくり協会で受け付けている。
 同フェスティバルは、雪まつりとして昭和27年に開幕し、本年度で61回目を迎える。世界各国の選抜チームが参加して雪のアート作品を制作する国際雪像彫刻大会をはじめ、全道学生対抗スノーオブジェ競技会など、特色あるイベントで北の冬を楽しんでいる。
 ポスターデザインコンペは、平成20年の第56回から行われており、プロ、アマ、個人、団体を問わず広く公募している。大賞1点(賞金3万円、賞状)、佳作4点(商品券5000円、賞状)。完成したポスターの中には制作者の名前が掲載される。作品送付先、問い合わせ先は、名寄市西3南5、名寄商工会館1階のなよろ観光まちづくり協会(01654-9-6711)まで。

[ 2012-10-24-19:00 ]


高校給食実施を提案
美深町町民会議・まちづくり推進で意見交換

 【美深】美深町まちづくり推進町民会議(山崎晴一議長)が、22日午前10時半から町役場で開かれた。町側が第5次総合計画初年度の事業実績などを説明し、委員たちは今後のまちづくり推進に向けて意見を出し合った。
 同会議は、町民が定期的に町の主要施策推進状況を確認するとともに、町政に対する意見、要望を聴取し、改善向上を図ることを目的に設置。
 本年度2回目の会議には委員ら約40人が出席。委員からは、学校給食センター活用方法について、町内の児童生徒数が年々減少していることも踏まえ、「美深高校への働き掛けを行うとともに、高齢者向け配食サービスを考えてみては」と提案。
 石田政充教育長は「道内で実施している高校が数校ある。だが、高校に給食制度がないため、自治体が昼食の提供という形で取り組んでいる。一つの可能性として協議させていただきたい。配食サービスも検討したい」との答弁にとどめた。

(写真=23年度事業実績などの説明を受けた町民会議)

[ 2012-10-24-19:00 ]


シート掛け作業行い冬支度
名寄キマロキ保存会・今年は来訪者が増加

 【名寄】名寄SL排雪列車(キマロキ)保存会(中田一良会長、会員45人)は23日に北国博物館北側に展示されている「キマロキ」の冬囲い作業を行い、「キマロキ」にシートが掛けられ、長い冬眠に入った。
 中田会長によると、今年はJR北海道の鉄道記念物スタンプラリー、名寄市北国博物館の鉄路遺産巡りなどが行われたことなどが要因となり、例年に比べて来訪者が増加。さらに、キマロキ編成の排雪列車が保存されているのは国内では名寄だけということもあり、遠くは福井、大阪、広島など、道内外の全国から多くの鉄道ファンが訪れた。
 今シーズンのシート掛け作業には、同保存会員3人と業者作業員10人が参加。あいにくの雨降りの中での作業となったが、同保存会員による指導の下、車体に鉄骨と丸太を組み、7メートル×9メートルのビニールシート約30枚を車両全体に二重に覆いかぶせ、ロープを張って頑丈に固定した。

(写真=車両全体をシートで覆った冬囲い作業)

[ 2012-10-24-19:00 ]


飛ぶような売れ行き
智恵文小児童がカボチャ販売

 【名寄】「おいしいカボチャはいかが」―。智恵文小学校(田村啓一校長、児童29人)の4年生6人は23日に西條名寄店出入り口付近で、自分たちが育てたカボチャを販売し、多くの客でにぎわった。
 同校の総合的な学習による授業の一環で、農作物の栽培から販売までを体験する内容。販売したのは「えびすカボチャ」で、同校3、4年生児童が中心となって学校菜園で育てた。9月に収穫作業を行った後、日陰に並べて乾燥させたもので、学校菜園の収穫物を一般市民に販売したのは今回が初めて。
 児童6人は、カボチャ販売係と同店内でチラシを配布し、知恵文小学校産のカボチャ販売をPRする係に分かれて活動。カボチャは大小2種類合わせて44個を用意し、「大」を1個200円、「小」を1個100円で販売。開店から間もなくしてチラシを手にした市民が次々と訪れ、飛ぶような売れ行きだった。
 売上金については、地域住民に提供する給食試食会の材料購入に充てる予定となっている。

(写真=学校菜園で収穫したカボチャを販売した児童)

[ 2012-10-24-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.