地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月23

23年度純利益320万円
名寄市の水道会計・資産減耗費増で黒字幅が減

 【名寄】名寄市の23年度水道事業会計決算は、総収益5億8928万7000円に対し、総費用は5億8608万1000円となり、純利益は320万6000円の黒字決算となった。ただ、水道管取り換えや検査機器更新の資産減耗費が前年度に比べて増加したため、黒字幅は落ち込んだ。
 一方、本年度から5カ年の「第2次水道事業中期経営計画」がスタートしたが、使用料金収入の落ち込みや修繕費の増に伴い25年度に赤字が見込まれ、26年度に使用料金の10%プラス改定を見据えた収支計画を立てており、市では本年度決算が確定する25年5月をめどに料金改定を判断することとしている。

[ 2012-10-23-19:00 ]


第1目標は頭数維持
美深町恩根内・中村夫妻が酪農で新規就農

 【美深】町内恩根内の酪農後継者指導・育成組織「R&Rおんねない」(服部修会長・8戸)で研修を続けてきた中村幸造さんが、11月から酪農家として新規就農することになった。離農者の牧場資産を「居抜き」で引き継いで就農しており、自分の手で飼料作りなどを行いながら安全でこだわりの牛乳生産を目指している。
 中村さんは昭和60年12月、東京都の生まれ。都内の麻布大学獣医学研究科大学院で、健康な豚の飼育方法などを研究する「動物行動学」を学び、道内で実践したい─との思いから、酪農家として生きる決意を固めた。
 北海道農業担い手育成センターの推薦を受け、「R&Rおんねない」での研修を決定。妻の篤子さんとともに恩根内に移住し、昨年4月から研修をスタート。
2年間の研修終了まで残りわずかとなり、11月から新規就農する中村さんの経営規模は、搾乳牛42頭、育成牛20頭。だが、中村さんは「現段階の規模拡大は目指さず、自分たちで作った牧草で、頭数を維持することが第1目標」と力強く語る。

(写真=11月から新規就農する中村さん夫妻)

[ 2012-10-23-19:00 ]


フットサル技術学ぶ
美深・上北広域クでスポーツ教室

 【美深】上川北部広域スポーツクラブ(会長・吉田克彦美深町教育委員会教育次長)主催の第5回スポーツ教室が21日、町民体育館で開かれた。
 同クラブは、上川北部5市町村(名寄、下川、美深、音威子府、中川)の連携で、子供の体力向上とタレント発掘・育成事業に取り組んでいる。
 今回の教室メニューは「フットサル」と「タグラグビー」(タックルの代わりに、タグ(札)を取り合う安全なラグビー競技)。講師は元コンサドーレ札幌Jrサッカーコーチの高橋佑輔さん(現美深小教諭)と、音威子府村で活動しているサッカーチームに所属する大竹雅人さん(音威子府村教育委員会)の2人。
 町内の小中学生14人が受講。フットサルでは、高橋さんの指導の下、遊びの要素を取り入れながらフットサル特有の足裏を使ったドリブルやパスの技術などを学び、子供たちは楽しそうに基礎的な技術一つ一つ吸収していた。

(写真=高橋さんの指導の下、フットサル技術を学ぶ子供たち)

[ 2012-10-23-19:00 ]


持てる力ぶつけ合う
名寄で道北市町村対抗柔道

 【名寄】名寄市柔道連盟(熊谷吉正会長)主催の第10回道北市町村対抗柔道大会が、21日にスポーツセンターで開かれた。
 和寒以北中川の道北地区柔道振興を目的に15年から開催。名寄、士別、剣淵、和寒から23人が出場し、個人戦(A〜Cクラス)と団体戦(3人制)で、日ごろ鍛えている腕前を競い合った。
 試合は全てトーナメント形式で行われ、相手のすきをついて背負い投げ、内股、大外刈りなどの技を気合とともにかけ合い、優勝目指して白熱した試合を展開。周りの選手や家族らからの声援を受けながら持てる力をぶつけ合っていた。

(写真=白熱した対戦となった道北市町村対抗柔道大会)

[ 2012-10-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.